現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 性感染症とエイズ

更新日:2021年5月28日

性感染症とエイズ

ここから本文です。

世界エイズデー~KOBEライトアップディ~

12月1日は「世界エイズデー」です。

 世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eizu/index.html (外部リンク)


レッドリボン
 
“レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりごろでした。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティスト達にもエイズがひろがり、エイズに倒れて死亡するアーティスト達が増えていきました。そうした仲間達に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。

健康課では、このレッドリボンの意味を皆さんに知っていただき、ともに考えるきかけになるよう、KOBE ライトアップディにちなんで、明石海峡大橋、ハーバーランドモザイク観覧車を赤くライトアップします。

https://www.city.kobe.lg.jp/a30028/shise/kekaku/jutakutoshikyoku/scene/night/light-upday.html

例年ポートアイランド4大学の学生の方と一緒にこの日にちなんだ活動を実施していますが、今年は赤くライトアップしたハーバーランドモザイク観覧車に学生さんが考えてくださったメッセージを発信しました。

<メッセージ>

  • 他人ごとじゃない!大切な人を守るためにも正しい知識!~神戸レッドリボン2020~
  • 大丈夫。恥ずかしくないから。まずはHIV検査に行こう~神戸レッドリボン2020~
  • No差別!予防しよう、検査を受けよう、治療を受けよう。正しい知識がワクチン~神戸レッドリボン2020~
  • コロナに打ち勝て!共に頑張ろう!共に笑い合おう!~神戸レッドリボン2020~

 

HIV・性感染症検査のお知らせ

 
  • 平日夜間検査(水曜日)は、来場者数が多く、待ち時間が長くなる場合があります。また、受付時間内にお越しいただいても、定員45名に到達した時点で受付を終了いたしますので、ご了承ください。なお平日昼間検査(健康ライフプラザ・予約不要)は、比較的空いていますので、そちらもご検討ください。

神戸市保健所のエイズ検査は無料で、匿名で受けることもできます。

早期にHIV感染の発見ができれば、今では治療薬の進歩でエイズの発症を遅らせることができるようになっています。

1.対象者

コンドームを使用せずに性行為をしたことがある人等(主な感染経路は性行為です。)

2.検査を受ける時期

HIV感染の可能性のある機会から3か月以上経過した時期

3.無料検査(匿名で受けることもできます)

1)神戸市の検査

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、
感染防止対策を徹底するために下記の通り様々な対策を講じています。ご協力をお願いいたします。

  1. 来所時のお願い
  • 「3つの密」を避けるために

換気のため、定期的に窓を開閉させていただきます。

混雑緩和のため、フロアーでの入室制限をさせていただく場合があります。

  • 入室時のお願い

帰国等で保健所から健康観察期間中の方や体調不良の方は、次回検査をご検討ください。

必ずマスクをご着用ください。※マスクはご持参ください。

2.スタッフの対策

  • 体調管理を実施しております(出勤前の体温・体調チェックならびに体調不良者への自宅待機命令)
  • 待合椅子等も定期的な消毒を実施しております。

 

検査一覧

2)その他の検査

相談窓口

HIV感染の不安があったり、エイズについて何か知りたいことがあったりするときは、まず電話で各区役所、支所のあんしんすこやか係・保健所にご相談下さい。
正しい知識を得ることは、エイズから身を守る第一歩です。

神戸市エイズ相談窓口

その他

エイズ予防サポートネット神戸の解散について

1.方針
 「エイズ予防サポートネット神戸」は、令和3年2月末をもって解散しました。

2.解散した理由
 「エイズ予防サポートネット神戸」は、平成17年の設立以来、市民、事業者、医療及び教育関係者、行政が協働し、エイズと性感染症の予防を推進するとともに、HIV陽性者とともに生きる地域社会の現実を図るために活動を行ってきました。
 現状では、エイズ患者を取り巻く環境も設立当時から大きく変化し、エイズに対する認識も変わってきています。
 総合的に検討した結果、当団体は一定の社会的役割を果たしたことから解散することといたしました。
 なお、当団体が補助金による支援を行ってきた事業実施団体が行う事業については、行政が直接実施することが困難なサポート事業であり、また、公益上必要不可欠なことから、神戸市が事業者に対して直接補助金を交付することで必要な支援を継続していきます。


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア