神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

市長メッセージ

MESSAGE

  • TOP
  • 市長メッセージ

神戸市長 久元 喜造

神戸市長 
久元 喜造

神戸は日本を代表する大都市であり、海と山、魅力ある街並み、そして、美しい田園に恵まれたすばらしい街です。また、明治の開港以来、新しい気風や多彩な文化を取り入れながら、神戸独自のブランドを確立し、国際都市神戸として発展を遂げてきました。令和2年(2020年)は、阪神・淡路大震災から25年という節目の年となります。震災から得た経験や教訓を風化させず、次の世代に引き継いでいかなければなりません。

新しい「令和」の時代の到来を機に、神戸が新たな時代にふさわしいまちとして、人間が大切にされる「人間スケール」のまちとなるよう、都市の魅力を磨き、ブランド力を一層高めていくことが重要です。
震災から四半世紀、この間、復興や財政再建を優先せざるを得なかったために手をつけられなかった公共空間やまちの佇まいをリノベーションし、まちの質・くらしの質を向上させ、見違えるような神戸のまちを、市民とともにつくりあげていきます。

社会情勢が大きく変化していくなかで、今、行政に求められていることは、進化し続けるテクノロジーを最大限に活用しながら、市民の声を敏感に受け止め、練り上げられた政策を適切かつ迅速に判断、実施することです。そして、分かりやすい情報発信を行っていくことです。そのために、やる気と可能性に満ち溢れた皆さんの新しい力を必要としています。

神戸には皆さんの活躍のフィールドが広がっています。ともに神戸のまちを、神戸の未来を創っていきましょう。

神戸市が求める人材像

TYPES OF PERSONNEL SOUGHT

「あなたの個性が神戸の個性」

多様な個性が響き合い、神戸の強みが生まれる。

図/チャレンジ精神・リーダシップ・デザイン力

すべての職員が備えるべき「基礎的な資質」

  • 高い倫理観

    法令を遵守し、社会規範に則り公正に行動し、市民の信頼を得ることができる。

  • 社会を変えようという
    意欲

    社会の矛盾を受けとめ、社会を全力で変えていこうという意欲がある。

  • 神戸で働くことへの
    熱い想い

    神戸市政に従事することに対し情熱を常に持ち続けることができる。

  • 自ら考えて行動し、
    最後までやり抜く力

    神戸市民の目線に立って、神戸市政が抱える行政課題を、さまざまな視点から自ら進んで見出し、自ら解決する気概を有し、最後までやり遂げることができる。

  • チームの一員として
    自らの役割を
    果たそうとする責任感

    市民の信託に応える責任感を常に有し、チームとしての和を保ちながら行動できる。

  • コミュニケーション能力
    「聴く力、伝える力」

    さまざまな異なる意見や考え方に対し、真摯に傾聴し、意見交換などの場で的確に説明をしながらコミュニケーションをとり、その解決策を導き出し、市民に寄り添うことができる。