ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > がん対策 > がん患者の補助制度

がん患者の補助制度

ここから本文です。

20~30歳代の末期がん患者で、在宅生活を送る方へ
~若年者の在宅ターミナルケア支援事業~

神戸市では、20代、30代のターミナル期(末期)のがん患者の方が住み慣れた生活の場で安心して自分らしい生活が過ごせるよう、患者とその家族の負担を軽減するため、在宅サービス利用料の一部を助成(償還払)しています。

がん治療により外見の変化が生じた方へ
~神戸市がん患者アピアランスサポート事業~

神戸市では、抗がん剤や放射線治療の影響による脱毛や手術による乳房切除など、外見(アピアランス)の変化により社会参加への不安を持つがん患者の方にウィッグ等の補正具の購入費用を助成しています。

がん治療の影響で将来の妊娠が見込めなくなる方(男女)へ
~兵庫県小児・AYA世代のがん患者等の妊よう性温存療法研究促進事業~

がん治療の影響で将来の妊娠が見込めなくなる43歳未満のがん患者の方(男女)に対し、妊娠する機能を温存するための治療に関する費用の一部を助成する制度です。
制度の詳細については、兵庫県のホームページをご参照ください。
(令和3年4月1日より申請受付が神戸市より兵庫県に変更になりました。)

お問い合わせ先

健康局健康企画課