神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

消防

WORKS

13

  • TOP
  • 職種紹介
  • 消防

消防の仕事

消火活動や救急、救助活動 はもちろんのこと、台風や地震などの大規模災害に備えて、 普段から防災福祉コミュニティと連携した地域防災力の向上に取り組んでいます。また、事業所の自主防火防災体制の強化など、"予防"の取り組みを推進し、「神戸市民の命」と「神戸のまち」を守ります。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

未来の火災を防ぐため、
原因調査も徹底的に。

消防では消火活動だけでなく、火災が発生した原因と状況を調査・分析し、類似火災の再発防止や、効果的な消防活動の資料として役立てています。毎年総務省消防庁が主催する「消防防災科学技術会」において、神戸市は「原因調査に関する事例報告」区分で、7年連続優秀賞を受賞。また、神戸市消防局の魅力を発信することを目的とし、広報PRにも取り組んでいます。

01

ピックアップ事業
津波・大規模風水害対策車両

近年、大雨や台風により各地で河川の氾濫など大規模な水害が発生しています。水際の安心・安全を向上させるため、高い水難救助技術をもつ隊員が、水陸両用バギーを始めとした、水の事故に特化した資機材を活用し、市内全域対応する水難特別救助隊(愛称:Water Search and Rescue unit)を運用しています。

津波・大規模風水害対策車両

津波・大規模風水害対策車両

津波・大規模風水害対策車両

02

ピックアップ事業
消防コラボグッズによる予防広報

時計や万年筆、パーカーやトートバッグ等のアパレル雑貨など、多くの企業とコラボレーショングッズを制作するという新しいアプローチ手法で防災情報等の発信に取り組んでいます。また、現場で活動する隊員の様子だけでなく、普段見る機会のない火災予防業務を発信する神戸市消防局広報PR動画「守りたい街がある」を公開しています(URL: https://youtu.be/vMbHr0rli48)。

ナガサワオリジナル限定万年筆「KOBE 消防」/ G-SHOCK緊急消防援助隊モデル

ナガサワオリジナル限定万年筆「KOBE 消防」/ G-SHOCK緊急消防援助隊モデル

ナガサワオリジナル限定万年筆「KOBE 消防」/ G-SHOCK緊急消防援助隊モデル

自分が生まれ育ったまちの
安全・安心を守れることに、
誇りとやりがいを感じています。

新家 佳也汰

神戸市長田消防署
消防防災課

平成29年度入庁
[高校卒・消防]
(※令和元年度時点)

新家 佳也汰

SHINKE KAYATA

消防係に所属し、火災現場での消火活動と、地域で避難訓練を実施する防災福祉コミュニティに関する業務を担当しています。1日の勤務時間が24時間という長丁場です。いつ起こるかわからない災害にいつでも臨めるよう、メリハリをつけて仕事をしています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    9:30

    部隊交代、点呼、車両・資機材の点検

  • 10:30

    訓練

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    事務作業 署外パトロール

  • 17:30

    トレーニング

  • 19:00

    夕食

  • 19:45

    ミーティング、事務作業等

  • 23:15

    仮眠

  • 5:30

    朝食、事務作業 清掃、申し送り等

    部隊交代
    9:30

初心を忘れず、万全の体制で臨める。

配属されてから、はじめて火災現場に行ったときのことは、とても印象に残っています。規模としては小さかったのですが、目の前に広がる炎が怖かった。けれど、この「怖い」という気持ちを大切にしないといけないと実感しました。恐れを抱くから常に警戒することができる。これからも気を緩ませることなく、日頃から万全の準備をしておこうと思えるからです。

新家 佳也汰

新家 佳也汰

めざすは、頼もしい消防士。

まだまだわからないことも、できないこともあります。そうした一つひとつを克服し、新しい技術を習得して一歩一歩着実にステップアップしていきたいと思います。また、いろいろな資格取得もめざしています。現場はもちろん、事務作業などあらゆる場面で頼りにされる消防士になりたいと考えています。