神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

農業

WORKS

08

  • TOP
  • 職種紹介
  • 農業

農業の仕事

神戸ビーフをはじめ、ホウレンソウ、キャベツなどの野菜、米、新鉄砲ゆり、イカナゴなどの農水産物の生産振興を図るとともに、食を軸とした新たな都市戦略「食都神戸」の推進や、豊かな自然環境の保全と農村環境の整備などを進め、農村地域へ新たな人を呼び込み、移住・定住につなげる「神戸・里山暮らし」などが主な仕事です。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

神戸のポテンシャルを活かした、
グローカルな取り組みを推進。

「食都神戸」の推進事業では、ファーマーズマーケットの開催など地産地消のライフスタイル化をすすめるローカルプログラムと、農水産物をはじめとした「神戸の食」を世界に発信するグローバルプログラムを実施。また、“里山暮らし”の地域活性化の一環として、農業の担い手を育成する支援制度も実施。若い就農者を増やすことで新たな神戸の活力が生まれようとしています。

01

ピックアップ事業
「食都神戸」の推進

神戸市が新しい食文化の発信地として、世界の人々が集い、食で賑わう街になることを目指します。

県下有数の農漁業地域であり、様々な農水産物が生産されているとともに、食にこだわりのある消費者が多く、全国でもトップレベルの飲食店が集まっています。この神戸の持つポテンシャルを活用し、①ファーマーズマーケットの開催など地産地消のライフスタイル化をすすめるローカルプログラム、②農水産物をはじめとした「神戸の食」を世界に発信するグローバルプログラムにより、神戸の食ビジネスを育て、食ビジネスを活かし、食を軸とした新たな都市戦略として世界に誇る食文化の都「食都神戸」を推進しています。

農漁業者と消費者の交流の場として開催したファーマーズマーケット/香港Food Expo出展の様子

農漁業者と消費者の交流の場として開催したファーマーズマーケット/香港Food Expo出展の様子

農漁業者と消費者の交流の場として開催したファーマーズマーケット/香港Food Expo出展の様子

02

ピックアップ事業
神戸・里山暮らしの推進

都市部と農村地域がとても近い神戸市の特徴を活かして里山の魅力を発信し、神戸市全体の活性化を図ります。

都市部と農村地域がとても近い神戸市の特徴を活かし、現在、農村地域への一時的な訪問・交流をきっかけとして、移住・定住や起業に繋がる施策を実施しています。農村に暮らしながら都心部の便利さも享受する、神戸ならではの“里山暮らし”の実現を図る事業を推進し、地域の活性化に取り組んでいます。さらに、農業の担い手を育成する支援制度も実施。若い就農者を増やすことで新たな神戸の活力となる、将来へと繋がる農政に取り組んでいます。

神戸市の農村風景/農村地域における空家の活用事例

神戸市の農村風景/農村地域における空家の活用事例

神戸市の農村風景/農村地域における空家の活用事例

都市部の消費者の方々に
神戸の農産物のことをもっと知ってもらい
魅力をPRしていきたい。

内田 夕貴

北農業振興センター

令和2年度入庁
[大学卒]
(※令和3年度時点)

内田 夕貴

UCHIDA YUKI

神戸市内でも農業が盛んな北区で、特産品である山田錦(酒米)や野菜、花きの生産振興に関する仕事に携わっています。農家の方々との関わりを大切にしながら、特産品のさらなる品質向上や生産強化、地域振興作物の推進により、神戸市の農業の活性化につなげたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:30

    メールチェック

  • 9:00

    JA・普及センター担当者との打合せ

  • 11:30

    書類作成・電話対応

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    農地の現地確認
    (農家さんとともに)

  • 16:30

    報告書・会議資料作成

    退庁
    17:30

神戸市北区の特色を生かしたより魅力的な産地づくりを目指しています。

大学は農学部で学び、食にかかわる仕事がしたいと思って神戸市役所に入庁しました。神戸市北区には特色のある農村地域が広がっており多くの農産物が生産されています。酒米である山田錦やいちご、新鉄砲ゆり、山田菊、「北神ブランド」野菜など魅力的な産品が多くあります。地域の良さを生かしながら農産物の生産振興を進めていきたいと思っています。

内田 夕貴

内田 夕貴

農家さんとともに、
神戸の農業を盛り上げたい

現場に足を運ぶと、野菜の生産方法一つとっても地域で異なることを知りました。現地での農家さんとのお話や先輩職員、国・県・JA職員とのやりとりの中で、農業に関する様々なことを日々学んでいます。そこで得た知識や情報をふまえ、実態に沿った提案を農家さんに行い、神戸市の農業を盛り上げていきたいと思っています。