現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 都心・三宮の再整備 > 「三宮クロススクエア」

更新日:2020年2月26日

「三宮クロススクエア」

ここから本文です。

「三宮クロススクエア」について

本市では、平成27年9月に策定した、三宮周辺地区の『再整備基本構想』において、三宮にある6つの駅と周辺のまちを一体的につなぎ、交通拠点としての機能や回遊性を高める空間「えき≈まち空間」を整備することとしています。その核となるのが、三宮交差点を中心に税関線(フラワーロード)と中央幹線の一部を人と公共交通優先の空間とする「三宮クロススクエア」であり、車道を人のための空間に段階的に転換することで歩行者の回遊性を高め、にぎわいを生み出し、神戸の玄関口にふさわしい空間を創出します。この整備については、必要な交通対策を実施し、交通状況を見据えながら段階的に進めていきます。

「えきまち空間」のイメージ

えきまち空間

「三宮クロススクエア」将来像

三宮クロススクエアイメージパース

「三宮クロススクエア」段階整備のイメージ

段階整備のイメージ

現況(三宮交差点より東を望む)

現況イメージ

第1段階【10車線→6車線(2025年頃)】

第1段階イメージ

第2段階【6車線→3車線(2030年頃)】

第2段階イメージ

 

交通社会実験について

「三宮クロススクエア」の整備に向けた第一歩として、令和元年7月に第1段階の車線数を再現した交通社会実験を行いました。この交通社会実験は、規制区間及び周辺の主要交差点において交通量調査等を実施し、車線数の減少等による交通流の影響について検証を行い、整備に向けた設計に反映させていくことを目的としています。

「三宮クロススクエア」交通社会実験チラシ(PDF:1,212KB)

「三宮クロススクエア」交通社会実験の結果(PDF:4,775KB)

中央幹線の一部改良について

(1)『神戸阪急』北側の路線バス停留所の増設

  • ポートライナーの朝ラッシュ時間帯のさらなる混雑緩和を図るため、『神戸阪急』北側の既存のバス停留所(3バース)に1バース新設する。(令和2年4月よりポートアイランド方面の路線バスを朝ラッシュ時に増便する予定)
  • バス停留所工事は令和2年2月下旬から3月下旬を予定

 

(2)三宮東交差点の歩道拡幅

  • バス等の交通が集中する三宮東交差点の混雑緩和のため、北側の歩道拡幅を行うと共に、南北の歩行者横断時間を短縮することにより、自動車の信号青時間を延長し、自動車交通の円滑化を図る。
  • 歩道拡幅工事は令和2年秋頃に完了する予定

中央幹線改良計画図(PDF:627KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局都心再整備本部都心再整備部都心三宮再整備課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館6階