更新日:2019年11月1日

認定結果について不服の場合(審査請求の手続き)

ここから本文です。

市町が行った要介護認定などの保険給付に関する処分や保険料に関する処分に不服があるときは、兵庫県庁に設置している介護保険審査会に審査請求をすることができます。

審査請求があると、介護保険審査会は、書面(審査請求書と処分庁の弁明書など)を中心に、処分が法令や条例などに照らして違法または不当かどうかについて、審理を行います。

審理の結果、審査請求人の主張に理由があると認めたときは、請求を認容し、市町が行った処分の全部又は一部を取り消します。反対に、市町の処分が適法、正当であると認めたときは、請求を棄却します(これを「裁決」といいます。)。そして、認容又は棄却した理由等を記載した裁決書の写し(裁判所の判決文に相当します。)を審査請求人と処分庁に交付します。

まずは審査判定資料の確認を

認定処分について不服がある場合は、下記のとおり、兵庫県介護保険審査会に対して審査請求ができますが、その前に、各区役所・支所のあんしんすこやか係の窓口で審査判定資料(認定調査票、主治医意見書など)を入手いただくとともに、認定処分の経緯について説明を受けられることをお勧めしています。

なお、審査判定資料の入手のみであれば、郵送によることもできます。

※審査判定資料の入手方法については⇒「資料提供制度」

不服の申立(結果通知書・却下通知書に記載(教示)している内容)

処分について不服がある場合は、結果通知書または却下通知書を受け取った日の翌日から起算して3月以内に、兵庫県介護保険審査会(電話(代表)078-341-7711)に対して審査請求できます(なお、処分を知った日の翌日から起算して3月以内であっても、処分があった日の翌日から起算して1年を経過すると審査請求をすることができなくなります)。処分の取消しの訴えは、この処分についての審査請求に対する裁決を受けた後でなければ提起することができません。ただし、次の(1)から(3)までのいずれかに該当するときは、審査請求に対する裁決を経ないで神戸市(訴訟において神戸市を代表する者は、神戸市長)を被告として処分の取消しの訴えを提起することができます。

  • (1)審査請求をした日から3月を経過しても裁決がないとき。
  • (2)処分、処分の執行又は手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき。
  • (3)その他裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき。

審査請求が却下される場合

次のようなときは、審査をすることができず、却下となる場合があります。

  • 処分があったことを知った日(通常は、通知書を受け取った日)の翌日から起算して3か月を過ぎてから審査請求を行ったとき。または、処分があった日の翌日から起算して1年を経過したとき。
  • 処分ではない事柄について審査請求を行ったとき。
  • 審査請求の趣旨(あなたが裁決書の主文に記載を求める内容のことです。)が立法政策上の事柄や憲法判断を求めるなど、介護保険審査会では審査できない内容であるとき。

審査請求についての留意事項

  • 裁判所に対する処分の取消しの訴えは、審査請求の裁決を経た後でなければ提起することができません。ただし、審査請求を行ってから3か月を経ても裁決がないときは、提起することができます。
  • 審査請求を介護保険審査会に提起しても、裁決で取り消されるまでは、処分は有効です。
  • 処分を取り消す裁決が出たときは、処分は、処分が行われた日に溯って取り消されます。このため、処分庁(神戸市)は、改めて処分を行います。

審査請求の手続き

審査請求は、審査請求書様式に必要事項を記載した原本2通を兵庫県介護保険審査会(兵庫県健康福祉部少子高齢局高齢政策課内、代表電話:078-341-7711)に提出することによって行います。

審査請求書は、兵庫県介護保険審査会(〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号)に直接郵送するか、または処分庁(神戸市、※各区役所・支所の窓口を含む)を経由して提出することもできます。処分庁を経由する場合、受理日は処分庁に提出した日となります。

ご本人が自分で審査請求書を作成できないときや、文書のやりとりができないときは、代理人を選任することができます。この場合は、「委任状(1通)」を提出してください。

審査請求書や委任状の様式は、兵庫県介護保険審査会のホームページからダウンロード可能です。また、各区役所・支所あんしんすこやか係窓口でもお渡ししています。

審査請求が受理された後の主な流れ

  • (1)兵庫県介護保険審査会(以下「県審査会」といいます。)から、処分庁(神戸市)に対し、審査請求があった旨を通知するとともに、弁明書の提出を求めます。
  • (2)処分庁から県審査会に「弁明書」(正副2通)が提出されます。
  • (3)県審査会から審査請求人(または代理人)に対し、(2)の「弁明書」(副本)を送付します。
  • (4)審査請求人(又は代理人)は、弁明書の内容に反論があるときは、「反論書」(正副2通)を県審査会に提出することができます(反論書を提出しないこともできます)。
    反論書に対して処分庁から「再弁明書」の提出があった場合は、審査請求人(又は代理人)は、必要に応じてさらに「再反論書」を提出することができます。
  • (5)県審査会は、審査請求書、弁明書や反論書等をもとに審理を行ったうえで、「審査請求に理由があるとして処分を取り消す」か、又は「理由がないとして審査請求を棄却する」かの裁決を行い、その内容を記載した「裁決書」を作成します。
  • (6)県審査会は、裁決書の謄本を審査請求人(又は代理人)及び処分庁に送付し、審査手続は終了します。

なお、裁決で処分が取り消されたときは、処分庁は、裁決書に従い改めて処分を行います。

問い合わせ先

  • 神戸市 保健福祉局 高齢福祉部 介護保険課 認定係
    〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階
    電話:078-322-6327 Fax:078-322-6049
  • 神戸市 各区・支所 あんしんすこやか係
    各区・支所 あんしんすこやか係
  • 兵庫県介護保険審査会
    〒650-8567神戸市中央区下山手通5-10-1
    電話:078-341-7711(代表)

関係条文

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階