現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 環境衛生 > 公衆浴場に関する手続きについて

更新日:2021年7月2日

公衆浴場に関する手続きについて

ここから本文です。

公衆浴場について

公衆浴場とは、温湯、潮湯又は温泉その他を使用して公衆を入浴させる施設をいいます。公衆浴場には、一般公衆浴場とその他の公衆浴場があります。

一般公衆浴場

温湯を使用し、男女各1浴室に同時に多数人を入浴させる公衆浴場であって、地域住民の日常生活において保健衛生上必要なものとして使用されるもので、いわゆる「銭湯」を指し、物価統制令の適用を受けます。

その他の公衆浴場

一般公衆浴場以外の公衆浴場を指し、保養・休養を目的としたヘルスセンター・健康ランド型のものや、旅館業施設で宿泊者以外の人に利用させる浴場、エステに付随する浴槽、サウナ、岩盤浴等が該当します。

新たに公衆浴場業の営業許可を取得しようとする場合(営業者が変わる場合を含む)

業として公衆浴場を経営しようとする場合は、公衆浴場法に基づく許可を受けなければなりません。営業許可を受けようとする場合は、工事着工前に神戸市環境衛生課(生活衛生ダイヤル:078-771-7497(平日8時45分~17時30分))まで事前相談をしてください。

  • 面接による事前相談は、必ず事前(相談希望日の1週間前まで)に電話予約してください。予約せずに相談に来られた場合は、受付できませんのでご了承ください。
  • 公衆浴場法以外の法令による手続きを要する場合がありますので、事前に建築住宅局建築指導部、消防署等の関係機関と協議してください。
  • 温泉を利用する場合は、温泉の利用許可が必要です。手続きは環境衛生課で受け付けていますので、事前にご相談ください。温泉の利用に関する手続きについて

既に公衆浴場業営業許可を取得している物件で構造変更を行う場合

構造変更を行う場合は、工事着工前に神戸市環境衛生課(生活衛生ダイヤル:078-771-7497(平日8時45分~17時30分))まで事前相談をしてください。

  • 構造変更の規模、内容によっては、営業許可の取り直しが必要になる場合がありますのでご注意ください。
  • 面接による事前相談は、必ず事前(相談希望日の1週間前まで)に電話予約してください。予約せずに相談に来られた場合は、受付できませんのでご了承ください。

構造変更以外の変更・休止・再開・廃止について

以下の場合は届出が必要となります。必要書類をそろえて神戸市環境衛生課(生活衛生ダイヤル:078-771-7497(平日8時45分~17時30分))までご連絡ください。なお、郵送・FAX・メールでも届出書を受け付けておりますので、ご希望の際はご相談ください。

  • 営業者の住所(法人の主たる事務所の所在地)又は氏名(法人の名称、代表者の氏名)の変更
  • 営業施設の名称の変更
  • 営業の種別の変更
  • 管理者の変更
  • 休業・再開したとき
  • 廃止したとき

必要書類

  • 届出書(PDF:194KB)
  • 許可書(許可書を紛失された場合は、紛失届(PDF:378KB)をご提出ください)
  • 法人の名称、主たる事務所の所在地又は代表者の氏名の変更にあっては、変更後の登記事項証明書その他の変更事項を確認できる書類

参考

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局環境衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階