結核の定期健康診断報告

最終更新日:2022年10月13日

ここから本文です。

結核の定期健康診断報告

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の第53条の2及び第53条の7の規定により、結核の定期健康診断等を行ったときは、保健所へ通報又は報告する義務があります。

報告の義務がある施設一覧

施設区分 対象者 実施時期
病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、介護医療院 業務に従事する者 毎年度
社会福祉施設(※1) 業務に従事する者 毎年度
65歳以上の入所者 65歳に達する日の属する年度以降、毎年度
小学校・中学校等 業務に従事する者 毎年度
大学(短期大学含む)・高等学校・高等専門学校・専修学校又は各種学校(※2) 業務に従事する者 毎年度
本年度入学した学生・生徒 入学した年度
刑事施設 20歳以上の被収容者 20歳に達する日の属する年度以降、毎年度

保健所への報告

1.e-KOBE:神戸市スマート申請システムでの報告

令和4年度健診実施分より、より簡便にご報告いただけるよう、「e-KOBE:神戸市スマート申請システム」での受付に変更しました。
以下のページより申請してください。
※すでにご報告いただいている場合の再度のご報告は不要です。

【業務の従事者に実施した場合】 【学生・生徒・入所者に実施した場合】※

※神戸市内の私立学校・私立施設等の実施した結核の定期健康診断について、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の規定により補助金を交付しています。詳しくは以下のページをご覧ください。

2.窓口、郵送、FAXでの報告(1による申請が難しい場合のみ)

報告書(様式)
【業務の従事者に実施した場合】 【学生・生徒・入所者に実施した場合】
報告先
報告書(様式)による報告の場合は、各区役所・支所の下記窓口に提出してください。
各区役所・支所の窓口(2022.7)(PDF:98KB)

お問い合わせ先

健康局保健所保健課