ホーム > 健康・医療 > 健康づくり > 食で健康を作りましょう > KOBE食の応援レシピ > 幼児期以降の食事 > 豚肉となすのさっぱり中華丼&厚揚げと野菜のみそ汁

豚肉となすのさっぱり中華丼&厚揚げと野菜のみそ汁

最終更新日:2024年2月13日

ここから本文です。

「豚肉となすのさっぱり中華丼」の献立
豚肉となすのさっぱり中華丼
厚揚げと野菜のみそ汁

栄養バランス

栄養バランスよく食べるポイントは、主食・主菜・副菜をそろえて食べること。
主食:ごはん、パン、麺類など
主菜:肉、魚、卵、大豆製品のおかず
副菜:野菜、いも、きのこ、海草類のおかず
1品料理でも、1皿の中にすべて入っていればOKです。

この献立の栄養バランス
主食:ごはん
主菜:豚こま切れ、卵、厚揚げ
副菜:なす、小ねぎ、長ねぎ、にんじん、しいたけ

豚肉となすのさっぱり中華丼

材料(2人分)

材料名 分量
豚こま切れ肉 150グラム
片栗粉 大さじ1
小さじ2
少々
こしょう 少々
なす 1個
顆粒鶏がらスープ 大さじ1
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ1と2分の1
大さじ2
150ミリリットル
溶き卵 1個分
ご飯 どんぶり2杯分
ごま油 小さじ2
小ねぎ(お好みで) 少々
ラー油(お好みで) 少々

作り方

1.豚肉は片栗粉、酒、塩、こしょうをもみ込んでおく。なすは半月切りにする。
工程写真01
2.鍋にごま油を熱し、豚肉・なすを入れて炒める。
工程写真02
3.肉の色が変わったら、顆粒鶏がらスープ、砂糖、しょうゆ、酢、水を加えて煮立て、溶き卵を少しずつ回し入れ、半熟状になるまで煮る。
工程写真03
4.ごはんにかけ、お好みで小ねぎを散らし、ラー油をかける。

レシピ提供

味の素株式会社

このメニューを作るなら

味の素株式会社「AJINOMOTO®濃口ごま油」、「丸鶏がらスープ」、「瀬戸のほんじお®」
商品画像

アレンジ案

同じ食材がなくても、アレンジして作れます。
アレンジのときのポイントは、役割の同じ食品同士で入れ替えること。
豚肉は鶏肉に代えてもOKです。
しめじやえのきなどのきのこ類を加えてもおいしいですよ。

YouTube動画

ページの先頭へ戻る

厚揚げと野菜のみそ汁

材料(2人分)

材料名 分量
厚揚げ 1枚
長ねぎ 2分の1本
にんじん 6分の1本
しいたけ 4分の1パック
300ミリリットル
顆粒和風だし 小さじ山盛り2分の1
合わせみそ 大さじ1と2分の1

作り方

1.厚揚げはタテ半分に切って、1センチ幅に切る。
2.ねぎは斜め切りにし、にんじんは短冊切りにする。
3.しいたけは石づきを切り落とし、カサと軸に切り分け、カサは薄切りにし、軸はあられ切りにする。
4.鍋に水と顆粒和風だし、にんじんを入れて火にかける。
5.煮立ったら、厚揚げ、ねぎ、しいたけを加えて煮る。
6.にんじんに火が通ったら、みそを溶き入れる。

レシピ提供

味の素株式会社

このメニューを作るなら

味の素株式会社「ほんだし®」
商品画像

ページの先頭へ戻る

幼児期以降の食事(食事づくりのQ&A)

他のレシピ

子育て応援レシピ
KOBE食の応援レシピ

お問い合わせ先

健康局健康企画課