ホーム > くらし・手続き > 環境 > 環境学習 > 海洋ごみ(マイクロプラスチックなど)

海洋ごみ(マイクロプラスチックなど)

最終更新日:2022年7月27日

ここから本文です。

海洋ごみ

海洋ごみには、海岸に打ち上げられた「漂着ごみ」、水面や水中に浮遊している「漂流ごみ」、海底に沈んだ「海底ごみ」があります。
(以下、画像の一部は「環境省 平成29年度漂着ごみ対策総合検討業務」より抜粋)

hyoucyaku漂着ごみ

hyoryu漂流ごみ

kaitei海底ごみ

これは、陸で発生したごみの一部が、雨風などによって川から海へ流されたものです。

海洋ごみのなかでも、ペットボトルなどのプラスチックごみは分解が困難なため、自然にかえらず、細かく砕かれていきます。

hahen

マイクロプラスチック

細かく砕かれた5ミリ以下のプラスチックは、マイクロプラスチックといいます。
プラスチックは小さくなってもその性質は変わらず自然界では分解されないこと、また、プラスチックは有害化学物質を吸着しやすい性質があることから、マイクロプラスチックの誤食に伴う海洋生物への影響が懸念されています。

micro

関連資料

海洋プラスチックについてのパネル(PDF:7,710KB)

海洋プラスチックできたエコアート

展示スケジュールは、GO GREEN KOBEのInstagramを確認ください(https://www.instagram.com/accounts/login/?next=/gogreenkobe/(外部リンク)
 
  • 水族館オブジェ「プラごみ水族館」
プラごみ水族館
 
  • ウミガメオブジェ「プラガメ」

puragomigame
 

動画



 


お問い合わせ先

環境局環境創造課