ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 子育ての助成・手当 > 児童手当 > 児童手当郵送手続:新規申請

児童手当郵送手続:新規申請

最終更新日:2022年6月1日

ここから本文です。

児童手当を受給するためには、新規の申請(認定請求)が必要です。
書類の受理日(役所に届いた日)の翌月分から支給開始となります。
児童手当の受給者となる方(請求者)は、
中学生までの児童を養育する父母のうち、所得の高い方※です。
児童が受給者となる事はできません。

※児童手当の年度は6月1日付けで更新されます。6月分~12月分の手当を受ける場合は、前年1月1日~12月31日の所得額を比較します。1月分~5月分の手当を受ける場合は、前々年1月1日~12月31日の所得額を比較します。

以下のパターン1または2に該当する場合は、認定請求書、添付書類を、住所地の区役所または支所のこども福祉担当の児童手当担当者あてに郵送してください。その他の場合で郵送手続をご希望であれば、事前に住所地の区役所・支所のこども福祉担当にお電話でご相談ください。

パターン1:家族全員で他都市から神戸市に転入した場合。
パターン2:第1子が出生した場合。

ご注意新規申請および額改定請求については、原則的に受理日の属する月の翌月分から支給開始または増額となります。ただし月末に出生した場合や他市町村から転入した場合等は、出生日や前住所地の転出予定日等(事由発生日)の翌日から数えて【15日以内】に受理できれば、出生日や転出予定日の属する月の翌月分から支給可能です。手続きが遅れると手当をもらえない月が発生しますので、ご注意ください。

認定請求書

添付書類

  • 請求者自身のマイナンバー確認書類のコピー(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバー記載の住民票)
  • 請求者自身の顔写真つきの身元確認書類のコピー(マイナンバーカード、パスポート、運転免許証等)
  • 請求者名義の銀行預金通帳・キャッシュカードのコピー

    ※表紙を開いた内側の口座情報の詳細が記載されたページのコピーをお願いします。
    ※通帳が存在しない口座の場合、キャッシュカードの表面のコピーで結構です。
    ※児童の名義の口座には振込できません。

  • 請求者自身の健康保険証のコピー
    ※国家公務員共済組合または地方公務員等共済組合に加入されている方のみコピーの提出が必要です。

各種申立書等

場合により、以下の申立書等の添付が必要になることがあります。
上記のパターン1とパターン2以外は、
住所地の区役所または支所のこども福祉担当にご連絡のうえ、必要に応じて以下の申立書等を添付してください。

※たとえば、

  • 児童と受給者の住民票上の住所地が異なる場合
  • 離婚調停中でかつ別居である等の理由で、受給者変更を行う場合
  • 受給者が国外に出国し、配偶者に受給者変更を行う場合
  • 受給者が死亡し、受給者変更を行う場合
  • 母子家庭の母が受給者であったが、母が死亡し、児童の祖父母が児童を養育する場合
  • 児童を児童養護施設等から引き取り、養育を再開するようになった場合

等は、申立書の添付が必要になる場合があります。

提出にあたってのご注意

  • 郵送料の自己負担をお願いいたします。
  • すべての申請・届出等は、区役所・支所に届いた日を受理日とします。
  • 恐れ入りますが、不着や遅延等の郵便事故について、神戸市は一切責任を負いません。特定記録郵便、簡易書留など、経過が分かる方法で郵送されることをお勧めいたします。
  • 里帰り出産等で出生届を里帰り先で提出する場合で、児童の住民票を神戸市に作成する場合は、住民票作成までに日数がかかる場合がありますが、出生後は住民票の作成完了を待たずにご申請いただいてかまいません。

送付先

新規申請の郵送については、住所地の区役所・支所のこども福祉担当の児童手当担当者宛に送付してください。

お問合わせ先

新規申請に関してご不明な点がある場合は、住所地の区役所・支所のこども福祉担当までお問合せください。

各区役所・支所の電話番号、ホームページ

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課