神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

土木

WORKS

03

  • TOP
  • 職種紹介
  • 土木

土木の仕事

企業活動や市民生活、神戸の成長を支える様々な都市基盤施設を守り育て、次世代に引き継いでいます。各職場で携わる仕事は都市基盤施設の整備・管理プ ロセスの一 端ですが、行政としての調整力や専門知識を駆使しながら、構想·計画から設計、施工、維持管理まですべてのプロセスをチーム一丸となって進めています。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

インフラを守り、育て、
神戸の成長を加速させる。

たとえば、道路の使い方。高度経済成長期に自動車交通の発展を見据え、その需要に応える車中心の道路整備を進めてきましたが、道路空間の使い方に対するニーズが変化しています。そこで、市民と一体となり「道路空間のリ・デザイン」に取り組んでいます。また、渋滞解消や災害時の緊急輸送に備えた高速道路の事業化や津波対策事業など、インフラを支えるためのプロジェクトを進めています。

01

ピックアップ事業
<道路>道路空間のリデザイン

「道路空間の使われ方」を職員と市民が一緒になって考え、再構築する「道路空間のリデザイン(Re:Design)」を進めています。

高度経済成長期に自動車交通の発展を見据え、その需要に応える車中心の道路整備を進めてきましたが、道路空間の使い方に対するニーズが変化し「道路空間はこのままでいいのか?」という課題に直面しています。
そこで「道路から市民生活を豊かにしていこう」と考え、様々なアイデアが生まれています。有効に使われていない停車帯を憩いの空間として生まれ変わらせた「KOBEパークレット(全国初)」や、公募により選ばれた整備イメージを提案した学生と一緒に考えながら具体化している「元町駅前再整備」など、職員の創造力と創意工夫がどんどん形になっています。

利用頻度の低い停車帯を憩いの空間にした「KOBEパークレット」

利用頻度の低い停車帯を憩いの空間にした「KOBEパークレット」

利用頻度の低い停車帯を憩いの空間にした「KOBEパークレット」

02

ピックアップ事業
<港湾>国際コンテナ戦略港湾

コンテナ船の大型化が進展する中、神戸港が世界の船会社から引き続き選択される港湾を目指すために、船舶の大型化に対応し、AI、IoTを活用した最新鋭の港湾施設整備等を行っていきます。

神戸港は北米・欧州をはじめとする世界各国をつなぐ航路網が形成されており、神戸経済はもとより西日本経済を支える港湾として、ハード・ソフトの様々な施策を行っています。今後も北米・欧州等向けの航路を維持・拡大していくためには、大水深高規格コンテナターミナル等の物流インフラの整備と合わせて、神戸港に貨物を集貨するため、神戸港と西日本諸港をつなぐ内航フィーダー航路や物流倉庫等の誘致を行っていきます。

現在の神戸港/30年先を見据えた神戸港が目指すべき姿

現在の神戸港/30年先を見据えた神戸港が目指すべき姿

現在の神戸港/30年先を見据えた神戸港が目指すべき姿

まちの一部となり、人を支える。
暮らしやすさに、道路整備で貢献します。

伊藤 朗

建設局道路部工務課

平成29年度入庁
[大学卒・土木]
(※令和元年度時点)

伊藤 朗

ITO AKIRA

本課の仕事は、市内の道路行政について、道路の新設・維持管理・更新を行うために、予算の確保や基準の策定、関係部局との調整、事業進捗の管理などを行うこと。また、私が所属する交通安全施設係では、交通安全対策や道路のバリアフリー化、標識の整備、憩いや賑わいを創出するためのベンチ整備や駅前広場整備など、多岐にわたる道路整備に取り組んでいます。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:30

    メールチェック

  • 9:00

    資料作成や準備

  • 10:00

    他部署や業者との打合せ

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    調整

  • 13:30

    現地調査

  • 16:30

    係会議

  • 17:30

    調査結果の取りまとめ

    退庁
    18:30

ホウ・レン・ソウ。
まずは基本を大切に。

具体的には、道路上の点字ブロックの整備や、歩行者の方が歩きやすいよう案内サインの整備をしています。工事完了までのスケジュール管理、段取り、「報・連・相」を怠らず、現場の建設事務所が工事の実施に困らないよう調整することが私の大切な仕事です。

伊藤 朗

伊藤 朗

一歩一歩に着実に、仕事を進める。

日々スピード感が求められるなか、確認が甘くなっていないか。スピードと正確性のバランスを取りながら進めることについて、着実に進めなければなりません。自分の携わる仕事が、まちの一部として残っていく。その責任とやりがいを感じながら、人としても成長していきたいです。