現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 都心・三宮の再整備 > 都心の土地利用誘導施策

更新日:2021年7月13日

都心の土地利用誘導施策

ここから本文です。

趣旨

美しい港と緑豊かな六甲山に囲まれた神戸の都心は、開港以来、人・物・情報が集まる国際色豊かな港町の中心地として発展してきました。
近隣市はもとより国内外から多くの人々が、働き、楽しみ、観光など様々な目的で訪れる都心部には、商業、業務、行政、文化、観光など、多様な都市機能が集積しています。
一方で、ライフスタイルの変化などをうけて神戸の都心は、居住地としてのニーズも高まっています。
これからも神戸が国内外から選ばれるまちであるため、多様な都市機能と居住機能とのバランスのとれた魅力と活気あふれる都心づくりをめざして、1.都市機能の活性化策、2.バランス良い都心居住の誘導策、3.回遊ルートのにぎわい創出にむけた取り組みといった3つの基本方針のもと、都心の土地利用誘導施策を実施していきます。

都心の土地利用誘導施策体系図

体系図の表(PDF:93KB)

特別用途地区(都心機能誘導地区)の指定

都市機能とバランスのとれた都心居住を誘導していくため、都心の商業地域に特別用途地区(都心機能活性化地区)を指定しました。
なかでも、三宮駅周辺は「えきまち空間」として、人と公共交通優先の公共空間の再整備や景観形成、多様な都市機能の集積に官民が連携して取り組み、神戸の玄関口にふさわしい高質な空間づくりを行っていくエリアです。
このため、「えきまち空間」の範囲をベースに、商業・業務などの都市機能に特化した土地利用を誘導していくため、特別用途地区(都心機能高度集積地区)を指定しています。
区域を都市計画決定し、具体の制限内容は、「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」(以下、住環境条例)に定めております。

総合設計制度許可取扱要領の一部改正

  1. 都市機能の活性化および、2.都市機能とバランスのとれた都心居住を誘導するために、神戸市総合設計制度許可取扱要領を令和2年7月1日に一部改正しました。

税制等の優遇制度

税の優遇、設備投資補助、賃料補助などの進出支援制度によって、事業者の方々のニーズに応じたきめ細かいサポートを行っております。
くわしくはこちら

自転車駐車場の附置義務

都心エリアにおいて、企業誘致やビル建て替えへの機運を高め、都市機能の集積を促進するために、都心機能高度集積地区内に限定して、建築(新築・増築(増築部分のみ))物への駐輪場の附置義務を免除する条例を令和2年10月に改正しました。
くわしくはこちら
 

検討経緯

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局都市計画課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階