現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 地区計画 > ポートアイランド東地区 地区計画

更新日:2020年1月10日

ポートアイランド東地区 地区計画

ここから本文です。

位置

神戸市中央区港島中町6・7丁目

付近図

ポートアイランド東地区(GIF:60KB)

(図をクリックすると拡大されます。約60KB)

諸元

面積

約27.1ヘクタール

決定年月日

昭和57年9月24日
平成20年3月4日(変更)

区域の整備・開発及び保全の方針

地区計画の
目標
神戸の豊かな国際的感覚と近代的感覚にあふれた独創的な文化を生かし、神戸らしさに満ちた神戸の新しい都市形成の核としてまちづくりを行う。
  1. 国際的な取引と交歓活動の機能を充実し、経済・情報・文化の拠点を構成し、世界への窓口を果たす。
  2. 付加価値の高い多様なファッション産業の展開の場や、生活文化の創造の場とする。
  3. 街全体が独創的なファッションを構成する。
このため、地区計画の策定により、適正かつ合理的な土地の高度利用を図り、健全な都市環境を形成し、保持することを目標とする。

地区計画図

地区計画図拡大画像(JPG:154KB)

(図面をクリックすると拡大されます。154KB)

土地利用の方針 国際性、情報性、文化性及びファッション性等の多様な土地利用を誘導する。
  1. 「ファッション・コンベンション業務地区」
    服飾をはじめ装身具・靴・家具等の多様なファッション関連産業及び国際交流施設・宿泊施設等のコンベンション関連産業等、業務・商業施設を集積した地区とする。
  2. 「ファッション業務地区」
    服飾をはじめ装身具・靴・家具等の多様なファッション関連産業や洋菓子等の製造工場等、業務・商業・工場施設を集積した地区とする。
  3. 「ファッション業務併存住宅地区」
    ファッション関連施設等と高層住宅が併存し、にぎわいと快適さ(アメニティ)をもった地区とする。
地区施設の整備の方針
  1. 都心型の多様な業務地区を、機能的で魅力あるファッショナブルで快適な街並みを創造するために、円滑な業務機能を主体とした道路と安全で快適な歩行者空間をネットワークした道路を整備する。
  2. 市民の憩いと交歓の場として、市民広場と緑豊かな公園を効果的に配置し整備する。
建築物等の整備方針 健全な都市機能の確保と維持を図るため、建築物等の規制・誘導を行う。
  1. 「ファッション・コンベンション業務地区」
    ファッション関連産業及びコンベンション関連産業等の業務・商業施設を適正に配置し、健全で合理的な土地利用とゆとりある都市環境空間との調和を図るため、建築物等の用途、面積、高さ及び配置に留意して整備を行う。
  2. 「ファッション業務地区」
    ファッション関連産業等の業務・商業・工場施設を適正に配置し、健全で合理的な土地利用とゆとりある都市環境空間との調和を図るため、建築物等の用途、面積、高さ及び配置に留意して整備を行う。
  3. 「ファッション業務併存住宅地区」
    ファッション関連施設等と高層住宅が併存した施設を適正に配置し、にぎわいと快適さ(アメニティ)をもった、健全で合理的な土地利用とゆとりある都市環境空間との調和を図るため、建築物等の用途、面積、高さ及び配置に留意して整備を行う。

詳細情報

建築物等に関する事項

地区施設の配置及び規模 市民広場 1箇所 面積約1.1ha(計画図表示のとおり)
地区の細区分 名称 ファッション・
コンベンション業務地区
ファッション業務地区 ファッション業務併存住宅地区
面積 約20.7ha 約4.0ha 約2.4ha
建築物等の用途の制限 次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。
  1. 住宅、共同住宅又は下宿
  2. マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの
  3. キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類するもの
  4. 個室付浴場業に係る公衆浴場その他これらに類するもの
  5. ヌードスタジオ、のぞき劇場、ストリップ劇場、専ら異性を同伴する客の休憩の用に供する施設、専ら性的好奇心をそそる写真その他の物品の販売を目的とする店舗その他これらに類するもの
次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。
  1. 住宅、共同住宅又は下宿
  2. マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの
  3. キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類するもの
  4. 建築基準法施行令第130条の2の2第2号に掲げる処理施設(産業廃棄物処理施設)
次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。
  1. 住宅、共同住宅、寄宿舎又は下宿で住戸又は住室の用途に供する部分を1階部分に設けるもの
  2. マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの
  3. キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類するもの
  4. 個室付浴場業に係る公衆浴場その他これらに類するもの
  5. ヌードスタジオ、のぞき劇場、ストリップ劇場、専ら異性を同伴する客の休憩の用に供する施設、専ら性的好奇心をそそる写真その他の物品の販売を目的とする店舗その他これらに類するもの
建築物の
容積率の
最低限度
100%
建築物の
敷地面積
の最低限度
800平方メートル
建築物の
建築面積の最低限度
300平方メートル
壁面の位置の制限
  1. 計画図表示の道路境界線1から建築物の外壁又はこれに代わる柱(以下「外壁等」という。)の面までの距離は5メートル以上とする。
  2. 計画図表示の道路境界線2から建築物の外壁等の面までの距離は4メートル以上とする。
  3. 上記以外の道路境界線から建築物の外壁等の面までの距離は3メートル以上とする。ただし、市民広場に接する部分についてはこの限りではない。
  4. 隣地境界線から建築物の外壁等の面までの距離は2メートル以上とする。ただし、市民広場に接する部分についてはこの限りではない。
  1. 計画図表示の道路境界線2から建築物の外壁等の面までの距離は4メートル以上とする。
  2. 上記以外の道路境界線から建築物の外壁等の面までの距離は3メートル以上とする。
  3. 隣地境界線から建築物の外壁等の面までの距離は2メートル以上とする。
  1. 計画図表示の道路境界線2から建築物の外壁等の面までの距離は4メートル以上とする。
  2. 上記以外の道路境界線から建築物の外壁等の面までの距離は3メートル以上とする。
  3. 隣地境界線から建築物の外壁等の面までの距離は2メートル以上とする。
高さの最低限度 建築物の各部分の高さの最低限度は9メートルとする。
ただし、当該建築物のうち高さが9メートル以上の建築物の部分の水平投影面積の合計が建築面積の3分の1以上である場合においては、当該建築物の他の部分についてはこの規定は適用しない。
かき又はさくの構造の制限 生垣とする。
用途地域 商業地域 準工業地域 商業地域

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局指導課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階