現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 神戸市小児インフルエンザ予防接種の助成について

更新日:2020年10月15日

神戸市小児インフルエンザ予防接種の助成について

ここから本文です。

今年度より、多子世帯を対象に、助成を拡充します!

例年初冬から春先にかけて流行するインフルエンザ。12歳までは、十分な免疫を得るためにワクチン接種が2回必要であることから、子育て世帯の経済的負担軽減のため、1回目の接種に対して、下記のとおり本市独自に助成します。また、今年度より、子育ての経済的負担が大きい多子世帯に対して、2回目接種も助成を開始します。

(注)多子世帯とは、同一世帯に18歳未満の子が二人以上いる世帯です。

1.助成期間

令和2年10月1日(木曜)~令和3年1月31日(日曜)
費用助成等の対象となる接種期間は上記のとおりです。ただし、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週間から5ヶ月程度ですので、流行に備えて12月中旬までに接種するようおすすめします。

ただし、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、重症化リスクの高い小学校2年生までのお子さんは、早めに接種しましょう。

2.助成対象者

満1歳~12歳(13歳の誕生日の前日まで)で神戸市内に住民登録のある方(接種日現在)

3.助成回数

  • 多子世帯:2回(第1子から適応)
  • その他の世帯:1回

<注意事項>

  1. 多子世帯とは、同一世帯に18歳未満の子が2人以上いる世帯です。
  2. 多子世帯の方は、ごきょうだいの母子健康手帳や健康保険証などを医療機関に提示してください。

4.助成額

  • 1回目:2,000円
  • 2回目:2,000円(多子世帯のみ)

自己負担額は、医療機関が定める接種料金より2,000円を差し引いた額です。

5.接種場所

神戸市内のインフルエンザ予防接種契約医療機関(PDF:968KB)

契約医療機関の中には、対象を限定している医療機関等もありますので、接種可能かどうかを必ず事前にお問い合わせください。

(注)神戸市外の医療機関で接種を受ける場合は、助成は受けられません。

6.接種方法

1.事前に神戸市内の契約医療機関に問い合わせ、接種日等をご相談ください。

2.接種当日は、母子健康手帳と本人確認書類(氏名・住所・生年月日が確認できる母子健康手帳、健康保険証等)を持参してください。多子世帯の方は、ごきょうだいの母子健康手帳や健康保険証なども持参し、医療機関に提示してください。

3.予診票・助成券は医療機関にありますので、医療機関で記入ください。(区役所での事前の手続きは不要です)

4.接種後、医療機関が定める接種料金から2,000円を差し引いた額を医療機関にお支払いください。

7.問い合わせ先

契約医療機関の確認や助成制度についての一般的な問い合わせは、神戸市総合コールセンター(TEL:078-333-3330、FAX:078-333-3314)までお願いします。

神戸市各区役所、支所こども保健係(西神中央出張所保健福祉サービス窓口含む)

問い合わせ先一覧
問い合わせ先 電話番号
東灘区役所 078-841-4131(代表)
灘区役所 078-843-7001(代表)
中央区役所 078-232-4411(代表)
兵庫区役所 078-511-2111(代表)
北区役所 078-593-1111(代表)
北神区役所 078-981-5377(代表)
長田区役所 078-579-2311(代表)
須磨区役所 078-731-4341(代表)
北須磨支所 078-793-1313(代表)
垂水区役所 078-708-5151(代表)
西区役所 078-929-0001(代表)
西神中央出張所保健福祉サービス窓口

078-990-0201(代表)

予防接種トップページへ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314