ホーム > 子育て・教育 > 相談・窓口・施設 > 子育てや子どもの相談 > こども・若者ケアラーへの相談・支援

こども・若者ケアラーへの相談・支援

最終更新日:2022年4月11日

ここから本文です。

こども・若者ケアラー(ヤングケアラー)の方の相談窓口

こども・若者ケアラー当事者またはご家族、市民の方などから電話、Eメール、来所により相談をお受けします。ぜひ気軽にご相談ください。

 開所時間:平日9時~17時(土日祝、年末年始を除く)
 場  所:神戸市立総合福祉センター1階(神戸市中央区橘通3丁目4番1号)

〇電話によるご相談 078-361-7600
〇Eメールによるご相談 carer_shien@office.city.kobe.lg.jp
 ※FAXでの相談をご希望される場合は078-361-2573
 

ポスター画像
 チラシ(PDF:2,412KB)

関係者(福祉・教育・医療)の方々へ

対象のこども・若者ケアラー(ヤングケアラー)の年齢に応じて、以下の窓口にご相談ください。
【18歳以上】
  ⇒ こども・若者ケアラー相談・支援窓口へ相談(上記)
【18歳未満】
  ⇒ 各区役所のこども家庭支援室へ相談  
   https://www.city.kobe.lg.jp/a86732/kosodate/sodan/consult/kosodate.html

※神戸市では、関係機関及び関係者の共通認識を図ることを目的に、マニュアルを作成しています。ご覧になりたい関係者の方は、こども・若者ケアラー相談・支援窓口までお問い合わせ下さい。

交換・情報交換の場『ふぅのひろば』

こども・若者ケアラー(ヤングケアラー)同士が、気軽に集えて、交流・情報交換できる場を開催しています。初めての方でも気軽にご参加ください。詳細はこうべユースネットHP(外部リンク)をご覧ください。

次回の予定(毎月第2土曜日)

  • 日時 令和4年5月14日(土曜)14時~16時
  • 場所 神戸市青少年会館

申込フォームはこちら(外部リンク)

チラシ(PDF:2,527KB)

「こども・若者ケアラー」って?

障がいや病気のある家族、幼いきょうだいなど、ケアを必要とする人がいるために、本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもや若者のことです。
ヤングケアラーは一般的に18歳未満の児童を指しますが、神戸市では20代の方も含めて、「こども・若者ケアラー」と呼んでいます。
carer2

『市民のみなさんに知っていただきたい こども・若者ケアラーのこと』(PDF:1,585KB)

国(厚生労働省)の特設サイト等

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階