現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > イベント > KOBE六甲全山縦走大会

更新日:2020年6月30日

KOBE六甲全山縦走大会

ここから本文です。

2020 KOBE 六甲全山縦走・半縦走大会の開催中止について

 例年11月に開催している KOBE六甲全山縦走大会・半縦走大会について、新型コロナウイルス感染防止対策が困難であることより今年の開催を中止します(初開催の1975年以来、初めての中止)。

 大会は中止にするものの、個人またはグループで六甲山系ハイキングを自由に楽しんでいただけるよう、「六甲全山縦走マップ」の販売場所を改めてお知らせします。

1.開催中止の理由

 六甲全山縦走・半縦走大会は、全国からの約4,000人の参加者や、約300人のボランティアやスタッフが参集する大会で、大会の性質上、密集状態を避けられない。

 新型コロナウイルス感染の終息が見通せず、今後も持続的な対策が必要である状況下において、感染拡大リスクの点からも安全・安心な大会を開催することが困難であるため。

2.六甲全山縦走マップ(六甲山系ハイキング)の販売について

 今年は、個人またはグループで、縦走マップを片手に六甲山系のハイキングを自由に楽しんでいただき、2021年の六甲全山縦走大会に向けて、自然豊かな六甲山にぜひ足を運んでください。

(1)店舗販売

 ・株式会社好日山荘(外部リンク)(神戸本店及びグランフロント大阪店)縦走マップ

 ・モンテ702(外部リンク)

 ・オテル・ド・摩耶(外部リンク)

 ・(株)武揚堂(外部リンク)(大阪支店)

 ・神戸市総合インフォメーションセンター

(2)ネット販売

 ぶよお堂オンラインショップ(http://www.buyodoshop.com/products/detail1423.html

(3)料金 400円/部

2019 KOBE六甲全山縦走・半縦走大会 情報

 2019KOBE六甲全山縦走・半縦走大会は、令和元年11月10日(日曜)、11月23日(土曜・祝日)をもちまして終了いたしました。懸命にゴールを目指す姿で感動を与えてくださった参加者の皆様、大会運営にご協力くださったボランティアの皆様、心より感謝申し上げます。

 今回の結果については、下記にあります「KOBE六甲全山縦走大会の記録」をご覧ください。

 神戸の背後に連なる緑のびょうぶ、六甲全山。西は須磨から東は宝塚まで、尾根をたどりながら、1日のうちに、自分の力で歩き通すのが六甲全山縦走(全縦)です。

 広く市民を始め全国の方々に楽しんでいただき、自らの責任のもと、体力と精神力を鍛え、目的を達成する喜び、そして神戸のまちと自然、人のふれあいをはかる、歩くスポーツの祭典、それが「KOBE六甲全山縦走大会(全縦大会)」です。

 神戸市と、六甲全山縦走市民の会との共催により、毎年11月に2回開催しています。

 この大会は、走ることは厳禁です。

KOBE六甲全山縦走大会の記録

須磨アルプスを縦走する人たちの写真全縦大会の様子やこれまでの参加状況などの資料

KOBE六甲全山縦走大会とは

KOBE六甲全山縦走・半縦走大会ボランティアについて

 KOBE六甲全山縦走・半縦走大会は、ボランティアの方々の協力によって成り立っています。ボランティアに参加し、大会を運営側から体験してみませんか。きっと新たな魅力を発見できるはずです。
 皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 2021年 KOBE六甲全山縦走・半縦走大会の募集については、決定次第更新予定です。

 ボランティアの申込資格や受付期間等の詳細については、下記ボランティア募集要項をご覧下さい。

(参考)2019KOBE六甲全山縦走・半縦走大会ボランティア募集要項(PDF:171KB)

六甲山へ親しんでいただくイベント集(外部リンク)

 六甲全山縦走大会の協賛事業者等が主催する六甲山に親しんでいただくための企画を紹介しています。
 ※六甲全山縦走市民の会及び神戸市の主催行事ではありませんので、行程や料金詳細はリンク先でご確認ください。

六甲全山縦走のリンク集

各会の大会とハイキング、ウォーキングの情報

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階