ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 建築住宅局 > 建築指導部 > ビル・施設の適法な活用のために

ビル・施設の適法な活用のために

ここから本文です。

ここでは、主に建築基準法に基づく「定期報告制度」の対象となるビル・施設の所有者・管理者の方に、特に留意いただきたい事項についてまとめています。

日常の維持管理

維持管理上必要な建築関連の届出等

建築基準法に関連する主な届出を記載しています。届出が必要となる条件については、それぞれのページを参照ください。消防法令ほか、他法令等に基づく届出についても、適切に行ってください。

既存建築物への支援制度等

建築物の安全性を確保するための対策を行う際に、建築物の規模や用途等に応じて、助成などの支援を受けられることがあります。

よくある違反事例

よく見られる違反事例を以下のページにまとめています。参考にしていたただき、違反状態とならないよう十分注意して維持管理してください。違反となってしまっている箇所に気づいた場合は改善してください。

改修・転用

その改修、違反になってしまうかも…!?

一部分のみ、内装のみの改修であっても、注意しないと違反建築となってしまうことがあります。特に注意いただきたいことを以下のページにまとめています。
よくある建築基準法の違反事例です。
消防法令についても併せてご確認ください。

改修・転用のときに必要な届出・基準等

確認申請

建築工事の有無にかかわらず、改修や業態変更により確認申請が必要になることがあります。

建築基準法以外の法令等に基づくもの

既存建築物を以下のような業態に転用する場合は、建築基準法以外にもそれぞれ基準や必要な届出がありますのでご確認ください。

既存建築物であっても、バリアフリー法等の基準に適合させるよう努める必要があります。

既存不適格建築物(防火・避難規定関連)

建築時には適法に建てられていた建築物が、その後の法改正により、法に適合しなくなった状態のものを既存不適格建築物といいます。

違反ではありませんが、防災上好ましくない状態です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建築住宅局建築指導部安全対策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階