現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 健康局 > 医務薬務 > 薬局における麻薬・向精神薬・覚せい剤原料に関する申請等

更新日:2021年9月6日

薬局における麻薬・向精神薬・覚せい剤原料に関する申請等

ここから本文です。

平成31年4月1日より、神戸市内の薬局における麻薬・向精神薬・覚醒剤原料に関する申請等の申請窓口が兵庫県から神戸市保健所医務薬務課に変更になりました。
 
  • 平成31年4月以降も、免許証の発行、麻薬・覚醒剤原料の廃棄立会い、立入検査等は兵庫県薬務課が行います。
  • 神戸市で行うのは申請の受付事務のみですので、法解釈の疑義や事故速報等については、従来通り兵庫県薬務課(Tel:078-341-7711)までお問合せいただきますようお願いします。
  • 麻薬小売業者免許申請手数料(3900円)は兵庫県収入証紙をによりお納めください(神戸市収入証紙ではありませんのでご注意ください)。
 

兵庫県ホームページ
保健所設置市内の薬局における麻薬・向精神薬・覚醒剤原料に関する申請等の受付窓口を変更します(外部リンク)
麻薬・向精神薬取扱者の手引き(外部リンク)
兵庫県電子申請・様式提供(申請書等ダウンロード)ページ(外部リンク)

参考(手続先)

免許の種類 対象 申請・届出先

麻薬施用者、麻薬管理者、
麻薬研究者、覚醒剤研究者

病院、診療所、研究機関等

各区保健センター

麻薬小売業者

薬局

神戸市保健所医務薬務課

(薬局間譲渡許可は県薬務課)

上記以外

-

兵庫県薬務課

 

薬局における麻薬・覚醒剤原料に係る手続き一覧
〇新たに麻薬を取り扱うとき(薬局新規許可時等)

下記の必要書類等を揃え、麻薬小売業許可を必要とする日の2週間以上前に神戸市保健所医務薬務課へ提出して下さい。
提出部数は2部です。(1部はコピー可。登記事項証明書は1部で良い。)

麻薬小売業者免許申請書

申請者の診断書(法人にあっては麻薬小売業務を行う役員全員の診断書)(有効期間1カ月以内)

法人にあっては、発行後3カ月以内かつ変更後の登記事項証明書(全部事項証明書)及び法人役員の組織図(麻薬関係業務を行う役員の範囲を具体的に示す書類) 

薬局開設許可証の写し(開設許可申請中の場合は不要。)

兵庫県収入証紙3,900円分


診断書又は登記事項証明書を兵庫県あて別の申請書等に添付して提出した場合は、有効期間以内であれば提出を省略することが出来ます。(先に提出した年月日、麻薬業務所名、届出等の名称を備考欄に記載すること) 

 

〇麻薬小売業免許の更新の流れ 

 免許の有効期限が満了となる年の9月中旬頃に手続きの案内を郵送しますので、説明に沿って手続きを行ってください。年度によって前後することがあります。

9月中旬頃

麻薬小売業免許更新申請書発送

10月中旬頃

申請受付(申請書・診断書・法人組織図・手数料) ※

12月中旬頃

更新後の麻薬小売業免許を交付(窓口で交付)

1月4日~15日

更新前の免許証の返納受付(免許証有効期間満了後に受理)

10月1日~11月30日に麻薬年間届の提出も必要です。

(前年10月1日からその年の9月30日までの取扱い品目・数量報告)

 

〇変更届
提提出部数は2部です。(1部はコピー可。登記事項証明書は1部で良い。)
提出期限を過ぎた場合は遅延の理由を備考欄に記載すること。

届出の名称

添付書類

提出期限

免許証記載事項変更届

免許証(亡失の場合は再交付申請要)

戸籍上の改姓・改名については戸籍謄本(戸籍個人事項証明書)。

(コピー持参による原本照合可)

法人の名称・所在地変更については履歴事項全部証明書

(何れも発行後3カ月以内)

15日以内

役員変更届

法人組織図

新たな役員の診断書

法人履歴事項全部証明書

すみやかに

 

〇免許証再交付

再交付の事由発生後15日以内保健所医務薬務課あて申請すること。

 ・免許証再交付申請書(別記第6号様式)(2部)
 ・兵庫県収入証紙2,700円分
 

〇麻薬・覚醒剤原料の廃棄・譲渡・その他
提出部数は2部です。
提出期限を過ぎた場合は遅延の理由を備考欄に記載すること。
事故届以外は郵送可。

(麻薬)

届出の名称

提出期限

備考

麻薬廃棄届

あらかじめ

廃棄は兵庫県薬務課麻薬取締員その他職員の立会が必要

調剤済麻薬廃棄届

廃棄後30日以内

麻薬小売業者自ら若しくは管理薬剤師が他の職員立会の下に廃棄

麻薬事故届

すみやかに

滅失、盗難、所在不明等


(覚醒剤原料)

届出の名称

提出期限

備考

覚醒剤原料廃棄届

あらかじめ

廃棄は兵庫県薬務課麻薬取締員その他職員の立会が必要

交付又は調剤済みの医薬品である覚醒剤原料譲受届出書

すみやかに

他の職員立会の下に廃棄

交付又は調剤済みの医薬品である覚醒剤原料廃棄届出書

廃棄後30日以内

 

覚醒剤原料事故届

すみやかに

 

 

〇薬局廃止時の手続き

 指定の失効等による所有覚醒剤原料報告書は、覚醒剤原料の取扱いが無い場合も必要です。
 提出部数は2部です。提出期限を過ぎた場合は遅延の理由を備考欄に記載すること。
 残余麻薬を50日を超えて所有すると麻薬の「不法所持」となるので注意すること。

 届出の名称

提出期限及び注意事項

業務廃止届

15日以内
免許証を添付すること

所有麻薬届

15日以内

麻薬譲渡届 (免許失効に伴う 譲渡)

譲渡後15日以内

麻薬廃棄届

あらかじめ(廃棄は兵庫県薬務課麻薬取締員その他職員の立会が必要)

指定の失効等による所有覚醒剤原料報告書

15日以内

指定の失効等による所有覚醒剤原料譲渡報告書

指定失効後30日以内

覚醒剤原料廃棄届

あらかじめ(廃棄は兵庫県薬務課麻薬取締員その他職員の立会が必要)

覚醒剤原料処分報告書(指定失効後30日以内に譲渡出来ないとき)

廃棄完了後に提出(廃棄は兵庫県薬務課麻薬取締員その他職員の立会が必要)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館20階