現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 日本脳炎ワクチンの供給不足について

更新日:2021年2月4日

日本脳炎ワクチンの供給不足について

ここから本文です。

この度、一般財団法人阪大微生物病研究会が製造販売する日本脳炎ワクチンについて製造を一時停止したことにより、令和3年度の特に前半において、ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われます。令和4年1月頃には通常の供給体制にもどる予定で、令和4年度は増産を行い、供給量が増加する見込みです。

正常の供給体制が戻るまでは、下記のとおり、対応させていただきます。みなさまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いたします。

日本脳炎ワクチンの定期接種に係る対応について

当面の間、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われる見込みのため、供給が安定するまでの間、次の対応を行います。

  • 1期初回(1回目及び2回目)の接種を優先します。
  • ただし、定期接種の年齢の上限が近づいている場合は、定期接種期間を過ぎないように、接種を行ってください。

日本脳炎定期予防接種の対象者(年齢)、接種方法等の詳細は[日本脳炎の予防接種について]をご確認ください。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所予防衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階、1号館21階 西側フロア