神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

福祉

WORKS

02

  • TOP
  • 職種紹介
  • 福祉

福祉の仕事

各福祉施策の企画立案、各区保健福祉部における生活保護の決定・実施、児童・高齢者・障害者・生活困窮者等の福祉に関する相談援助業務、こども家庭センター・療育センター・障害者福祉センター等における各種相談業務を行います。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

一人ひとりの自立をめざし、
安心の暮らしをサポートします。

中央区保健福祉部生活支援課では、障害(病気)、高齢、失業などさまざまな理由により生活に困窮した方々へ、生活保護の制度に基づき、自立への支援を行っています。生活保護の利用者さまの暮らしと命の安全を守るために、さまざまな関係機関との連絡・調整が主な業務です。職場のフロアには、6つの生活保護担当係、1つのくらし支援係(主に新規受付の面接等を担当)、1つの事務係がまとまっているため、コミュケーションがとりやすく風通しのよい環境です。

01

ピックアップ事業
こども家庭センター

こどもの人生に関わり、健やかに育っていけるように
環境を整える大切な役割を担います。

こどもが健やかに育つように、こどもの育て方や親子のあり方を共に考え、こどもの問題をどう解決するか、支援します。寄せられる相談は、虐待、非行、不登校、発達の遅れ、親の病気等で家庭で育てられない、といった様々なものがあります。相談への対応は、児童福祉司が受け、ケースに応じて、児童心理司、医師がチームとなって、発達検査やカウンセリング等を通じ、問題解決に向けて取り組みます。

発達検査室/一時保護所(居室)

発達検査室/一時保護所(居室)

発達検査室/一時保護所(居室)

02

ピックアップ事業
区役所保健福祉部

一人ひとりが安心して暮らせるように、
様々な制度を活用して最適な支援のかたちをつくります。

区役所保健福祉部には、「健康福祉課」「こども家庭支援課」「生活支援課」があります。
市民からの相談を受け、福祉に関する手当の支給やサービス提供、施設入所等の手続きの業務を行います。
福祉は保健師など他の専門職や関係機関とも連携し、寄り添いながら自立に向けた支援を行っています。
また、全区に「くらし支援窓口」を設置し、生活困窮者の自立支援にも取り組んでいます。

区役所保健福祉部窓口

区役所保健福祉部窓口

お困りごとの力になれる、
生活保護制度の
スペシャリストをめざします。

中村 大介

中央区保健福祉部
生活支援課

平成27年度入庁
[大学卒・福祉]
(※令和元年度時点)

中村 大介

NAKAMURA DAISUKE

生活保護担当ケースワーカーとして、さまざまな生活の状況に応じた生活保護の扶助を行なっています。私が担当している具体的な業務は、窓口や電話における相談業務、居住環境や生活実態を調査するための訪問業務、介護・医療・学校などとの調整業務になります。午前中は庁内での来客や電話対応に、午後は家庭訪問や施設訪問など外出するスケジュールが多いです。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:00

    当日の訪問予定とケースについての予習

  • 9:00

    来客等の対応、電話対応、ケースについて課長と協議

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    家庭訪問や施設訪問

  • 16:30

    訪問の記事や保護費の変更資料を作成

    退庁
    18:30

素早い対応を心がけ、
一人ひとりに安心を。

生活保護に関する相談業務は、利用者さまの人生に深く関わる仕事です。一人ひとりのお困りごとに対して、“すぐに動こうとする”姿勢があるかないかで、その人の安心や信頼関係につながるものと常に意識しています。さまざまな人脈・ネットワークを築き上げ、一人でも多くの自立した生活の一助になりたいですね。

中村 大介

中村 大介

利用者さまの目標の、
少し先を提案する。

生活保護の制度は、幅広い知識を保有していればいるほど、利用者さまにとって適切な判断や対応ができます。それぞれの多様なニーズを確認しながら、その人が目標とする進路の半歩先を提案できるようなケースワーカーをめざしたい。そのために、わからないことは、ひとつ残らず勉強していくつもりです。