地区計画

最終更新日:2022年5月23日

ここから本文です。

地区計画は、それぞれの地区の特性に応じて、良好な都市環境の整備と保全を図るために必要な事項を定める「地区単位の都市計画」であり、地区の目標将来像を示す「地区計画の方針」と、道路や公園等の地区施設の配置や建築物の建て方のルールなどを詳細に定める「地区整備計画」で構成されます。

地区計画にはその目的や内容に応じた種類があり、神戸市では、令和4年1月18日現在93地区を指定しています。(原野地区地区計画については、令和4年1月18日神戸市告示第666号の変更により廃止となりました。)

なお、地区計画区域内で建築物を建築または、工作物を建設する場合などは、「地区計画の区域内における行為の届出書」及び「地区計画の区域内における行為の届出に関する適合通知書」の提出が必要になります。(一部届出不要地区あり)
届出書の提出先及び届出の要否については、下記地区計画一覧(届出要否)を参照してください。
 

届出書様式等

変更届出時の場合も本様式を使用してください。※国の省令改正により押印廃止になりました。
記入方法、添付書類については2ページ目をお読みください。提出部数は1部です。

 

届出の手続き

届出は、着手する日の30日前までに提出してください。

令和4年5月9日
より、「地区計画の区域内における行為の届出書(変更届出書)」の電子申請の受付を開始します。従来通り、窓口持参、郵送による提出も可能です。

・電子申請による提出
 「e-KOBE:神戸市スマート申請システム」から申請してください。届出から完了まで来庁せずに手続きができます。
 適合通知書は、手続き完了後に交付物として送付しますのでダウンロードしてください。

 rogo01 左のロゴをクリックすると、申請のページ(都市計画課)が表示されます。
 
 rogo03 左のロゴをクリックすると、申請のページ(まち再生推進課)が表示されます。

 rogo02 左のロゴをクリックすると、申請のページ(景観政策課)が表示されます。

 ※電子申請の手続きを行う前にアカウント登録が必要です。個人用・事業者用どちらからでも申請は可能です。
電子申請のページのe-KOBE:神戸市スマート申請システムよりアカウントの登録ができます。
 

・窓口にて提出
 上記地区計画一覧(届出要否)を確認の上、それぞれの提出窓口にご持参ください。
「地区計画の区域内における行為の届出に関する適合通知書」(はがき様式)については、届出書の提出先でご記入及び切手の貼付をお願いします。


・郵送にて提出
 下記の郵送による提出方法をご確認頂き、それぞれの提出窓口あてに郵送してください。

 郵送による提出方法(PDF:506KB)

届出に必要な図書

行為の種類 図書の種類 縮 尺 備 考
①土地の区画形質の変更
②木竹の伐採
位置図 1/2500以上 別途、敷地の状況がわかる現況写真を添付
区域図 1/1000以上 当該行為を行う土地の区域並びに当該区域内及び当該区域の周辺の公共施設を表示
設計図
(施行図)
1/100以上 木竹の伐採の場合は伐採方法を表示
③建築物の建築、工作物の建設、用途の変更
④建築物又は工作物の形態、又は意匠の変更
位置図 1/2500以上 別途、敷地の状況がわかる現況写真を添付
配置図 1/100以上 敷地内における建築物又は工作物の位置の表示
壁面の位置の制限が定められている場合は、各境界線から外壁面までの有効あき寸法を明記
立面図 1/100以上 2面以上
平面図 1/100以上 ④の行為では必要なし
外構図 1/100以上 垣又は柵に関する制限がある場合
フェンス等の意匠、地盤面からの高さを明記
求積図または換地図・仮換地図 敷地面積の最低限度を定めている場合
換地図兼確定図、登記事項証明書または適用除外理由書(写) 最低敷地面積が定められている地区で、仮換地として指定された土地の面積が敷地面積の最低限度を下回っている場合等
 ※地区計画の区域内における行為の届出に関する適合通知書」を交付した後、設計又は施行方法(添付図面を含む)に変更が生じたときは、変更届出書の提出が必要です。
 

地区計画の種類

地区計画対応表
地区計画の種類 指定状況
種類 内容 地区数 面積(ヘクタール)
地区計画 建物の用途や形態、道路、公園などをきめ細かに定め、良好なまちづくりを進めます。 93 3,664.2
再開発等促進区
を定める地区計画
工場跡地などの土地利用転換を円滑に進めるため、道路などの整備と併せて容積率などを緩和し、良好なプロジェクトを誘導します。
(中山手地区) (兵庫貨物駅跡地地区) (久二塚地区)
(舞子地区)
(4)  
用途別容積型 都心周辺の商業地などで住宅供給を進めるため、住宅について容積率を緩和することができます。
(東部新都心地区) (浜山地区) (御蔵通二丁目地区)
(3)  
街並み誘導型 既成市街地などにおいて、地区の特性に応じた街並みの形成を図るとともに、土地の有効・高度利用を図るため、前面道路による容積率制限や斜線制限を緩和することができます。
(旧居留地地区) (野田北部地区)
(2)  
高度利用型

適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において、建築物の敷地内に有効な空地を確保することにより、容積率などを緩和し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。
(鈴蘭台駅前地区)(大倉山公園西・高度医療地区)

(北鈴蘭台駅西地区)(垂水中央東地区)

(4)  
防災街区整備地区計画 防災上危険な密集市街地において、延焼防止効果のある道路や公園等の整備と併せて、建物構造に関する制限等により沿道に耐火建築物を誘導し、防災機能の確保と土地の合理的な利用をはかります。
(長田東部地区)
1 14.9
合計   94 3,679.1

 

区ごとの指定状況

付近図・地区計画図については画面・印刷サイズにより縮尺が実際と異なる場合がありますので、ご注意ください。

区ごとの指定状況一覧
東灘区
灘区
中央区
兵庫区
北区
長田区
須磨区
垂水区
西区

 

都市計画情報(用途地域など)の検索ページは下の図をクリックしてください。

都市計画情報(用途地域など)のご案内

関連ページ

お問い合わせ先

都市局都市計画課