CASBEE神戸

最終更新日:2024年1月23日

ここから本文です。

お知らせ

CASBEE神戸

CASBEE(キャスビー)とは、産・官・学共同プロジェクトにより開発された『建築環境総合性能評価システム(Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency)』の略語で、建築物を環境性能で評価し、格付けする手法です。

持続可能(=サスティナブル)な社会を実現するためには、大量のエネルギー、資源を消費、廃棄する建築の分野が果たす役割は極めて大きく、環境負荷の少ない建物計画の促進を図っていくことが、市民の健全で快適な環境を確保することにつながります。

本制度に基づき、市内で大規模な建築物を建てる際に、その建築主がCASBEE神戸の指針を踏まえた環境に対する配慮を自己評価し採点します。採点結果、計画概要が市に届出され、市はそれをホームページ等で公表します。

CASBEE神戸を運用することで、建築主の方の環境に対する自主的な取組みを促し、快適で環境に配慮した建築物の誘導を図ります。

すまいの環境性能表示

神戸市すまいの環境性能表示(集合住宅)「すまいの環境性能表示」はCASBEE神戸を活用して、事業者が住宅の環境性能を販売広告等へ表示し、市民の皆さんに情報提供する制度です。延べ面積2,000m²以上の集合住宅等では、環境配慮条例に基づき、広告や工事現場への表示が義務付けられており、それ以外の住宅では、市要綱に基づき、任意で表示することができます。

表示の内容や作成方法の詳細は、以下のとおりです。

届出の対象

CASBEE神戸の届出

全ての建物用途で下記の規模以上のもの(特定建築物)が届出対象です。

届出対象
新築の場合 1棟あたりの延べ面積が2,000m²以上
増築・改築の場合 1棟あたりの増築・改築部分の床面積が2,000m²以上
大規模の修繕・大規模の模様替の場合 大規模の修繕・大規模の模様替にあたる部分の面積が2,000m²以上

 すまいの環境性能表示の表示・届出

特定建築物のうち、集合住宅等(その全部又は一部を共同住宅、寄宿舎、下宿の用途に供する建築物)について、該当する部分の販売又は賃貸を目的とするもの(特定集合住宅)が対象です。

届出の手続き

届出の手続きフロー

建築物総合環境計画書

提出時期

特定集合住宅 建築確認申請を行う日の21日前まで
特定集合住宅以外 工事に着手する日の21日前まで

届出に必要な図書

正・副計2部提出してください。

CASBEE神戸ver.3評価ソフトは、CASBEE-建築(新築)(2016年版v3.0)に対応しています。

※評価ソフトの保存形式を変更しないでください。正しくグラフが表示されないことがあります。

 届出に必要な図書一覧

評価確認者がCASBEE建築評価員の場合、CASBEE評価員登録証明書、又は登録証の写しを添付することにより、また、CASBEE認証機関でCASBEE評価認証を取得した場合は、評価認証書の写しを添付することにより、添付書類を※1と※2(特定集合住宅の場合)のみに省略することができます。CASBEE評価認証を取得した場合は、特定集合住宅以外であれば、評価ツール「CASBEE-建築(新築)」を用いた評価結果表示シートとすることができます。

1.届出書 ※1 建築物総合環境計画書(第1面、第2面)
2.委任状 ※1 建築主以外が届出手続をされる場合は、委任状が必要です。
様式は問いません。委任者・代理者の氏名、住所、電話番号、委任日を記載してください。
3.計画書 計画書の作成にあたり環境等に関する各項目について、マニュアルに示された評価方法により、評価ソフトで評価を行ってください。また下記のシートを印刷したものを提出してください。
  • ※1 CASBEE神戸 評価結果表示シート
  • ※1 メインシート
  •    排出係数シート
  • ※1 スコアシート
  •    ライフサイクルCO2計算シート
  •    解説・採点シート(Q1~Q3、LR1~LR3)
  •    計画書シート
  •    LCCO2算定条件シート
  • ※2 すまいの環境性能表示 結果シート(特定集合住宅の場合のみ)
  • ※2 すまいの環境性能表示 入力シート(特定集合住宅の場合のみ)
4.添付図書
  • ※1 附近見取図
  • ※1 配置図
  • ※1 各階平面図
  • ※1 2面以上の立面図
  • ※1 2面以上の断面図
  •    内部仕上表
  • ※2 緑地計画図
    (Q3-1 外構緑化指数、建物緑化指数、Q3-3.2 空地率、水平投影面積率、緑被率、水被率、舗装面積率、外壁面対策面積率、LR3-2.2 地表面対策面積率、屋根面対策面積率等、マニュアル中に評価のための計算式がある項目を評価する場合は、根拠となる計算式を示してください。(別紙でも可))
  • 参考:CASBEE神戸 敷地内環境計算チェック表〈Q3-1、Q3-3.2、LR3-2.2に対応〉(EXCEL:56KB)
  •   計算書
    (Q1-3.1.1 昼光率、Q2-3.1.2 空間の形状・自由さ(壁長さ比率)等、マニュアル中に評価のための計算式がある項目を評価する場合は、根拠となる計算式等を示してください。)
  •   「CASBEE神戸の重要項目」(任意制度)に係る取組み内容説明図書
  •   マニュアルの各評価項目において、その「解説」中で、指示している別途添付図書
  • ※2 その他市長が必要と認める図書
CASBEE神戸の重要項目

神戸市では、評価項目のうち「バリアフリー計画」、「耐震性」、「まちなみ・景観への配慮」について、特に重要視する項目として別途表示します。また、これらについて、建築主・設計者が工夫した点があれば、任意でその内容を説明しHPで公表することができます。

すまいの環境性能表示(変更)届

すまいの環境性能表示(変更)届詳細
提出時期 最初の広告表示をした日から15日以内
届出に必要な図書
  • すまいの環境性能表示(変更)届
  • 広告又はその写し
  • 委任状
  • 正・副計2部提出してください。
  • 特定集合住宅のみが対象です。
  • 建物名称等変更がある場合、変更届も必要です。

変更届

変更届詳細
提出時期 変更工事に着手する日の15日前まで
届出に必要な図書
  • 建築物総合環境計画書変更届
  • 当初届出添付図書の内、変更に係るもの
  • 委任状
  • 正・副計2部提出してください。
  • 評価結果(BEE値、各評価項目レベル)に影響しない変更の場合については、届出の必要はありません。
  • 特定建築主の住所や建物名称を変更した場合などは、速やかに変更の届出を行ってください。

完了届

完了届詳細
提出時期 工事完了から15日以内
届出に必要な図書
  • 特定建築物工事完了届
  • 竣工写真(建築物外観2箇所、外構2箇所)
  • レベル4以上と評価した項目の中から3点以上、導入設備などの出荷証明書、カタログや写真など、環境配慮の取り組みの実施結果が確認できる図書
  • 委任状

 電子申請が可能な届出について

「特定建築物工事完了届」と「すまいの環境性能表示届」の電子申請が可能です。ご利用にあたっては、電子申請についてのお知らせ(PDF:398KB)を必ずご確認ください。

電子申請フォーム(e-KOBE)へのリンク

申請できる手続き一覧>事業者向け手続き でお探しいただけます。
!新規の方はe-KOBEスマート申請へのご登録が必要です。

 評価結果の公表

受理された計画書のうち、「評価結果表示シート」、「スコアシート」および「CASBEE神戸の重要項目に係る取組み内容説明図書」については神戸市建築住宅局建築安全課の窓口およびホームページ上で公表しています。

Sランク公表ページ

公表の内容は建築主の方が自己評価されたものです。本市がその評価内容を認証したものではありません。

CASBEE基準による評価は、敷地条件(面積、場所)などにより良好なランクを得にくい場合があります。

公表期間は、おおむね3年間です。

各種届出様式、評価ソフト、マニュアル等

※建築主以外が届出手続をされる場合は、委任状が必要です。
(様式は問いません。委任者・代理者の氏名、住所、電話番号、委任日を記載してください。)

すまいの環境性能表示の様式は以下のとおりです。

評価ソフトの履歴については以下のページをご覧ください。

根拠法令等

届出窓口

建築住宅局 建築指導部 建築安全課(7番窓口)
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30三宮国際ビル5階
電話:078-595-6556

お問い合わせ先

建築住宅局建築指導部建築安全課