肺がん検診

最終更新日:2022年11月14日

ここから本文です。


 

コロナ禍でも「がん検診」を受けましょう!

がんは早期発見・早期治療が重要です。初期のがんは自覚症状がほとんどなく、早期発見のためには症状がなくても定期的にがん検診を受診することが必要です。
各検診については、厚生労働省等の通知を踏まえて、感染予防策を講じるなど配慮したうえで実施しております。
実施機関によっては、混雑などにより実施状況が異なる場合がございますので、必ずご確認のうえ受診していただくようお願いします。

がん検診等の受診期限延長のお知らせ

40歳総合健診受診券

40歳総合健診受診券の有効期限延長について(令和2年12月末~令和5年6月末に有効期限を迎える方)

肺がんの詳細

各がんの詳細ページへ

1.対象者

当年度に40歳以上の誕生日を迎える方

2.検診方法

胸部直接エックス線検査と、喀痰細胞診(※)。
※喀痰細胞診は問診で必要と診断された方のみ。(原則50歳以上で喫煙指数[1日本数×年数]が600以上の方。)
※肺がん検診は喀痰細胞診を除き、胸部X線健診(結核健診)と同じ内容です。重複して受診する必要はありません。

3.検診料

1,000円
ただし、下記の方は無料です。

無料対象

  1. 当年度に70歳以上の誕生日を迎える方
  2. 生活保護法による被保護世帯に属する方(※)無料受診券が必要です
  3. 特定中国残留邦人等支援給付受給者(※)無料受診券が必要です
  4. 市民税が非課税又は均等割のみ課税の世帯に属する方(※)無料受診券が必要です
  5. 40歳総合健診受診券をお持ちの方

(※)2、3、4に該当する方は、住所地の区役所内にある保健事業・高齢福祉担当係で受診券の交付を受けてください。

  • 受診するときに無料受診券がないと、有料になります。
  • 受診券交付の際は、本人確認書類(運転免許証・健康保険被保険者証等)をご持参ください。
  • 2、3に該当する方は、生活保護適用証明書を持参してください。
  • 4に該当する方で、市外からの転入で神戸市にて課税状況の確認ができない場合は、前住所での住民税非課税世帯を証明する書類を持参してください。また、所得状況の変化により年度の途中で該当となった方については、先に市税の窓口にて証明書の発行を受けていただく場合があります。

4.受診場所

指定医療機関

5.申込方法

直接、指定医療機関へ「神戸市肺がん検診」を受診する旨伝えて申し込んでください。

6.健診・検診についてのお問い合わせ先

神戸市けんしん案内センター
電話078-262-1163(8時30分~17時、土・日・祝日・年末年始を除く)
FAX078-262-1165
※けんしん案内センターでは予約は出来ません。

お問い合わせ先

健康局健康企画課