神戸市結核予防計画2020

ここから本文です。

平成12年度(2000年度)から現在までの対策の成果により、神戸市の結核罹患率約60台を20台にまで低減しました。しかし平成26年(2014年)は21.5と、まだ全国平均の約1.4倍、指定都市間では第5位(平成26年)と高い状態です。過去5年間の罹患率低下のペースを維持したいと考え、罹患率17未満を目標とします。
また、減少させることが出来なかった肺結核喀痰塗抹陽性罹患率も、平成26年(2014年)に8.1まで低下しました。令和2年(2020年)は罹患率13.9、肺結核喀痰塗抹陽性罹患率5.3となり、目標を達成しましたが、全国の10.1、3.7に⽐しては⾼いため、今後も早期発見・早期治療・治療の完遂に一層努力し、新たな感染を防ぐことを目標とします。

概要版「神戸市結核予防計画2020」(PDF:155KB)

冊子版「神戸市結核予防計画2020」(PDF:4,500KB)

対策期間の延長について

本来であれば目標達成年次である2020年度(令和2年度)に5年間の評価検証を行いますが、新型コロナウイルス感染症の発生により例年通りの評価は困難であることから、2020年度(令和2年度)に予防計画の対策期間を一年間延長しました。2021年度(令和3年度)においても、前記の状況が継続しているため、対策期間をさらに⼀年延⻑し、2016年度(平成28年度)から2022年度(令和4年度)の7年間とします。

お問い合わせ先

健康局保健所保健課