神戸市職員採用

KOBE(神戸市)

主要プロジェクト紹介

MAJOR PROJECT

輝く子どもたちの
未来を創る

PROJECT

04

  • TOP
  • 主要プロジェクト紹介
  • 輝く子どもたちの未来を創る

より豊かに、新しく生れ変わる三宮。
市民とひとつになり「子育てしやすいまち」を創ります。

誰もが安心して結婚・出産・子育てができるまちへ。人口減少や少子化が深刻になるなか、保護者の育児不安の解消、子育て世帯の経済的負担の軽減、仕事と子育ての両立など、総合的な子育て支援の充実が求められています。神戸市では、「子どもの成長に応じた切れ目ない支援」と「子育てしやすい環境の整備」に取り組むとともに、多様な子育てニーズに応える施策を常に検討しています。

さまざまな子育てのニーズに答えるために

子育てをおこなう環境はひとそれぞれです。多様なニーズに応じて、子育て支援を総合的に推進するために5つの視点に基づいて子育て支援施策を展開しています。

・仕事と子育ての両立支援
・妊娠・出産・子育て期の支援
・特に支援が必要な子どもたち・家庭への支援
・地域における子育て支援・青少年の健全育成
・子育てしやすい社会環境づくりと啓発

01

仕事と子育て両立支援

■保育所等の整備

神戸市では、これまでの5年間で約5,000人の保育定員の拡大を行ってきました。しかし、女性の就労機会の増加に伴い、保育ニーズが増えています。引き続き、保育所等の整備に取り組み、保育定員を拡大していきます。

■保育人材確保対策

質の高い保育の実施と、保育定員の拡大に合わせた保育人材の確保は重要な課題です。神戸市では、人材確保に取り組む施設に対して、保育士の処遇改善や宿舎の借り上げ費用の補助をはじめ、様々な支援を実施。就職フェアや市内の保育所見学ツアーなどのイベントも行い、子どもたちが安心して通える施設づくりに努めています。

市内ではたらく保育士・幼稚園教諭のみなさんを「6つのいいね」で応援。

02

出産前後の手厚い支援

■こべっこウェルカムプレゼント

神戸でお子さんが誕生することは、ご家族だけでなく、市民全体にとっても、とても喜ばしいことです。神戸市人口減少対策「リノベーション・神戸」の取り組みの一環として、お子さんが生まれた世帯に、神戸の魅力がつまった“こべっこウェルカムプレゼント”をお贈りしています。

こべっこウェルカムプレゼント

■妊婦健康診査の助成は20政令都市で最高水準!

妊婦健康診査は健康保険が適用されませんが、生まれてくる子どもとママの健康を守るため妊娠中は14回程度の妊婦健康診査を受けることが推奨されています。神戸市では出産までの経済的負担を軽くするため、12万円を上限に助成を行い、安全安心な妊娠・出産を支援します。

母子健康手帳

03

特に支援が必要な子どもたち・家庭への支援

増加する児童虐待へ対応するため、区役所、こども家庭センターなど、関係機関の連携を強化し、虐待の早期発見・対応・未然防止・再発防止等の取り組みを推進しています。

また、社会的養育支援として、里親委託率を向上させるとともに、社会的養育の下で生活する子どもたちが健やかに育ち自立できるよう、入所中から退所後までの一貫した支援に取り組んでいます。

04

地域における子育て支援

■屋内ひろば「こべっこあそびひろば」「おやこふらっとひろば」開設

地域における子育て支援の一環として、北区岡場駅前に「こべっこあそびひろば」、兵庫区役所新庁舎に「おやこふらっとひろば」をオープンしています。「こべっこあそびひろば」では、就学前の子どもたちが遊びを通じて体力・知力の向上を図ることができます。また、「おやこふらっとひろば」は、乳幼児健診や育児相談などで区役所を訪れた際に、気軽に「ふらっと」立ち寄ることができ、子育て相談もできます。

「おやこふらっとひろば(全区に設置予定)」

■児童館、学童保育

神戸市には、子育て中の親子がいつでも気軽に訪れることができ、子どもの年齢に応じた遊びや学びができる児童館が123館もあります。児童館では、地域で子育て中の親子の交流促進や育児相談等を実施し、子育ての孤立感、負担感の解消を図り、地域での子育てを支援しています。また、放課後における児童の健全育成を目的とした放課後児童クラブ(学童保育)を運営しており、学童を必要とする希望者全員を受け入れています。

保護者の子育てと仕事の両立を支援する放課後児童クラブ(学童保育)

05

子育てしやすい社会環境づくりと啓発

■子育て応援サイト『ママフレ』による情報発信

子育て支援施策は、必要とされる方に必要な情報を確実に届けることが重要です。 このため、神戸市では、子育て応援サイト「ママフレ」を見やすくわかりやすいようにデザインし、行政サービスを子どもの年齢・目的に応じて検索できる機能を追加するなど、利用者が希望する情報にたどり着きやすいように紹介しています。
また、神戸市の子育て施策等を100個にまとめて紹介している「子育てするなら神戸!100の理由」や,神戸で子育てする魅力や特徴的な子育て施策を8つのカテゴリーに分けて紹介している「KOBE子育てCollection」を通して、よりわかりやすい情報発信を行っています。

子育て応援サイトから、
安心して子育てできる
まちづくりに貢献したい。

内山 敦美

こども家庭局こども企画課

平成24年度入庁
[大学卒・一般行政]
(※令和元年度時点)

内山 敦美

UCHIYAMA ATSUMI

神戸市では、若い世代が安心して結婚・出産・子育てができるよう、子どもの成長に応じた支援・施策を展開しています。家庭における子育ての負担や不安・孤立感を少しでも和らげたい。そして、そのための支援が神戸市にはあることを知っていただきたい。私は広報担当として、主に子育て応援サイトや子育て施策を紹介するサイトから、神戸で子育てする魅力や子育てに必要な情報を発信しています。

1日のスケジュール

  • 出勤
    8:45

    メールチェック

  • 9:00

    広報プロジェクト事業の打ち合わせ

  • 10:00

    事業者との調整

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    広報物発注作業

  • 15:00

    局内広報関係会議

  • 17:00

    書類作成

    退庁
    18:00

本当に必要とされている方々へ、
情報を届ける。

子育てに関する情報を必要とされているお父さんやお母さんたちに向けて、子育て応援サイト「ママフレ」や妊娠期の体調管理や離乳食などの情報をお届けする「子育て応援メール」で情報発信をしています。 また、子育て施策をわかりやすくまとめた「子育てするなら神戸!100の理由」や神戸で子育てされている方の声を交えて施策を紹介している「KOBE子育てCollection」といったWEBページを展開し、他の部署や民間事業者と連携することで発信方法にも工夫を凝らしながら、広報活動を実施しています。

内山 敦美

内山 敦美

「子育てしやすい」という声が、
何よりの励みに。

どんなによい子育て支援を実施していても、お知らせしないことには子育て世代の方に利用していただくことができません。だからこそ、自分たちが実施した広報を通じて子育て施策を知ったという声を聞いたときにはひと安心。さらに、子育て施策を利用していただき、「神戸は子育てしやすい」と言ったお声を聞くと本当に嬉しく思います。これからも妊娠・出産期から乳幼児期、学齢期と、子どもの成長に応じた切れ目のない支援を実施していきたいと思います。