現在位置

ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 協定・取り組み > まちづくり協定 > 摩耶地区まちづくり協定

更新日:2020年6月12日

摩耶地区まちづくり協定

ここから本文です。

位置


摩耶地区付近図

諸元

面積

約15.8ヘクタール

人口

約3,500人(平成27年10月現在)

世帯数

約1,800世帯(平成27年10月現在)

用途地域

第一種住居地域、第一種中高層住居専用地域、近隣商業地域

協定締結日

平成28年7月20日(神戸市公告第345号)

概要

背景・経緯

神戸市長と摩耶地区まちづくり協議会は、「神戸市地区計画及びまちづくり協定等に関する条例」に基づき、「摩耶地区まちづくり協定」を締結しました。

この摩耶地区まちづくり協定は、摩耶地区の住み良い住環境の保全と安心して住み続けられるまちの実現をめざし、建物を建てる場合等のルールを定めたものです。

まちづくり協定区域

御影浜手まちづくり協定区域図
灘区赤坂通1~4丁目、天城通1~4丁目
畑原通1~4丁目、福住通1~4丁目

まちづくり協定の目標

摩耶地区の特性を生かし、摩耶地区わがまち空間構想の実現を図るため、次のまちづくりを目標とします。

  • 暮らしやすい住宅地の環境を維持する。
  • 有事の際に、安全に避難できるようにする。
  • 建築物が火災によって容易に燃え広がらず、また倒壊し道をふさがないようにする。
  • バランスの取れた世帯構成を図るとともに、地区のコミュニティを保ち、長く住み続けることのできるまちをめざす。

協定に定められている内容

建築物の用途の制限(協定第6条)

摩耶地区まちづくり協定区域内用途地域
住宅地として暮らしやすい環境とするため、用途地域の区分に応じ、下記の用途の建築物は建築できません。

  • 近隣商業地域については、次のイ~ニに掲げる建築物
  • 第一種住居地域については、次のイ、ロに掲げる建築物

 

  • イ ラブホテルなど、風営法第2条第6項第4号に掲げる専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む)施設
  • ロ ボーリング場、スケート場など、建築基準法別表第2(に)項第3号に掲げる運動施設
  • ハ マージャン屋、パチンコ屋など、建築基準法別表第2(ほ)項第2号、第3号に掲げる施設
  • ニ 劇場、映画館など、建築基準法別表第2(へ)項第3号に掲げる施設

協定6条用途イラスト※なお、既存建築物について、上記の用途の建築物への用途変更はできませんが、同一の用途でその用途に供する部分の床面積を超えない場合は建替えることができます。

避難通路の確保(協定第7条)

別図摩耶地区避難通路指定図

協定7条避難通路確保イラスト災害時や緊急時の避難活動をしやすくするため、建築物の建築時または工作物の築造時、避難通路として指定された通路は、現況の幅員を確保する必要があります、また、通路上に固定物を設置することもできません。土地の所有者が変わる場合も、避難通路は継承されます。

※避難通路の変更について、避難の安全性が確保できる場合で、変更する部分及び変更部分に接する土地の権利者全員の合意がある場合、避難通路の変更は可能です。

建築物の不燃化の促進(協定第8条)

老朽化した建築物が密集しているまちにおいて、火災の燃え広がりの危険性を少なくするため、2階建て以下かつ延べ面積500平方メートル以内の建築物を建築する場合は、耐火性能に優れた耐火建築物または準耐火建築物とするよう努めます。
耐火建築物又は準耐火建築物とは、柱やはりなどの主要構造部や屋根、外壁を燃えにくい材料でつくり、火災による倒壊及び隣家への延焼をできるだけしないようにした建築物です。

耐火性能にすぐれた住宅を新築する場合、神戸市の補助制度があります。補助要件・補助範囲等、詳しくは下記窓口まで問い合わせください(まちの不燃化促進事業)。

  • 協定8条不燃化の促進イラストまちの不燃化促進事業 受付窓口
    神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)
    TEL 078-647-9933 営業時間:10時-17時(水・日・祝を除く)

『まちの不燃化促進事業』詳細についてはこちらをご覧ください

集合住宅等におけるファミリー形式住戸の推奨(協定第9条)

協定9条ファミリー住戸推奨イラスト集合住宅等を建てる場合、全体戸数の4分の1以上の戸数を、ファミリー形式住戸(住戸専用面積が30平方メートル以上のもの)となるように努めます。

※ただし、管理人の常駐等、協議会が認める必要な措置を講じた場合は、この限りではありません。

届出が必要なとき

まちづくり協定区域内において、建築物その他工作物の新築・増築・改築・用途の変更や、土地の区画形質・用途の変更等を行う場合は、あらかじめ市役所へまちづくり協定に係る地区内における行為の届出書の届出をしてください。

お願いと留意点

  • 届出は、所定の届出書、概要書に必要事項を記入の上、関係図書を添付して行為着手の30日前までに(建築確認申請を要する場合は申請の前に)行ってください。
  • あわせて摩耶地区まちづくり協議会への説明をお願いする場合があります。
  • 設計変更等によって届出内容に変更が生じる場合は、すみやかに変更届を提出してください。
  • まちづくり協定に適合する場合は、適合通知書を送付します。
  • 郵送による届出も受付けています。発送後、1週間程度が経過しても担当者からの電話がない場合は、確認のため、お手数ですが当課までご連絡ください。

届出先:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階
神戸市 都市局 まち再生推進課
「摩耶地区まちづくり協定」担当

届出の流れ

届出書類について

  • まちづくり協定に係る地区内における行為の届出・変更届出書(両面印刷)
  • まちづくり協定に係る地区内における行為の届出に関する適合(不適合)通知書(はがき)*「適合(不適合)通知書(はがき)」は神戸市都市局まち再生推進課の窓口にて入手してください。切手を忘れずに!
  • 摩耶地区まちづくり協定の区域内における行為の概要書(両面印刷)
  • 図面(届出書裏面に記載)
  • 現況写真(行為の場所の範囲を表示したもの)
  • 届出部数:1部

※届出内容が協定で定める内容に該当する場合、図面に内容がわかるように記載してください。
※現況写真について、避難通路部分を計画に含む場合は、当該通路部分及び幅員を明示してください。

協議会への説明時に必要な書類(参考)

  • 摩耶地区まちづくり協定の区域内における行為の概要書※個人情報は削除してください(下記※印参照)
  • 図面(届出書裏面に記載のあるもののうち、平面図を除く)
  • 現況写真(行為の場所の範囲を表示したもの)
  • 届出部数:10部(協定委員会当日持参)

※概要書・図面等の個人情報について、個人の場合は「氏名・印影・住所・電話番号」、法人は「印影」を削除して頂きますようお願いします。その他事項は届出者で判断いただいた上、ご用意ください。

【説明会の流れ】

  • (1)建物の概要を説明していただきます(規模、用途、配置等)。
  • (2)まちづくり協定の内容に関する項目について説明して頂きます。
  • (3)まちづくり協議会から、まちの申し合わせに対する配慮した点について質問があります。

まちの申し合わせ事項

まちづくり協定とあわせて検討された事項で、建築行為等を伴わなくても、望ましいまちのために地域のみなさんに守ってもらいたい事項を、協議会がまちの申し合わせとして定めています。条例に基づく拘束力はありませんが、より良い摩耶のまちのためにご協力をお願いします。

  1. 建替え時の通風・採光の確保
    建物を建てる場合は、周辺の通風・採光に配慮するように努めましょう。
  2. 建築時の道路後退部分の整備
    建物を建てる時に、建物を後退した部分は安全に通行ができる仕上げにしましょう。
  3. 建築時の埋設管の整備
    建物を建てる場合は、敷地に接続する埋設管(上下水道、ガス等)の経路を確認し、前面道路から接続するよう努めましょう。
  4. 建築時の雨水排水の整備
    建物を建てる場合は、周辺の雨水排水経路を確認し、雨水が支障無く排水できるよう側溝等を整備しましょう。
  5. 空地・空家の適切な管理
    空地や空家の所有者及び管理者は、まちの環境・安全性を著しく損なわないよう維持管理に努めましょう。
  6. 適切な植物の管理
    通路に植物を配置する場合は、誰もが安全に通行できるよう適切な配置や管理を行いましょう。
  7. 耐震診断や耐震補強の実施
    建物の安全性を高めるために、耐震診断や耐震補強を実施するよう努めましょう。
  8. みんなが定住しやすい住まいへの配慮
    地区の土地や建築物の所有者、居住者等は、以前から住んでいた人も、新しく住む人も定住しやすい住まいづくりをするよう努めましょう。
  9. 色彩への配慮
    建物の外壁や屋根等(屋外広告物・看板を含む)の色彩は、摩耶山を背景とした周辺の環境に配慮するよう努めましょう。
  10. 周辺環境への配慮
    清潔で住みよいまちにするために、騒音、悪臭等に配慮し、敷地内及び周辺の清掃、緑化など、お互いに迷惑をかけないように努めましょう。
  11. 建築時の高さへの配慮
    建物の高さは、住宅を中心とした周辺の環境に調和するよう努めましょう。

摩耶地区 まちづくりのあゆみ

  • 平成24年5月 摩耶地区まちづくり協議会設立
  • 平成24年10月 まち歩きの実施
  • 平成25年11月 『摩耶地区まちづくり構想(案)』アンケート調査実施
  • 平成26年3月 『摩耶地区わがまち空間構想』の策定
  • 平成27年5月~
    『摩耶地区まちづくり協定(案)』及び『まちの申し合わせ(案)』
    アンケート調査実施 
  • 平成28年5月
    摩耶地区まちづくり協議会 総会開催
    摩耶地区まちづくり協定(案)の審議
  • 平成28年7月 摩耶地区まちづくり協定締結

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局まち再生推進課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階