ホーム > 区役所 > 灘区 > 区の紹介 > 区長の日記 > 灘区制90周年記念だんじり巡行が開催されました(令和4年11月9日)

灘区制90周年記念だんじり巡行が開催されました(令和4年11月9日)

最終更新日:2022年11月9日

ここから本文です。

3度の延期を経て、待ちに待った灘区制90周年記念だんじり巡行が開催されました。区内に現存する7地区すべてのだんじりが初めて集結し、合同巡行を行うというものです。平成31年3月にだんじり関係者が実行委員会を設けられ、支援者の方や関係機関のご尽力で巡行の日を迎えることができました。

各地区のだんじりは、早朝からスタート地点である沢の鶴株式会社日の出工場に集まり、出発式が開催されました。コロナ禍により記念事業から1年遅れとなりましたが、この日を迎えるまでの関係者のご苦労を思うと、秋晴れのなか皆さまが笑顔で出発していく姿を見ていて本当によかったと思いました。区長としてこの瞬間に立ち会えたことは、これまでの役所生活のなかでひときわ感慨深い瞬間でもありました。

区長挨拶

狭い交差点においては、ダイナミックに前輪を持ち上げて方向転換しながら、およそ2時間かけて43号線、2号線という2つの国道を横断し、メイン会場の六甲道南公園まで大きな事故もなく巡行していきました。それぞれのだんじりには個性があり、伝統の趣を感じました。また、曳き手も老若男女幅広い層の方が地域ごとに参加され、お囃子に乗って躍動しながらの巡行風景を楽しませてくれました。
メイン会場のご挨拶で申し上げましたが、今回の合同巡行を通じて幅広い年齢層の曳き手、それを支える地域団体、地元企業・商店、各議会の議員の方々、そして声援を送っていただいた沿道の住民の皆さまが、心を寄せ感動されたこの気持ちを大切にしていきたいと思います。

だんじり巡行という地域の伝統文化への思いや、今回の巡行を通じて生まれた地域の絆がさらに発展し、灘区制100周年へ向けて、区役所も含め地域社会全体でまちづくりを進めていければと思います。
改めて今回の灘区制90周年記念だんじり巡行を支えてくださったすべての方々に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

五毛 篠原
畑原 上野
新在家 八幡
都賀  

お問い合わせ先

灘区総務部まちづくり課