現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 子育て支援・助成 > ひとり親家庭支援 > 神戸市ひとり親家庭住宅支援資金貸付

更新日:2021年10月19日

神戸市ひとり親家庭住宅支援資金貸付

ここから本文です。

ひとり親家庭住宅支援資金貸付

1.制度の概要

(1)事業の目的
母子・父子自立支援プログラム(以下、「プログラム」という)の策定を受け、自立に向けて意欲的に取り組むひとり親家庭の親に対し、家賃の貸付を行うことにより、就労又はより稼働所得の高い就労などによる自立の促進を図ることを目的としています。

(2)実施主体
神戸市(神戸市と貸付対象者との契約により貸付を行います。)
※本貸付金の事務は、パーソルテンプスタッフ株式会社に事務委託しています。

(3)貸付対象者
次の全ての要件を満たすひとり親家庭の方が対象です。必ず事前にご確認ください。

  対象要件
神戸市内に居住している(住民登録をしている)方
貸付の申請時点で、児童扶養手当の支給を受けている方
又は、所得が児童扶養手当支給水準の世帯
神戸市でプログラムの策定を受けて、自立に向けて意欲的に取り組んでいる方
生活保護を受給していない方

【ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金・高等職業訓練促進給付金を受給中の場合のみ】
残りの修業年限が1年以下である方


(4)貸付の内容

貸付額 使途
月額4万円以内 入居している住宅の家賃の実費(管理費、共益費含む)


【留意点】
・駐車場代、光熱水費、入居・更新時の費用(敷金、礼金、更新料等)等は含みません。
・持ち家の場合は、貸付の対象外です。
・他の支援制度をご利用の場合は、家賃から他の支援制度を除いた額が、貸付上限額となります。
①生活困窮者住居確保給付金(根拠:生活困窮者自立支援法)
(例)家賃7万円のひとり親家庭が、住居確保給付金を月5万円受給している場合
→本貸付金による貸付額の上限は、差額の2万円となります。
②神戸市ひとり親世帯家賃補助制度(根拠:神戸市ひとり親世帯家賃補助実施要綱)
(例)家賃7万円のひとり親家庭が、ひとり親世帯家賃補助を月1万5千円受給している場合
→本貸付金による貸付額の上限は、差額の5万5千円ではなく、上限4万円となります。
※ひとり親世帯家賃補助制度は、月額は一律1万5千円です。
・家賃の滞納がある方には、貸付を行いません。
・1,000円未満は切り捨てとなります。

(5)貸付期間

状況 期間
現在住宅を賃借している方 申請月の家賃相当額から12か月
新たに住宅を賃借する方 賃貸借契約の初期費用の家賃の翌月の家賃相当額から12か月

貸付中に就職が決まった場合でも、上限(12ヶ月)の範囲内で貸付が可能です。

(6)申請の流れ
①プログラム策定
就業相談(個別面談)を受けて、プログラム策定をしてください。

②事前相談
住宅支援資金の申請を行う前に、申請窓口に貸付に関する事前相談をしてください。
電話、来所相談等ご希望に合わせて行います。まずは下記までご連絡ください。

事前相談の問い合わせ先 電話番号

神戸市ひとり親家庭住宅支援資金貸付窓口

Tel:050-5444-8411【要予約】


③申請
本貸付の申請書類は、事前予約の上、神戸市ひとり親家庭住宅支援資金貸付窓口に持参ください。
予約がない場合は、その場で受付が出来ませんので、ご了承ください。

(7)申請期間
プログラム策定をした日から半年以内

(8)貸付利子
無利子
※返還期日を過ぎた場合は、年3%の割合で計算した延滞金が加算されます。

(9)連帯保証人
原則連帯保証人1名が必要です。
・連帯保証人は、貸付を受けた方(以下、「借受人」という)と連帯して債務を負担し、その保証債務は延滞利子を含みます。
・原則として、借受人とは別居・別生計で、住民税の所得割が課税されているなど、安定した収入がある方を連帯保証人としてください。
・申請者が未成年の場合は、法定代理人(親権者又は後見人)を連帯保証人とします。
・連帯保証人を変更する場合は、届け出が必要です。

(10)資金の交付
貸付金の交付については、原則口座振替で行います。
初回申請の際は、借用書を受領後、約1か月以内の支払いを予定しています。
継続交付は、下記のとおり支払いを予定していますが、継続交付のためには、求職活動報告書又は給与明細書の提出、家賃を支払っていることが分かる書類を報告締切日までに提出しください。
交付日 交付内容
5月末日 4~6月分
7月末日 7~9月分
10月末日 10~12月分
1月末日 1~3月分
※交付日が土日祝日の場合は、翌営業日の振込となります

(11)償還の免除

借受人が、次のいずれかに該当する場合は、返還の免除の申請を行うことができます。申請を受けた市が審査の上、承認が得られれば、貸付金の返還を全額免除します。 

貸付決定時 免除の条件
就業していない 貸付決定日から1年以内に就職し、1年間引き続き就業を継続したとき
就業している プログラム策定時より高い所得が見込まれる転職等をし、1年間引き続き就業を継続したとき
※転職をして、就業先が複数ある場合は、それぞれの就業先を通算して1年間とします。
※返還の免除を申請してから、承認が得られるまでに最長12か月程度かかる場合があります。
2.お問合せ先
貸付に関すること
・貸付の問い合わせ
・貸付の事前相談
・貸付申請予約受付
神戸市ひとり親家庭住宅支援資金貸付窓口
電話番号:050-5444-8411

Eメール:kobe-hitorioyashien@os.tempstaff.jp
受付時間:平日9時00分~17時00分(土日・祝日・年末年始を除く)
※本事業は、パーソルテンプスタッフ株式会社へ事務委託しています。
※区役所・支所での受付は行っておりません。
プログラム策定に関すること 神戸市ひとり親家庭支援センター(就業相談)
予約電話:078-341-4532(予約は前日の16時00分まで)
開所時間:平日9時00分~17時00分(土日・祝日・年末年始を除く)
住所:神戸市中央区橘通3-4-1(神戸市総合福祉センター内3階)
就業相談の日程は、上記ホームページからご覧ください。
 
3.ご案内
チラシはこちらから(PDF:954KB)

詳細は、貸付の手引きをご覧ください。
こちらから(PDF:1,873KB)
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階