神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

造園

WORKS

08

  • TOP
  • 職種紹介
  • 造園

造園の仕事

都市 公園や街路樹、街かどの緑化・飾花などに関する計画、設計、工事 監督、管理、民間指導や支援が主な仕事です。市民や事業者の参画を得ながら、緑やオープンスペースの持つ機能を最大限活かしたまちづくりを進めています。神戸のシンボルである六甲山については、長期的な視点で森林の保全や育成、利活用に取り組んでいます。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

神戸の緑のシンボルを、
次の世代に届けるために。

東遊園地の再生では、芝生化や緑のオープンスペースを活かし、若い世代や神戸を訪れた人々が楽しめること。そして、歴史や文化に親しめる公園をめざしています。また、神戸のシンボル六甲山を、美しく健全な状態で次世代に引き継ぐための六甲山森林整備戦略を推進。ハイキング道や園地の整備や市民参画イベントの実施など、民・学・産・行政が一丸となって森林の保全・育成に取り組んでいます。

01

ピックアップ事業
東遊園地のリノベーション

都心の顔となる公園を再生することで、
街のにぎわいを創出し、若者に魅力ある都心づくりを進めるプロジェクト。

国内で最も古い公園の一つで神戸の都心・三宮の中心に位置する「東遊園地」において、芝生化などの社会実験を行いながら、緑のオープンスペースとしてのポテンシャルを最大限引き出し、若い世代が生き生きと活躍できる公園、神戸を訪れた人々が楽しめる公園、歴史や文化に親しむ公園へのリノベーションを目指しています。

東遊園地の芝生広場/公園の利活用(にぎわい拠点施設イメージ)

東遊園地の芝生広場/公園の利活用(にぎわい拠点施設イメージ)

東遊園地の芝生広場/公園の利活用(にぎわい拠点施設イメージ)

02

ピックアップ事業
六甲山森林整備戦略の推進

神戸市のシンボルである六甲山を守り育てるために、
民・学・産・行政が一丸となって森林の保全・育成に取り組んでいます。

植林がはじめられてから110年以上が経過した六甲山。この神戸のシンボル六甲山を、美しく健全な状態で次世代に引き継いでいくために六甲山森林整備戦略を作成し、森の手入れや作業で発生した間伐材の活用など様々な取組みを行っています。また、国立公園でもある六甲山の魅力を高めるため、ハイキング道や園地の整備を進めると共に、市民参画イベントなどを実施し、民・学・産・行政が一丸となって森林の保全・育成に取り組んでいます。

森林調査/六甲山の間伐材の活用(案内マップ)

森林調査/六甲山の間伐材の活用(案内マップ)

森林調査/六甲山の間伐材の活用(案内マップ)

子どもたちの笑い声が響く。
市民のみなさんに愛される、
憩いの公園を守ります。

高寺 諒平

建設局垂水建設事務所

平成29年度入庁
[大学卒・造園]
(※令和元年度時点)

高寺 諒平

TAKATERA RYOHEI

公園や緑地の維持管理が、私の担当する仕事。市民の方からの通報や職員のパトロールを通じて、さまざまな事態に対応しています。約70もの公園のメンテナンスを行っているため、現場作業も多いです。数が多いので、手際のよさや効率が求められる業務でもあります。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:30

    メールチェック

  • 9:00

    業者連絡 通報対応

  • 10:00

    通報現場確認

  • 11:30

    現場確認時資料整理

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    担当工事現場確認

  • 15:30

    書類作業

  • 17:00

    業者連絡 通報対応

  • 18:00

    工事書類確認、作成

    退庁
    18:30

公園管理のすべてを学べる。

学生時代に専攻していた公園やオープンスペースの研究を活かしたい。また、地元で働きたい思いが強く、神戸市役所へ。公園や緑地の設計・施工から利用者の要望対応まで一体的に携われることは、非常に勉強になります。災害対応にも出動するため、さまざまな事態に対応できる力が備わります。

高寺 諒平

高寺 諒平

地道なメンテナンスが、
笑顔をつくる。

日々、公園を見廻るなかで、危険なところがないかチェックしたり、遊具を整備したり。大変なこともありますが、子どもさんが楽しそうに遊んでいるのをみると、やっててよかったなと思います。これからも公園工事の経験を積みながら、市民に愛されるまちづくりに貢献していきたいです。