神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

主要プロジェクト紹介

MAJOR PROJECT

デザイン都市・神戸

PROJECT

05

  • TOP
  • 主要プロジェクト紹介
  • デザイン都市・神戸

ひと・まち・ものづくりを結びつけ、
より豊かな暮らしをデザインする。

すべての市民が神戸の強みを活かし、デザインによって新たな魅力を創造する。そんな創造都市の考え方に基づくまちづくりを進めています。その第一歩として、「まち・くらし・ものづくり」の観点から、市民や企業、そして私たち職員がデザインの可能性を知る取り組みを推進。「くらしを豊かにする」「個性と魅力を活かす」「経済を活性化させる」「創造力を高める」「心を育み育次世代につなぐ」という5つのデザイン視点で“神戸らしさ”を見つめ直し、さらに磨きをかけること。より豊かで暮らしやすい神戸の未来を育むために、一人ひとりが主体的に創造性を発揮できるデザイン都市をめざします。

より豊かな暮らしをデザインする。

「デザイン」による、選ばれる創造都市であるための都市戦略

これら5つの視点で、ひと・もの・まちを結びつけ、「“神戸らしさ”を見つめなおして磨きをかける」ことを基本理念とします。

01

まちのデザイン

地域の個性を活かした魅力ある空間の形成を図り、にぎわいと楽しさにあふれ、市民がやすらぎやここちよさを感じられるまちをめざします。

【具体的な取り組み】

■開港以降に建てられた「神戸らしさ」を象徴する歴史的建築物の保存活用。
■市民にわかりやすい案内サインのデザインの統一。
(その他の主な取り組み)
・公共的施設におけるデザイン性の重視
・まちなかにおける緑とのふれあいづくり
・海にふれ、海辺を体験できる水際の魅力アップ

02

くらしのデザイン

市民がすぐれたデザインに出会い、創造性を育むことにより、多様なライフスタイルを尊重し、地域に愛着を感じ、いきいきと暮らせるまちをめざします。

【具体的な取り組み】

■「BE KOBE」でシビックプライドを醸成
■こども創造的学びの場の創出のため、「神戸市こどもの創造的学びに関する研究会」や「こどもSOZOプロジェクト」を実施
■私たちのくらしにデザインを取り入れ、社会に広めていくための取り組みとし“グッドデザイン神戸展”を実施
■デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の運営
(その他の主な取り組み)
・「神戸発」ファッションのさらなる情報発信
・情報やサービスを提供する際のやさしさ、わかりやすさへの配慮
・ユニバーサルデザインの推進

こどもSOZOプロジェクト

03

ものづくりのデザイン

すぐれたデザインによる付加価値の高いものづくりを応援することにより、新たなマーケットを創造する元気な産業のまちをめざします。

【具体的な取り組み】

■ものづくり中小企業を対象に、自社や商品のブランドコンセプトを固めて商品開発につなげる商品開発講座「デザインコラボLAB KOBE」の実施
■中小企業を対象としたデザイン活用の演習・講座「神戸市ものづくり中小企業研修 クリエイティブスパルタ塾」の実施
■クリエイターと企業が出会い、新たな取り組みを生み出していくトークイベント「CROSS」の実施
(その他の主な取り組み)
・次世代コンピュータを用いたものづくりの開発支援
・市内農産物のさらなるブランド力の強化
・デザインフォーラムの開催や表彰制度の創設

新たなものづくりの発想ができる人材育成実習「神戸市ものづくり中小企業研修 クリエイティブスパルタ塾」

一人ひとりのデザインが、
新たな神戸の“らしさ”を創ります。

吉田 晴香

企画調整局産学連携ラボ
担当係長

平成22年度入庁
[大学卒・一般行政]
(※令和元年度時点)

吉田 晴香

YOSHIDA HARUKA

「デザイン」とは、色や形だけではなく、より暮らしやすいまちをつくるための「工夫」や「仕組み」でもあると考えています。だからこそ、市民や企業のみなさんにデザインの魅力とふれていただく場をつくり、一人ひとりの創造性を育むことで、より素敵なまちづくりが実現できると信じています。デザインのもつ力。まずはその魅力を、しっかりと伝えていきたいと考えています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:30

    メールチェック

  • 9:00

    デザイン力向上研修実施に向けた打ち合わせ

  • 10:00

    チームミーティング

  • 11:00

    書類作成・電話対応

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)にてイベント準備

  • 14:00

    KIITOでのデザイン関連のイベント開催

  • 16:00

    イベント撤収作業

  • 17:00

    レポート作成及び事務処理手続き

    退庁
    17:30

デザインの魅力にふれる場をつくる。

現在私は、担当職員やクリエイティブディレクターとともに、デザイン都市の推進に取り組んでいます。具体的には、ユネスコ創造都市ネットワークの活用、グッドデザイン展の開催、こどもの創造的学びの場づくり、職員へのデザイン力向上研修などのマネジメント業務です。暮らしのなかのさまざまな場面にデザインの考え方を持ち込むことで、ものごとが想像以上によりよくなることがあります。その感動をわかちあえたときに、大きな喜びを感じます。

吉田 晴香

吉田 晴香

市民のためになることを語り合い、
実行に移せるチームがある。

神戸市役所は、市民のみなさんにとってよいことをオープンに考え実現できる組織です。市民のためになることであれば、上下関係や他部署関係なく、比較的オープンに語ることができ、またそれを実現しやすいと感じています。若手であってもプロジェクトを主導し、新しいチャレンジをあと押ししてくれる職場です。だからこそ、これからの神戸がどうなるか。私自身も楽しみで仕方ありません。