神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

建築

WORKS

04

  • TOP
  • 職種紹介
  • 建築

建築の仕事

市民のすまい・まちづくりに総合的に関わることが主な仕事です。具体的には①すまいやまちづくりに関する政策立案、相談·情報提供②耐羹化やバリアフリー化の支援③建築基準法をはじめとする法令による建築物の規制・誘津④市営住宅や公共建築物の企画、設計·工事監理及び維持保全⑤市民・事業者との協働によるまちづくりの推進などに取り組みます。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

神戸が誇る景観を、
さらなる魅力に変えて発信!

神戸らしい景観の保全・育成、都心・ウォーターフロントエリアの夜間景観づくりをはじめ、開港以降に建てられた近代洋風建築物や茅葺民家などの歴史的建築物等の保全活用。海と山の恵まれた自然や、特色のある地形を活かした、神戸の魅力づくりを進めています。また、屋外広告物などの景観のルールづくりを市民とともに考え、市民活動を支援するなど、景観への高い意識の醸成と普及にも努めています。

01

ピックアップ事業
市街地再開発事業(鈴蘭台駅前エリア)

市民の身近な暮らしに直結した施設整備を通し、将来の神戸市の姿をかたちづくります。

地域拠点に位置づけられている鈴蘭台駅周辺の交通安全の確保と、北区の玄関口にふさわしいにぎわいづくりを図るため、市街地再開発事業などの都市計画を決定し、権利者の方や関係機関と協議しながら、駅前整備に取り組んできました。2018年9月、北区役所新庁舎が入居した再開発ビルがオープンし、2020年度中の再開発事業完了を目標に駅前広場及び周辺道路の整備を行っています。

鈴蘭台駅前再開発ビル

鈴蘭台駅前再開発ビル

02

ピックアップ事業
景観行政~神戸らしい景観をまもり、そだて、つくる

全国に誇れる魅力的な景観が多数点在する神戸市の「らしさ」を守り、さらなる魅力づくりに取り組みます。

海と山の恵まれた自然や変化に富んだ地形など神戸らしい多様なまちの特性を活かした魅力づくりに取り組んでいます。神戸らしい景観の保全・育成や、都心・ウォーターフロントエリアの夜間景観づくりをはじめ、開港以降に建てられた近代洋風建築物や茅葺民家などの歴史的建築物等の保全活用も進めています。
また、屋外広告物などの景観のルールづくりを市民と共に考え、市民活動を支援するなど、景観への高い意識の醸成と普及にも努めています。

複数

旧居留地地区

複数

ヴィーナステラスからの眺望

安心・安全な建物を整備する。
住民さんの顔が見えるから、
やりがいもひとしおです。

山本 真帆

建築住宅局住宅整備課

平成28年度入庁
[大学卒・建築]
(※令和元年度時点)

山本 真帆

YAMAMOTO MAHO

住宅整備課の事業計画係では、市営住宅のマネジメント業務を行っています。具体的には、現在は平成22年度に策定した「第2次市営住宅マネジメント計画」の対象になっている市営住宅の事業方針の決定や、建替えや耐震改修までの調整、国の補助金申請管理をしています。事業は一人では進められないので、日々さまざまな内容について事業者や地域の方、庁内の関係部署と打ち合わせをしています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:35

    メールチェック

  • 9:00

    書類作成

  • 10:00

    事業者会議

  • 11:00

    書類作成・電話対応

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    打ち合わせ

  • 17:00

    事務作業

    退庁
    18:30

人と人のつながりもつくっている。

私が担当している市営住宅は生田川近隣にあるものをはじめ、ぜんぶで9箇所。なかには北区の北鈴蘭台駅西側にある市営桜の宮住宅のように、敷地面積約14haと市内最大規模の市営住宅もあります。現在建て替えを行っている住宅に、これからどのようなコミュニティが生まれるのか。完成がとても楽しみです。

山本 真帆

山本 真帆

知識に裏付けされた
〝住みやすさ〟を届けたい。

仕事を進めるうえで庁内外問わず、コミュニケーションがとても大事だと思っているので、明るく丁寧に対応できるように心がけています。職場も、頼りになるベテランの方からフレッシュな若手まで揃ったとても活気のあるところ。周囲からも色々学びながら、まずは知識を増やしたい。そして、住宅を通じて市民の安全を守っていきたいと考えています。