神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

公衆衛生医師

WORKS

15

  • TOP
  • 職種紹介
  • 公衆衛生医師

公衆衛生医師の仕事

公衆衛生に従事する医師は、保健師をはじめとする医療系の専門職と事務系の職員と協力して「市民の命を守り、健康的な生活を創る」仕事をしています。また産業医として、神戸市職員の健康障害の予防のみならず、職員の心身の健康の保持増進、快適な職場環境の形成に関する助言、指導などを行います。現在、保健所では、新型コロナウイルス感染症対策に全力を挙げて取り組んでいます。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

市民の心身の健康と、
快適な暮らしを守ります。

神戸市は先端医療の研究・実用化を行う医療産業都市を推進しており、その基盤を活かしながら、「健康創造都市KOBE」に取り組み、「個人の健康意識・管理の向上」と、「ビッグデータを使った健康向上のための研究・実用化の推進」を行っています。神戸市保健所では、この取組みと連携しながら、予防を含む各種健康施策、安全な医療の確保などを進めて、神戸市民の健康を守り、向上させていくことを使命としています。

新型コロナウイルス感染症対応は、
ワクチン接種率の向上で
市民に貢献することができました。

楠 信也

健康局保健所長

平成30年度入庁
(※令和3年度時点)

楠 信也

KUSUNOKI NOBUYA

保健所業務の統括を行っています。現在は新型コロナウイルス感染症対応業務が主で、疫学調査や感染患者の健康観察への助言のほか、症状などをもとに入院、宿泊療養施設入所、自宅療養可能かについて判断しています。さらに抗体療法の適応やワクチン接種の積極的な勧奨を行っています。神戸市民全体の健康を考え施策をつくりあげていくところに仕事の醍醐味を感じています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:10

    メールチェック

  • 8:45

    感染状況について打合せ

  • 10:00

    保健センター長会で区と本庁との情報共有

  • 11:00

    行政医師連絡会で業務進捗の共有

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    病院・老健施設にて医療監視

  • 16:00

    予防接種被害調査委員会で審査

  • 17:00

    帰庁 宿泊療養施設入所者・自宅待機者の健康観察状況を確認

    退庁
    19:00

個人的なつながり生かし、
全国に先駆けた取り組み実現。

前職は、神戸大学医学部附属病院で肝胆膵外科を専門とする外科医です。新型コロナウイルス感染症対応では、感染者の治療やコロナ後遺症外来設置など、必要な医療提供体制について、個人的なつながりを生かし直接院長にお願いし、聞き入れて頂いたことも多くありました。宿泊療養施設の立ち上げや、自宅療養者の健康観察などに携わり、歯科医師へのワクチン接種研修会も全国に先駆けて取り組むなど、特に第5波では重症者を増やさないように努めることができました。

楠 信也

楠 信也

医師のキャリアアップの選択肢の一つに。

現在、神戸市人口152万に対して、保健所の公衆衛生医師は4名と非常に少ない状況ですが、毎週1回4人でミーティングをしながら情報交換に努めています。また医師や保健師などの医療職は、適材適所が大事であり、得意とする分野をさらに向上して、市民の健康に貢献することを心がけています。
乳幼児期から高齢者まであらゆる年代の市民の医療、福祉、保健にかかわり、市民全体の健康を考えながら施策づくりができます。病院では学べないことも多く、医師のキャリアアップのための選択肢の一つに加えてほしいと思います。