現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > ロタウイルス・おたふくかぜ予防接種助成について(市独自)

更新日:2020年4月1日

ロタウイルス・おたふくかぜ予防接種助成について(市独自)

ここから本文です。

  • 令和2年8月1日生まれのお子様より、ロタウイルスワクチンが定期接種(公費負担)となることから、本助成制度の対象者は令和2年7月31日生まれのお子様までとなります。

神戸市では、平成31年4月1日から令和2年7月31日までに生まれたお子様が3歳になるまでの間に、「ロタウイルスワクチン・おたふくかぜワクチン」のいずれかの接種費用助成を行います。1回あたり2,000円、1人2回まで助成します。
平成31年4月1日から令和2年7月31日に生まれたお子様のご家庭に出生届出後1ヶ月半ごろまでにご案内する「予防接種番号通知書」に「ロタウイルス・おたふくかぜ共通で使用できる助成券(2回分)」を同封してお届けします。
接種をご希望の際は、あらかじめ予防接種契約医療機関に接種日時などをご相談ください。接種当日は助成券と母子健康手帳を持参し、接種を受けてください。

ロタウイルス胃腸炎・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について

ロタウイルス胃腸炎 ロタウイルス胃腸炎は、冬から春先にかけて流行し、およそ生後6ヶ月から2歳の乳幼児を中心に発症し、5歳までにはほとんどの子どもが感染するといわれています。
潜伏期間は1から3日で、急激な嘔吐と下痢(白色様水様便)、発熱などの症状が1週間前後続きます。嘔吐・下痢に伴う脱水やけいれん、腎不全、脳症などの合併症を起こすこともありますので、注意が必要です。
おたふくかぜ
(流行性耳下腺炎)
おたふくかぜは、ムンプスウイルスの飛沫・接触感染によって起こります。耳下腺に腫れや痛みなどを起こす感染症です。潜伏期間は約2週間から3週間です。
合併症として最も多いのは無菌性髄膜炎で、頻度は1~10%とされます。難聴は約1,000人に1人くらいの頻度との報告がされています。まれに脳炎、膵炎などを起こすことがあります。

制度の対象者

平成31年4月1日から令和2年7月31日に生まれた人
※接種日時点で神戸市に住民登録のある人に限ります。

接種回数と標準的な接種間隔

■ロタウイルスワクチン(生ワクチン)について
ロタウイルスワクチンは2種類あります。ワクチンの種類によって対象年齢や接種回数が異なります。また、ワクチンは1回目に接種したワクチンと同じもので接種してください。なお、接種費用や取扱うワクチンについては直接医療機関へお問合せください。

ロタウイルスワクチン(生ワクチン)の接種について
ワクチン名 ロタリックス(1価ワクチン) ロタテック(5価ワクチン)
接種期間 生後6週0日~生後24週0日までに2回の接種を終了 生後6週0日~生後32週0日までに3回の接種を終了
初回は生後14週6日までに接種することが推奨されています
※15週を過ぎて接種すると腸重積症のリスクが高くなります
接種方法 経口接種(口から飲むワクチン)

■おたふくかぜワクチン(生ワクチン)について

おたふくかぜワクチン(生ワクチン)の接種について
接種期間 1歳到達後早めに1回
※日本小児科学会は1歳と小学校入学前の計2回の接種を推奨しています
接種方法 皮下接種

助成額

1回の接種につき、2,000円を助成(上限2回4,000円)
(注1)神戸市内予防接種契約医療機関で接種を受け、自己負担分(医療機関が設定した金額から助成額を差し引いた額を助成)をお支払いください。
(注2)接種時に助成券を持参されない場合は全額自己負担になります。
(注3)助成券をお持ちの場合でも、接種日時点で神戸市に住民登録のない場合は助成を受けることはできません。
(注4)市外の病院で実施した接種は、払い戻し(還付)の対象となりません。

助成券の交付方法

対象者には、出生若しくは転入の届出があった翌月の中旬頃に送付する予防接種番号通知に助成券を同封し交付します。
助成券の送付までの間に接種希望のワクチンが接種期限を迎える場合は、各区役所こども保健係(北須磨支所、西神中央出張所含む)で助成券を交付しますので、母子健康手帳を持参してください。

接種を受ける方法

神戸市内の予防接種契約医療機関にて個別接種

  1. 希望するワクチンの接種スケジュールを確認のうえ、あらかじめ電話等で、かかりつけ医等と接種日・接種時間等をよく相談してください。
  2. 次のものを持参のうえ予防接種を受けに行く。
    • (1)助成券(「神戸市ロタウイルス・おたふくかぜ予防接種助成券」)
    • (2)母子健康手帳
  3. 接種費用の支払い
    接種完了後、会計の際、接種料金から1回あたり2,000円を差し引いた額を支払う。

予防接種を受けることができる医療機関の確認は、子どもの予防接種 契約医療機関一覧または、神戸市総合コールセンター(TEL:078-333-3330、FAX:078-333-3314)で確認いただけます。
接種前には、予防接種の注意をご確認ください。

持参するもの

  • 母子健康手帳(接種歴の確認や接種したことの記録をしますので、必ずご持参ください。)
  • 助成券(事前に必要事項を記入して持参してください。)

「助成券」を紛失、または接種希望ワクチンの接種期限が迫っている等助成券が必要な場合は、母子健康手帳(予防接種歴のわかるもの)を持参のうえ、各区役所こども保健係(北須磨支所、西神中央出張所含む)で交付を受けることができます。

接種後の副反応について

どのワクチンも接種後に副反応が起こることがあるため、接種後はお子様の様子をよくみてください。

  • ロタウイルスワクチン
    接種後、嘔吐、下痢などの胃腸炎の軽い症状が5%未満のお子さんでみられます。数万接種に1例程度、特に1回目の接種後7日以内の期間に腸重積症の発生が多くなるという報告があります。接種後に、きげんが悪い、嘔吐、おなかが膨れる、便に血が混じっている場合は、すぐに医療機関を受診し、ロタウイルスワクチンを接種したことを伝えてください。
  • おたふくかぜワクチン
    接種後、10~14日後に微熱が出たり、耳の下、頬の後ろ、あごの下などが腫れる場合がありますが、自然に治ります。また、接種後3週間前後に、接種を起因とする無菌性髄膜炎が、4万接種に1例程度発生するとされていますが、おたふくかぜにかかった場合に比較してその頻度は低く程度も軽いです。

お問い合わせ先

神戸市各区役所のこども保健係

お問い合わせ先一覧表
名称 電話番号 Fax
東灘区役所 078-841-4131(代) 078-851-9333
灘区役所 078-843-7001(代) 078-843-7019
中央区役所 078-232-4411(代) 078-232-1495
兵庫区役所 078-511-2111(代) 078-521-3455
北区役所 078-593-1111(代) 078-594-0934
北神区役所 078-981-1748(直) 078-984-2334
長田区役所 078-579-2311(代) 078-579-2343
須磨区役所 078-731-4341(代) 078-735-8159
北須磨支所 078-793-1414(直) 078-795-1140
垂水区役所 078-708-5151(代) 078-706-2329
西区役所 078-929-0001(代) 078-929-0056
西神出張所
保健福祉サービス窓口
078-990-0201  

予防接種トップページへ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所予防衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階、1号館21階 西側フロア