神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

職種紹介

WORKS

総合設備[機械]

WORKS

06

  • TOP
  • 職種紹介
  • 総合設備[機械]

機械の仕事

主に上下水道・ゴミ焼却等のプラント施設、地下鉄・市バス等のインフラ施設、庁舎・小中学校等の公共建築物など施設設備の計画、設計、工事監理、保守保全、運営等の業務に従事し、行政職員としての総合的な調整力や技術力を活用しながら安全・安心で快適な市民の暮らしを支えています。機械の主な内容は、各種プラントをはじめ、空調・給排水・自動制御などがあります。

ショートムービーサムネイル

仕事の様子をショートムービーでCheck!

安定の技術力で、
これからの資源を
安全に活用する。

下水処理プラントの建設や改築更新、保守管理を通して市民のみなさんの暮らしを支えています。最先端技術により下水道から生まれた再生可能エネルギー「こうべバイオガス」の活用、下水汚泥からリンを回収するなど、下水道資源の活用に積極的にも取組んでいます。

01

ピックアップ事業
プラント整備~くらしの安全・安心を守る

毎日の暮らしに欠かせない下水道事業を通じて、エコ時代の新たな取組みに挑戦しています。

下水処理プラント設備や豪雨による浸水から街を守る雨水ポンプ設備の建設・改築更新・保守管理を通して、神戸市の安全・安心で快適なくらしを支えています。下水を処理する過程で発生したバイオガスによる発電や下水汚泥からリンを回収するなど、下水道資源の有効活用に積極的に取り組んでいます。

雨水ポンプ(中突堤ポンプ場)/消化ガス発電設備(玉津処理場)

雨水ポンプ(中突堤ポンプ場)/消化ガス発電設備(玉津処理場)

雨水ポンプ(中突堤ポンプ場)/消化ガス発電設備(玉津処理場)

02

ピックアップ事業
プラント整備~ごみを資源に暮らしを支える

毎日の暮らしで出るごみを発電に利用し、未来へつなぐ循環型『クリーンセンター』を目指しています。

環境局では、クリーンセンターのごみ焼却プラントを運転管理し、市民の暮らしを支えています。ごみをただ燃やすだけではなく、蒸気タービン発電によって回収する電気エネルギーは約6万世帯分相当(兵庫区全世帯数と同等)になり、エコ社会に大きく貢献しています。クリーンセンターを効率よく運用するための計画、点検整備、修繕、改良、大規模更新、建設工事などの業務を通じ、多岐にわたる技術を磨いています。

蒸気タービン/中央管制室(港島クリーンセンター)

蒸気タービン/中央管制室(港島クリーンセンター)

蒸気タービン/中央管制室(港島クリーンセンター)

まちのインフラを支えるための、
スピーディーな対応力が身につきます。

藤原 立詞

建設局西水環境センター
西神施設課

藤原 立詞
[大学卒・機械]
(※令和元年度時点)

藤原 立詞

FUJIWARA TATSUSHI

私が勤務する西水環境センター西神施設課(玉津処理場)は、神戸市西区の下水処理場です。主に施設の機械が安定して運転できるよう、日々、点検・整備・改良・設計業務に取り組んでいます。私は現場に出ていることが多いですが、設計などのデスクワークもあり、さまざまな仕事が経験できる職場でもあります。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:45

    ラジオ体操

  • 8:50

    故障の報告、打ち合わせ

  • 9:00

    事務処理、作業計画を立てる

  • 9:15

    故障の原因調査、分解整備

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    故障対応の続き、機器点検

  • 15:30

    作業改善点の検討

  • 16:00

    機械の補修・改良の設計

    退庁
    17:30

先輩の技術をしっかり見る。

インフラを支える施設であるため、設備に不具合が起こったときに、いかに素早く対応できるかが重要。入庁した頃はわからないことも多く、先輩の考え方や技術を見て必死に勉強しました。継続して学び続けることで、今では故障の原因や整備の技術だけでなく、原理の理解・効率的な改良まで考えられる知識が身についています。

藤原 立詞

藤原 立詞

分解整備の
スペシャリストになりたい。

現在の職場から得られる知識をできる限り身につけたい。そして、どんな複雑な機械でも完璧に分解整備ができる技術の習得をめざしています。そのためには、どんな仕事でも一生懸命取り組むこと。単純に感じる仕事でも理解しようとすれば、疑問や興味がどんどん湧いてきて、その奥深さに感動することもありますから。疑問から知識を増やし、個人でできることの幅を広げることが大切だと考えています。