ホーム > 区役所 > 灘区 > 区の紹介 > 区長の日記 > 婦人市政懇談会灘区総括集会が行われました(令和4年11月28日)

婦人市政懇談会灘区総括集会が行われました(令和4年11月28日)

最終更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

神戸市では様々な形で各種団体との懇談会を開催するなど広聴活動を行っており、市政に反映させるように努めています。その中で、先日灘区連合婦人会の皆さんとの市政懇談会灘区総括集会が開催されました。

毎年、6月~8月にかけて区内各地域の婦人会ごとに区と懇談会を行います。そこでの議論を踏まえ絞り込まれた要望事項について、秋に灘区民ホールで、市の関係局と話し合いを行っています。それがこの度開催された総括集会になります。

婦人市政懇談会③ 婦人市政懇談会④


今回は、今西副市長、神戸市婦人団体協議会山本会長が出席のもとで「不足している地域の公園新設」、「砂防ダムの管理状況など土砂災害対策の情報発信」、「特別養護老人ホームの整備や有料老人ホーム利用時の負担軽減など介護と仕事を両立できる環境づくり」、「王子公園再整備計画」の4項目についてひとつずつやり取りが行われました。
やり取りの後は灘区連合婦人会小野会長と今西副市長から全体を通じた「まとめ」を行っていただき無事閉会しました。いずれの項目も生活者の視点に立った重要なものであり、神戸市としても婦人会の皆さまと同じ課題意識を持って解決に努めているものばかりでした。

婦人市政懇談会② 婦人市政懇談会①


しかし、公園の新設問題等まとまった用地がなく解決できずに時間がかかっているものもあります。灘区連合婦人会小野会長からは「公園新設問題に対して婦人会としても空地情報を提供する等より積極的に関わっていきたい」とのありがたい話をいただきました。

介護と仕事の両立できる環境づくりについても、神戸市の取り組み状況をご理解いただいたうえで「婦人会としても悩んでいる方がいれば介護などの窓口を案内できるように一層勉強していきたい」との心強いお話もありました。また、「砂防ダムの状態など土砂災害対策の情報発信にあたっては住民が安心できるように分かりやすく工夫してもらいたい」、「王子公園再整備計画については整備後の維持管理や地域との調和を考えてほしい」といったご意見もいただきました。

こうした広聴活動の場でいただいた貴重な意見等について区役所としてもしっかり受け止めていきたいと改めて思いました。まちづくりは、行政だけで対応できないものも多くあります。

今後とも、地域の皆様や地元企業・商店なども含めて「地域ぐるみ」で様々な地域課題に対して取り組んでいきたいと考えていますのでよろしくお願いします。

お問い合わせ先

灘区総務部まちづくり課