神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

主要プロジェクト紹介

MAJOR PROJECT

都心・三宮の再整備

PROJECT

01

  • TOP
  • 主要プロジェクト紹介
  • 都心・三宮の再整備

より豊かに、新しく生まれ変わる三宮。
市民とひとつになり「選ばれるまち」を創ります。

未来の神戸をみんなでつくる。神戸市のまちや経済を大胆に活性化し、「選ばれるまち」になるために。2015年、その軸となる神戸の都心の未来の姿「将来ビジョン」と、三宮周辺地区の「再整備基本構想」を策定。さらに2018年9月には、快適で利便性が高く、美しい景観が備わり、さまざまな市民の活動や交流が生まれる駅前空間「えき≈まち空間」の実現に向けた基本計画を策定しました。市民のみなさんの意見やアイデアを採り入れながら、神戸の玄関口・三宮の魅力を向上させていく非常に重要なプロジェクトです。

神戸がかわる都心再整備

都心の再生に向けた主な取り組み

01

三宮クロススクエアの整備

三宮周辺に分散する6つの鉄道駅やバスの乗降場などとまちを繋ぐ空間を「えき≈まち空間」とし、三宮交差点を中心にフラワーロードと中央幹線の一部を人と公共交通優先の空間「三宮クロススクエア」として整備します。三宮駅前に居心地のよい空間をつくりだす、都心再整備の中核を担う重要なプロジェクトです。

自動車中心から人と公共交通優先の空間に転換する三宮クロススクエア(イメージ)

02

神戸阪急ビル東館

阪急電鉄株式会社が「神戸阪急ビル東館」として高さ約120mの駅ビルを建設(2021年完成予定)。神戸の新たなランドマークが誕生するのに合わせ、駅周辺がより魅力的な空間となるよう協議。駅間の乗り換えの利便性を向上させるなど、人が行き交いやすい公共空間の創出を目指しています。

03

さんきたアモーレ広場の再整備

さんきたアモーレ広場(通称:パイ山・デコボコ広場)は、神戸の待ち合わせ場所として親しまれてきました。神戸の玄関口にふさわしい、より多くの人に愛される空間となるようコンペによりデザインを募集し、広場のデザインを決定しました。神戸阪急ビル東館開業にあわせ、供用開始予定。

さんきたアモーレ広場の再整備

04

サンキタ通りの再整備

サンキタ通りは、夕方から夜間にかけての歩行者交通量が非常に多く、歩行者の乱横断も多いという交通安全上の課題があります。そこで歩行者の回遊性を向上させ、さらなるにぎわいを創出するため、さんきたアモーレ広場と一体となった歩行者中心の魅力的な空間へ再整備します。

サンキタ通りの再整備

05

西日本最大級のバスターミナルの整備

三宮駅周辺に分散しているバス乗降場から1日あたり約1,700便の中・長距離バスの発着が行われています。このバス乗降場を1箇所に集約。西日本最大級となる中・長距離バスターミナルとして整備します。

中・長距離バスの乗降場を集約した新たなバスターミナル。2025年度頃完成予定(イメージ)

中・長距離バスの乗降場を集約した新たなバスターミナル。2025年度頃完成予定(イメージ)

06

葺合南54号線の整備

道路の利用状況に合わせた「道路のリデザイン」の取り組みのひとつ。歩道拡幅やベンチ、花壇などの環境整備を行い、「人」中心の空間づくりを進めます。車道を緩やかな曲線を描くように設計することで、車両のスピードも抑えられるよう計算しています。

車線や停車帯を減らし、人優先の空間を創出。

車線や停車帯を減らし、人優先の空間を創出。

07

東遊園地の整備

公園などの公共空間を有効活用する取り組みのひとつ。都心の貴重な緑のオープンスペース・東遊園地において、「アーバンピクニック」や「ファーマーズマーケット」など、公共のスペースを上手に使っていく取り組みが市民活動として始まっています。

神戸産農産物の購入や朝食が楽しめるファーマーズマーケット

神戸産農産物の購入や朝食が楽しめるファーマーズマーケット

「人が主役の公園-公園が人と人をつなぐ-」「‘神戸らしさ’が光る公園-公園が山・海・まちをつなぐ-」「‘しなやかな器’となる公園-想いやしくみをつなぐ-」という3つのコンセプトに基づき、2018年度から再整備に向けた設計に取り組んでおり、2021年度から再整備工事に順次着手。2023年度に公園全体のリニューアル完成を予定しています。

08

三宮プラッツ

神戸の都心三宮と元町をつなぐ三宮中央通りに位置する、地上と地下をつなぐ半地下屋外広場。持続的な「にぎわい」と「憩い」を創出する空間となるようリニューアル工事を進めています。

いくつもの鏡を組み合わせたような特徴的な屋根を設置し、三宮プラッツでの活動を映し出すことでにぎわいを地上に拡散します。
また、地上と地下を結ぶ階段の一部をベンチ化し、憩いの空間としての機能も持たせます。

09

都心内を快適に回遊できる新しい交通システム

三宮・元町駅周辺、メリケンパークなど16拠点に設置した、自転車シェアリングサービス「コベリン」。電動アシスト自転車が100円から気軽に利用可能。買い物や観光に自転車を活用することで、神戸の街をより広い範囲で巡ることができます。他にも、新たな公共交通システム(LRT・BRT)の導入検討として、連節バスの運行社会実験などを実施。2021年度の本格運行を目指しています。

三宮駅の課題を、魅力に変える。
新しい神戸の“顔”を創ります。

小畑 博史

都市局都心再整備本部
都心再整備部
都心三宮再整備課

平成25年度入庁
[大学卒・土木]
(※令和元年度時点)

小畑 博史

OBATA HIROSHI

神戸の都心の未来の姿「将来ビジョン」、三宮周辺地区の「再整備基本構想」、神戸のシンボルとなる駅前空間「えき≈まち空間」の実現に向けた取り組みを推進しています。これらプロジェクトのなかで私が担当しているのは、「えき≈まち空間」の整備に向けた計画策定と民間事業者や地域の方々との協議・調整業務です。自分が計画していることが、将来の神戸の顔になる。その責任とやりがいを感じながら、日々の業務に尽力しています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:30

    メールチェック等

  • 9:00

    再整備に関する課内での打合せ

  • 10:00

    民間事業者との打合せ

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    委託事業者との打合せ

  • 14:00

    関係部署・機関との打合せ

  • 16:00

    資料作成

    退庁
    17:30

綿密な協議と調整が、
未来の景観を生む。

三宮の駅周辺には、「乗り換え動線がわかりくい」「駅から周辺のまちへのつながりが希薄」「玄関口にふさわしい特色ある景観がない」といった課題があります。「えき≈まち空間」の整備は、そんな課題を解決し、三宮の魅力向上を担う重要なプロジェクトです。自分の所属する部署だけで完結する規模ではありません。だからこそ、計画段階における他部署との協議、調整を綿密に行うことを第一に心がけています。

小畑 博史

小畑 博史

新しい神戸を、この目で見たい。

職場には経験豊富な上司や先輩が多く、わからないことがあれば、とにかく聞きます。納得がいくまで質問し、それにとことん付き合ってくれる。そんな恵まれた環境で、夢のある大規模なプロジェクトが次々と進められています。自分たちが計画に携わった新しい神戸を、早くこの目で見てみたい。未来を想像しただけで、ワクワクがとまりません。