軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業

最終更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

身体障害者手帳交付の対象とならない難聴児の方が補聴器を購入されるときの費用の一部を助成します。
また令和2年4月1日より補聴器本体とFM補聴システム等について、重複しての助成が可能となりました。

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業実施要綱(PDF:195KB)

助成内容

項目

名称

助成額

耐用年数

医師意見書

補聴器購入費

ポケット型・耳かけ型・

耳穴型(レディメイド)・

骨導式ポケット型

40,000円

5年

必要

骨導式眼鏡型・

耳穴型(オーダーメイド)

100,000円

補聴システム

購入費

FM補聴システム(一式) 100,000円 5年 必要

耳あて等交換費

耳あて(イヤモールド)

6,000円

3ヶ月

不要
(初回申請
時は必要)

耳穴型シェル(オーダーメイド)

18,000円

1.助成額と補聴器または補聴システムの価格のうち低いほうを助成します。
2.意見書を記載していただく医師に指定があります。

助成対象児

保護者が神戸市にお住まいの方で、次のすべてにあてはまる児童

  • 1、18歳に達する日(お誕生日前日)以降、最初の3月31日までの方
  • 2、両耳とも聴力が、30dB以上70dB未満の方(ただし、医師が補聴器の装用を必要と認めるときは、片方又は両方の耳の聴力レベルが30デシベル未満についても対象となる場合があります。)
  • 3、補聴器の装用により、一定の効果が期待できると医師が判断する方
  • 4、世帯の判定用市民税所得割額(注1)の合計額が23.5万円未満の方

(注1)判定用市民税所得割額とは、住宅借入金等特別税額控除、寄附金税額控除(ふるさと納税等)適用前の市民税所得割額(平成30年度税制改正前の税率による)から、以下を控除して算出した額です。
・16歳未満の扶養親族1人につき19,800円
・16歳以上19歳未満の扶養親族1人につき7,200円

申請先

各区役所(北須磨支所)保健福祉課へ助成申請をしてください。

その他

申請に必要な書類等は、相談をお受けした後、お渡しします。そのため、後日来庁が必要な場合があります。

詳しくは、各区窓口又は、福祉局障害者支援課へお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局障害者支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階