現在位置

ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 協定・取り組み > まちづくり協定 > 御影浜手まちづくり協定

更新日:2019年11月12日

御影浜手まちづくり協定

ここから本文です。

  • [8月26日]※※※※庁舎が移転しました※※※※
  • [4月1日]郵送による届出の受付を開始しました。
  • [4月1日]「適合(不適合)通知書(はがき)」様式がページ下部からダウンロードできるようになりました。官製はがきに印刷してご利用ください。

位置

東灘区御影塚町1~4丁目、御影石町1~2丁目、3丁目の一部
御影本町1~8丁目、御影浜町の一部


御影浜手地区付近図

諸元

面積

約96ヘクタール

人口

約8,600人

世帯数

約4,400世帯

用途地域

第一種住居地域、準住居地域、第一種中高層住居専用地域、近隣商業地域、準工業地域

協定締結日

平成23年3月10日(神戸市公告第991号)

概要

背景・経緯

神戸市長と御影浜手まちづくり協定委員会は、「神戸市地区計画及びまちづくり協定等に関する条例」に基づき、「御影浜手まちづくり協定」を締結しました。

このまちづくり協定は、より健全な地区環境の形成を図るため、「歴史・文化を活かした“住工共存”のまちづくり」の実現をめざし、建築行為等のルールを定めたものです。

経緯

  • 平成12年 御影地区まちづくり協議会設立
  • 平成19年 まちづくり全般に関するアンケート調査の実施
  • 平成21年~22年 まちづくり協定(案)のアンケート調査の実施
  • 平成22年 御影浜手まちづくり協定委員会設立
  • 平成23年 御影浜手まちづくり協定委員会認定、御影浜手まちづくり協定締結

まちづくり協定区域


御影浜手まちづくり協定区域図

まちづくりの基本目標

歴史・文化を活かした「住工共存」のまちづくり

まちづくりの基本方針

  • 居住環境と生産環境が調和した 明るく活気あるまちなみづくり
  • 水と緑と歴史・文化資源の再生・再興を通したまちへの愛着づくり

協定に定められている内容

建築物の用途の制限

次の用途の建築物は建築してはなりません。
ただし、この協定の締結の際、現に存する下記の用途の建築物の敷地において、原則として同床面積以内の建替、修繕等を行う場合は、この限りではありません。

  • (1)マージャン屋、ぱちんこ屋、その他これらに類するもの(建築基準法別表第2(ほ)第二号に掲げるもの)
    ただし、近隣商業地域内(駅前商業ゾーン)においては、駐車・駐輪場を確保するなど、迷惑駐車・駐輪の防止に配慮する場合はこの限りではありません。
  • (2)ホテル、旅館
  • (3)貸トランクルーム(無人のコンテナで24時間立ち入りが可能なもの)
    ただし、臨海産業ゾーンにおいてはこの限りではありません。
  • (4)危険性や環境を悪化させるおそれがやや多い工場又は貯蔵庫等(建築基準法別表第2(ぬ)第三号及び第四号に掲げるもの)
    ただし、臨海産業ゾーンにおいてはこの限りではありません。

業種等の制限

良好な住環境の確保と健全な市街地の形成を図るため、青少年の健全な育成に不適当とみなされる業種(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に規定されている業種)や、集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うおそれのある組織は入居、営業してはなりません。
ただし、マージャン屋、ぱちんこ屋等は、この協定の締結の際、現に営業している場合、或いは近隣商業地域内(駅前商業ゾーン)において、駐車・駐輪場を確保するなど迷惑駐車・駐輪の防止に配慮する場合はこの限りではありません。

荷さばき等駐車用地の設置

路上での荷さばき等の駐車を防止するため、敷地面積が500平方メートル以上の事業所等は荷さばき等の駐車用地を設けてください。
また、500平方メートル未満の場合についても、可能な限りその用地を確保するよう努めてください。

まちの美観への配慮

地区内の空地、工場跡地等の土地利用については、まちの環境や美観を著しく損なわないよう配慮してください。

屋外広告物の制限

明滅する等、派手なネオンサインを伴う屋外広告物は設置・掲出できません。その他、色や照度についても、新設または変更の際には、事前に御影浜手まちづくり協定委員会と協議を行ってください。
また、道路へのはみ出しなど、通行の支障になる部分には設置しないでください。

賃貸集合住宅の管理責任者の連絡先明示

賃貸集合住宅の管理にあたっては、管理人又は責任者を定め、その名称及び連絡先を明示し、常時連絡がとれるようにしてください。

届出手続き

まちづくり協定区域内において、建築物の新築・増築・改築・用途の変更、工作物の建設、土地の区画形質又は用途の変更などをおこなう場合は、まちづくり協定の届出が必要です。

届出にあたっては、下記の事項に十分注意して手続きを行ってください。

届出の注意点

  • 届出は、所定の届出書、概要書に必要事項を記入の上、関係図書を添付して行為着手30日前までに(建築確認申請を要する場合は申請前に)行ってください。
  • 設計変更等によって、届出内容に変更が生じた場合は、すみやかに届出の変更手続きをしてください。
  • 届出のうち、戸建専用住宅以外の案件については、協定委員会の審査時に届出者または代理者より物件内容の説明をお願いしています。詳しくは「御影浜手まちづくり協定の届出について(公開用)」を参照してください。
  • 郵送による届出も受け付けています。発送後、1週間程度が経過しても担当者からの電話が無い場合は、確認のため、お手数ですが当課までご連絡ください。

届出先:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2丁目1-30三宮国際ビル
神戸市 都市局 計画部 まち再生推進課
「御影浜手まちづくり協定」担当

届出の流れ

届出書類について

  • まちづくり協定に係る地区内における行為の届出・変更届出書(両面印刷)
  • 御影浜手まちづくり協定に係る地区内における行為の概要書(両面印刷)
  • 添付図書(位置図、配置図、平面図、立面図、外構図、現況写真、その他必要な図書)
  • まちづくり協定に係る地区内における行為の届出に関する適合(不適合)通知書(はがき)
  • 届出のうち、戸建専用住宅以外の案件については、協定委員会の審査時に届出者または代理者より物件内容の説明をお願いしているため、協定委員会へ資料の提出をお願いします。詳しくは「御影浜手まちづくり協定の届出について(公開用)」を参照してください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局計画部まち再生推進課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階