ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 神戸市予防接種契約医療機関向け情報

神戸市予防接種契約医療機関向け情報

ここから本文です。

神戸市との契約に基づき予防接種を実施する医療機関への参考情報や、関連の届出、報告様式等を掲載しています。

定期接種実施要領

定期予防接種の実施にあたっては、厚生労働省が定める「定期接種実施要領」を遵守してください。

定期接種実施要領(最終改正令和4年3月18日通知、令和4年4月1日施行)(PDF:473KB)

新旧対照表(PDF:503KB)

神戸市との契約に基づく予防接種の実施においては、実施要領本文中の「市町村長」を「契約医療機関」と読替えてください。

事務の手引き

高齢者肺炎球菌

インフルエンザ

実施要領

インフルエンザワクチンの供給について

配布用チラシ


インフルエンザ予防接種を受ける前にお読みください(PDF:577KB)

「障害の程度にかかる意見書」様式

無料対象になる証明書類の見本(パウチ版)

高齢者定期予防接種(インフルエンザ・肺炎球菌)が無料となる方へ(パウチ版)(PDF:1,289KB)

無料対象となる証明書類と無料対象確認証の申請方法(配布用チラシ)

無料対象となる証明書類と無料対象確認証の申請方法(配布用チラシ)(PDF:943KB)

予診票/助成券の記入上のご注意

予診票/助成券の記入上のご注意(PDF:838KB)

予防接種(高齢者肺炎球菌・インフルエンザ)実施内容一覧

令和4年度予防接種(高齢者肺炎球菌・インフルエンザ)実施内容一覧(PDF:352KB)

予診票の取り扱い

  • 接種間違い防止のため、ワクチンカラーで色分けしたワクチン毎の神戸市作成の予診票をご使用ください。予診票は、ワクチンディーラー(卸業者)より配布していただいています

  • なお、ヒトパピローマウイルスについては、定期接種実施要領の様式第三又は、第四のコピー(下記よりダウンロード可)を用いて実施してください(様式第三、第四が改正されました(令和4年4月1日施行))
  • 行政措置予防接種の場合は、行政措置予防接種用の予診票をご使用ください。
  • 各ワクチン外国語版予診票は、予防接種リサーチセンターのホームページよりダウンロード可能です。小冊子「予防接種と子どもの健康」外国語版も同ホームページに掲載されています。

公益財団法人予防接種リサーチセンター(ホームページ)(外部リンク)

(注意)医療機関は、予診票を基に接種前に被接種者の健康状態等を把握、接種の可否を判定し、保護者が接種に必要な理解・同意を得たことを確認してください。また、接種後の副反応等が生じた場合に備え、予診票は5年間保存してください。

予防接種間違い報告のお願い

定期予防接種の実施において、接種間違い(接種間隔や接種量の間違い等)が生じた際は、報告書の提出をお願いします。

報告方法

①兵庫県医師会作成の「予防接種事故(過誤)報告についての実施要領」に基づき、「予防接種による間違い(過誤)報告書」を提出してください。

②神戸市への報告は「予防接種による間違い(過誤)報告書」と、予診票(写)を同封のうえ、下記まで郵送してください。

【送付先】
〒650-8570神戸市中央区加納町6丁目5-1

神戸市保健所保健課(予防接種担当)宛て

(参考)予防接種の間違いを防ぐための啓発資材等

予防接種による副反応疑い報告のお願い

予防接種法に基づいて、定期の予防接種等を受けた方がそれが原因によるものと疑われ、厚生労働大臣が定める副反応の症状を呈していると知った医師等は、厚生労働大臣に報告することが義務付けられています。また、任意の予防接種による副反応についても、重篤なものについては厚生労働省への報告について協力が求められています。
詳細は、下記の厚生労働省通知、定期の予防接種等による副反応の報告書等の取り扱いをご参照ください。

過去の改正通知・新旧対象表については、厚生労働省ホームページ(外部リンク)でご確認ください。

予防接種後副反応疑い報告書等の提出方法

予防接種後副反応報告書に記載の上、下記の送付先にFAXにて送付ください。

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、ギラン・バレ症候群(GBS)、血栓症(血栓塞栓症を含む。)(血小板減少症を伴うものに限る。)(TTS)心筋炎、心膜炎と疑われる場合は、以下の様式にも併せてお送りください。

送付先

下記2か所にFAXをしてください。神戸市保健所には、予診票の写しを郵送してください。

  1. (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)≪FAX:0120-176-146≫≪新型コロナワクチン専用FAX:0120-011-126≫
  2. 神戸市保健所保健課予防接種担当≪FAX:078-322-6732(※新型コロナワクチンは送付不要)

神戸市では予防接種後副反応疑い報告書を確認後、健康被害救済制度の対象に該当する可能性がある場合には、対象者へ制度のご案内をしています。報告にご協力をお願いいたします。

定期予防接種要注意児に対する予防接種について

定期予防接種要注意児のための専門相談(予防接種外来)事業を神戸市立医療センター中央市民病院において実施しています。
定期予防接種において、予診の結果、接種要注意と判断された人の中で、高度・専門的な接種判断が求められる神戸市民については、下記の「定期予防接種要注意児のための専門相談依頼票」を用い、神戸市立医療センター中央市民病院へ紹介してください。
中央市民病院による接種実施日:第2・4火曜日(祝日にあたる場合は休診)

予防接種料請求書

請求書は契約医療機関あてに年2回(3月・9月頃)送付しておりますが、お手元の請求書が不足する場合は、こちらからダウンロードして使用してください。

予防接種券(バラ券)・助成券の取り寄せ

下記の書類(予防接種バラ券、任意予防接種の助成券、啓発資料等)の取り寄せは、【Web申込みフォーム】からご申請ください。

 

書類の種類

備考

予防接種券
(バラ券)

ロタウイルス予防接種券

R2年度の予防接種券綴りをお持ちの方に使用してください。
R3年度以降の予防接種券綴りにはロタウイルスの接種券が差し込まれていますので、綴りの接種券を使用するようにしてください。

HPVワクチン予診票

様式第三(保護者同伴あり)

ダウンロードし印刷したものを使用していただいても構いません。PDF(PDF:165KB)

様式第四(満16歳未満の者で保護者が同伴しない場合)

ダウンロードし印刷したものを使用していただいても構いません。PDF(PDF:344KB)

HPVワクチンのリーフレット
(R4年2月改訂)

対象者向け(概要版)

小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)(外部リンク)

対象者向け(詳細版)

小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)(外部リンク)

対象者向け(受けた後)

HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(受けた後)(外部リンク)

医療従事者向け

医療従事者の方へ(医療従事者版)(外部リンク)

KOBE予防接種ナビ

案内チラシ(母子手帳サイズ)

スマートフォンアプリ「KOBE予防接種ナビ」の啓発資料としてご利用ください。

ポスター

スマートフォンアプリ「KOBE予防接種ナビ」の啓発資料としてご利用ください。

風しん第5期抗体検査

抗体検査受診票

医師会未加入医療機関のみ、お申込みください。医師会加入医療機関は、神戸市医師会医療センター(TEL:795-4848)へご連絡ください。予診票はディーラーよりお取り寄せください。

風しん任意予防接種助成

助成券(請求券)

神戸市内医療機関のみ

対象者向け案内チラシ

神戸市内医療機関のみ

おたふくかぜ任意予防接種助成

助成券(請求券)

神戸市内医療機関のみ

小児インフルエンザ任意予防接種助成 助成券(請求券) 神戸市内医療機関のみ

WEB環境がない場合は下記お問い合わせ先にご連絡くださいますようお願い申し上げます。下記お問い合わせ先での受付はWEB環境がない等、やむを得ない事情がある場合に限ります。
<お問い合わせ先>
神戸市行政事務センター予防接種医療機関専用ダイヤル
TEL:078-381-5533
平日8時45分~17時15分(土・日曜、祝日、年末年始は閉庁しています)

ワクチン別情報

各予防接種スケジュール表(神戸市作成)

接種スケジュール、接種期限の確認に下記表をご活用ください。

【ロタウイルス】

【B型肝炎】

【ヒブ】

【小児肺炎球菌】

【日本脳炎】

ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)

HPVワクチンは、平成22年11月から子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業として接種が行われ、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種に位置づけられました。平成25年6月から、積極的な勧奨(個別に接種を勧める内容の文書をお送りすること)を一時的に差し控えていましたが、令和3年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、令和4年度から、他の定期接種と同様に、個別の勧奨を行うこととなりました。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種予診票

下記よりダウンロードしてご使用ください。

厚生労働省作成リーフレット(2022年2月改訂版)

厚生労働省作成のリーフレットが2022年2月に改訂されました。

接種を実施する場合は、下記の改訂版リーフレットを参考として、接種を受ける方及び保護者の方にワクチンを接種する目的、副反応について、十分な説明を行ってください。

副反応の診療について

ヒトパピローマウイルス感染症<診療の手引き>(厚生労働省HP)(外部リンク)

上記ホームページの「2.自治体医療機関向け情報」の2015年8月19日欄を参照してください。

BCGワクチン

神戸市では、区役所・支所での集団接種は、令和3年3月をもって終了しました。

3種混合(DPT)ワクチン

平成30年1月29日より、3種混合(DPT)ワクチン「トリビック」の販売が再開しました。
3種混合ワクチン未接種者で定期接種対象年齢の人は、4種混合(DPT-IPV)ワクチンで対応していただいていましたが、3種混合(DPT)ワクチンも使用できるようになりました。

下記厚労省ホームページを参照してください。
ポリオワクチンに関するQ&A(厚生労働省HP)(外部リンク)

その他

予防接種関連外部リンク

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

健康局保健所保健課