現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 地区計画 > 須磨車地区 地区計画

更新日:2020年1月10日

須磨車地区 地区計画

ここから本文です。

位置

神戸市須磨区車字梨川山,字梨川,字玉子谷,字大廻り山,字中山ノ奥及び字奥山ノ奥並びに白川字高尾及び字井戸小屋奥

須磨車地区(PDF:4,530KB)

(図をクリックすると拡大されます。約4.4MB)

諸元

面積

約13.5ヘクタール

決定年月日

平成25年9月17日

区域の整備・開発及び保全の方針

地区計画の目標 当地区は,夢野白川線の北側に位置し,周辺では東白川台や若草町等の良好な低層住宅地に隣接している地域である。
本計画は,必要な基盤施設の整備を図りつつ,周辺市街地と調和した健全な土地利用を促進し,緑豊かなゆとりある住宅市街地の形成を図ることを目標とする。

地区計画図

地区計画図拡大画像(PDF:1,205KB)

(図をクリックすると拡大されます。約1.17MB)

土地利用の方針 当地区を「低層住宅地区」,「中層住宅地区」に区分し,周辺環境に配慮した良好な住宅市街地の形成を図る。
  1. 「低層住宅地区」
    ゆるやかに傾斜した自然地形を利用した,ゆとりある低層住宅地の形成を図る。
  2. 「中層住宅地区」
    恵まれた緑豊かな自然を活かし,周辺環境に調和した,中層住宅地等の形成を図る。
地区施設の整備の方針 当地区の健全な土地利用の増進と良好な地区環境の形成を図るため,地区内に道路,緑地等を適正に配置する。
建築物等の整備の方針
  1. 「低層住宅地区」
    ゆとりある低層住宅地の形成を図るために,建築物の用途,敷地規模及び配置に留意して整備を行う。
  2. 「中層住宅地区」
    恵まれた自然環境と周辺の低層住宅地に調和したゆとりある中層住宅地等の形成を図るために,建築物の用途及び高さに留意して整備を行う。

地区整備計画の概要

地区整備計画の区域面積

約13.5ヘクタール

地区施設の配置・規模

道路 幅員 10メートル 延長 約150メートル(計画図表示のとおり)
幅員 12メートル 延長 約400メートル(計画図表示のとおり)
緑地 約4.0ヘクタール(計画図表示のとおり)

建築物等に関する事項

地区の
細区分
(面積)
低層住宅地区
(約9.5ヘクタール)
中層住宅地区
(約4.0ヘクタール)

用途の制限

次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。
  1. 共同住宅,寄宿舎及び下宿
  2. 公衆浴場
次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。
  1. 単独車庫(附属車庫を除く)
  2. 公衆浴場

敷地面積の最低限度

130平方メートル -

壁面の位置の制限

  1. 道路境界線から建築物の外壁等の面までの距離は1m以上とする。
  2. 前項に規定する距離に満たない距離にある建築物等が,次の各号の一に該当する場合は,同項の規定は適用しない。
    • ①車庫等の用途に供し,軒の高さが2.3m以下のもの
    • ②外壁等の中心線の長さの合計が3m以下であるもの
-
建築物等の高さの最高限度 - 20メートル
用途地域 第一種低層住居専用地域 第一種中高層住居専用地域

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局計画部指導課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階