現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 障害者総合支援法 > 障害福祉サービスの利用者負担

更新日:2019年11月1日

障害福祉サービスの利用者負担

ここから本文です。

利用者負担の範囲

本人の属する世帯の所得区分に応じて利用者負担上限月額を設定しています。ただし,サービスにかかる費用の1割にあたる額が,利用者負担上限額より低い場合は,その額となります。また,食費・光熱水費・日用品費等については、実費負担となります。

利用者負担の範囲表
  サービスにかかる
費用の1割
実費負担部分
自宅で利用するサービス
居宅介護(ホームヘルプサービス)など
※外出支援のサービスを利用する場合は、
交通費などの自己負担が発生します
サービス利用料
(上限あり)
 
施設に通って利用するサービス
短期入所、生活介護
サービス利用料
(上限あり)
食費・日用品費など
施設に入所して利用するサービス
短期入所、グループホーム・ケアホーム※など
サービス利用料
(上限あり)
食費・光熱費・日用品費など

※グループホーム・ケアホームに入所する場合は、別途家賃がかかります。

利用者負担上限月額

※移動支援(ガイドヘルプ)以外の地域生活支援事業については適用外です。

利用者負担上限月額表
所得区分
負担上限月額
生活保護
生活保護受給世帯又は中国残留邦人支援法に基づく支援給付受給世帯

0円

低所得1
市民税非課税世帯
障害者又は障害児の保護者の収入が年間80万円以下の方
低所得2
市民税非課税世帯
「低所得1」に該当しない方
一般1
市民税課税世帯で1,2のいずれかに該当する方
 
  1. 居宅で生活しており※,a,bのいずれかに該当する方
※グループホーム・ケアホームに居住する方、宿泊型自立訓練を受けている方は除きます。
a 市民税所得割16万円未満の障害者
9,300円
b 市民税所得割28万円未満の障害児
4,600円
  1. 20歳未満の施設入所者で市民税所得割28万円未満の方
9,300円
一般2
市民税課税世帯(一般1に該当する方を除く)
37,200円
 

療養介護利用については、医療部分の負担と合わせた軽減措置があります。詳しくは、区役所保健福祉部(福祉事務所)窓口でお問い合せください。

所得を判断する際の世帯の範囲

種別
世帯の範囲
18歳以上の障害者
(施設に入所する18、19歳を除く)
障害のある方とその配偶者
障害児
(施設に入所する18、19歳を含む)
保護者の属する住民基本台帳での世帯

★1つの世帯に所得のある方が複数名いる場合には、市民税所得割額の合計額で判断します。

サービス利用料(自己負担額等)の減免制度

利用者の負担が増えすぎないように、同一世帯における障害福祉サービス等の自己負担額が高額となった場合の還付や、実費負担部分の軽減など、さまざまな措置が設けられています。

※区役所での申請が必要です。

1.高額障害福祉サービス等給付費

同じ世帯内で他に障害福祉サービスを利用している方や補装具費を支給されている方がいる場合や、介護保険サービスを併せて利用している方の場合、その負担の合計額が、高額障害福祉サービス等給付費算定基準額を超えないように軽減します。超えた分を「高額障害福祉サービス等給付費」として、申請により後日、市から支給します。

合算の対象となるサービス

以下のサービスの利用にかかる自己負担額(1割負担分)が対象となります。(日中一時支援など、下記のサービス以外のサービスは対象外です)

  • 介護保険法に基づくサービス利用料
  • 障害者総合支援法に基づくサービス利用料
  • 補装具費の自己負担額
  • 児童福祉法に基づく「障害児支援(入所・通所)」のサービス利用料
  • 移動支援(ガイドヘルプ)のサービス利用料

基準額

所得区分
高額障害福祉サービス等給付費算定基準額
生活保護・市民税非課税世帯
0円
市民税課税世帯
37,200円
 

2.特定障害者特別給付費【補足給付費】

入所施設を利用する場合、少なくとも一定額が手元に残るように食費・光熱水費の実費負担の一部を軽減します。

対象者

20歳以上 生活保護等受給世帯・市民税非課税の方
20歳未満 全世帯の方

3.グループホーム・ケアホーム入居者の家賃補助

  • 特定障害者特別給付費(補足給付)
    生活保護受給世帯又は市民税非課税世帯の方がグループホーム・ケアホームを利用する場合、月額1万円を上限として家賃負担(光熱水費、共益費、食材料費、敷金、礼金等は含みません)の一部を軽減します。
  • 兵庫県・神戸市協調事業
    グループホーム・ケアホームに入居されている利用者のうち、家賃月額が1万円超の市民税非課税世帯の方に対し、1特定障害者特別給付費(補足給付)に加え、家賃月額から1万円を控除した額の2分の1で、月額15,000円を上限として家賃の一部を助成します。

【例】家賃月額4万円の場合

家賃4万円
●特定障害者特別給付費(補足給付)
1万円
●兵庫県・神戸市協調事業
15,000円
実費負担
15,000円
 

4.食費の人件費支給による軽減措置

通所系サービスや短期入所を利用した場合、食費の人件費相当分を減免します。(申請の必要はありません)

対象者は市民税非課税世帯又は市民税所得割16万円未満の方です。(障害児については28万円未満世帯)

5.生活保護への移行防止

1~4の負担軽減策を講じても、生活保護の対象となる場合には、生活保護の対象にならない額まで、利用者負担月額上限額を引き下げるとともに、食費等実費負担も引き下げます。

6.寡婦控除等のみなし適用

対象者の要件に該当する未婚のひとり親の方については、障害福祉サービスの利用者負担等につきまして、寡婦(夫)の方と同様、寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となる可能性があります。
対象者要件等の詳細は以下のページをご覧ください。

【減免申請の必要書類】

1~5(4は除く)の各種減免を希望される方は、申請書のほかに下記の書類を必要に応じて提出してください。
6についてはお住まいの区の区役所保健福祉部(福祉事務所)までお問い合わせください。

個々の状況により、必要となる書類は異なりますので、詳しくはお住まいの区の区役所保健福祉部(福祉事務所)までお問い合わせください。

提出書類

減免申請時に必要となる書類

□市民税の賦課状況・生活保護等の受給状況を確認できる書類
(例:生活保護の適用証明書、市町村民税課税(所得)証明書 など)
□その他申請書に記入した内容を証明する書類
(区福祉事務所にてご確認ください)

利用するサービスに応じて必要となる書類

□収入の種類や額を証明する書類
(例:年金証書と振り込み通知書(写)、手当や給付金の証書又は認定通知書(写)、源泉徴収票(写)、就労する施設の発行する工賃証明書 など)
□必要経費を証明する書類
(例:申請者名義の租税(納付済分)や社会保険料の納入証明書(写) など)
□前年度の障害基礎年金の受給状況が証明できる書類
(例:障害基礎年金振込通知書(写) など)

その他のサービス利用者負担

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局障害福祉部障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室