がけ条例(安全条例第20条)

最終更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

がけ条例は、敷地の安全を守り、がけ崩れ等による被害から、建物内の人命を守るために制定されています。神戸市全域において、敷地内及び周囲に1mを超える高低差がある敷地で建物を計画される際は、用途・規模に関わらず、確認申請の中でがけ条例への適合を審査されます。

(根拠法令)神戸市建築物安全性の確保等に関する条例第20条第1項

神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例施行規則第10条

詳細はがけ条例パンフレットをご参照ください。

パンフレット(PDF:712KB)

(参考)斜面地に建築する場合のよくある質問

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築安全課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階