現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 結核 > 結核の公費負担制度

結核の公費負担制度

ここから本文です。

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づき、結核の治療に必要な医療費についての公費負担制度があります。

公費負担

区分 公費負担額 根拠法令
結核通院患者に対する医療
(下記以外の患者)
自己負担額(対象医療費の5%)を除く全額を保険と公費で負担 感染症法第37条の2
結核入院患者に対する医療
(入院勧告を受けて入院した患者)
全額保険と公費で負担
※ただし、一部対象外あり
感染症法第37条

事務の流れ

必要なもの

結核通院患者(感染症法第37条の2)

  • 胸部X線画像データ(申請前3ヶ月以内、フィルムでも可)

CT撮影をされたときは、その画像データも添付してください。

※必要に応じて、他の書類をご提出いただくことがあります。
結核入院患者(感染症法第37条)

CT撮影をされたときは、その画像データも添付してください。

  • 患者の属する世帯の構成、扶養義務者の範囲、所得の有無及び所得割の額など自己負担額の認定に必要な書類

必要な書類については、個別にご案内します。

※必要に応じて、他の書類をご提出いただくことがあります。

申請後に変更があったとき

※患者票を添付してご提出ください。

申請先

  • 居住区の区役所保健福祉部へ申請書類を提出してください(郵送可)。
  • 公費負担の承認期間開始日は区役所保健福祉部が受理した日または郵送のときは消印日となりますので遅れないようご注意ください。

診査について

申請書類受付後、神戸市保健所感染症診査協議会 結核診査会がX線画像所見、申請書内容により診査を行います。神戸市保健所結核診査協議会の意見をもとに神戸市保健所長が公費負担を承認、不承認あるいは申請不合格とし、患者票を発行します。

1 「結核」にかかっていること

  • 検査で結核菌が検出されているか
  • X線画像による病巣が新しいものか

2 検査、使用薬剤が適正であること

  • 「結核医療の基準」に適合しているか
  • X線撮影、菌検査が適宜実施されているか

3 結核病床病院への入院を勧告あるいは措置することが適当であること

  • 結核菌を排菌しているか(喀痰に結核菌が出ているか)
  • 同居者、職場の同僚、学友などに感染させるおそれがあるか

標準処理期間(処理期間のめやす)

1ヶ月

申請および相談窓口

詳しくはお住まいの区役所・支所の下記窓口におたずねください。

関係様式

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア