ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの定期接種について

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの定期接種について

最終更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

HPVワクチン定期接種に関するお知らせ

定期接種対象者には令和4年6月中旬に予防接種券を送付していますので、お手元に届いた「子宮頚がん(HPV)ワクチン接種のご案内」をご確認ください。

(2022年6月13日)NEW‼

子宮頚がん予防(HPV)ワクチンの定期接種について

HPVワクチンは、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種に位置づけられました。平成25年6月から、個別に接種のご案内をすること(積極的な勧奨)を一時的に差し控えていましたが、令和3年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、令和4年度から、他の定期接種と同様に、個別にご案内を行うこととなりました。
実際に予防接種を受ける際は、下記のリーフレットをよくお読みいただき、HPVワクチンの有効性とリスクを十分理解したうえで受けるかどうかご判断ください。
★厚生労働省作成リーフレット(令和4年2月改訂)


HPVワクチンで防げないHPV感染もあります。ワクチンを接種していても、していなくても20歳になったら2年に1回、子宮頸がん検診を受けてください。検診により子宮頸がんを早期発見することができれば、子宮の部分切除等の治療により、がんによる死亡を防ぐことができます。(子宮頚がん検診の助成制度についてはこちら

定期接種の対象者

接種日現在、神戸市に住民登録があり、小学校6年生(12歳となる日に属する年度の4月1日)から高校1年生相当(16歳となる日の属する年度の3月31日)までの女子の方
標準的な接種年齢:中学1年生に相当する年齢(13歳となる日の属する年度の当日から年度の末日までの期間)
*平成18・19年度生まれの方は、接種期間が延長され、定期接種対象年齢を過ぎても令和7年3月末まで接種できます。

令和4年度に対象となる方と接種期間

相当学年・年齢 生年月日 接種期間
小学6年生(12歳)相当 平成22年4月2日~平成23年4月1日 令和9年3月31日まで
中学1年生(13歳)相当 平成21年4月2日~平成22年4月1日 令和8年3月31日まで
中学2年生(14歳)相当 平成20年4月2日~平成21年4月1日 令和7年3月31日まで
中学3年生(15歳)相当 平成19年4月2日~平成20年4月1日 令和7年3月31日まで(*)
高校1年生(16歳)相当 平成18年4月2日~平成19年4月1日 令和7年3月31日まで(*)

(*)平成18・19年度生まれの方は、接種期間が延長され、令和7年3月末まで接種できます。

対象となるワクチン

  • 対象となるワクチンは、「ガーダシル(4価)」と「サーバリックス(2価)」の2種類であり、どちらか一方を3回、筋肉内注射をします。
  • ワクチンの種類によって、接種間隔が異なります。途中で、一方のワクチンに変更することはできません。
  • どちらのワクチンを接種するかは、医療機関と相談のうえ、決定します。
  • 過去に1回又は2回のワクチン接種歴があり、長期にわたり接種を中断していた際は、接種を初回からやり直すことなく、残りの回数の接種(2、3回目又は3回目)を行います。過去に接種したワクチンの種類が不明の場合は、ワクチンの種類等について医師と接種を受ける方やその保護者でよく相談の上、接種を再開してください。
  • 9価HPVワクチン(シルガード9)は、定期接種の対象ではありません。

接種間隔

対象年齢の期間内に合計3回を接種する必要があり、合計3回の接種には約6か月かかります。

①ガーダシル(4価)

  • 効果:HPV6型、11型、16型、18型の感染に起因する子宮頸癌及びその前駆病変、尖圭コンジローマの予防
  • 標準的な接種間隔:2か月の間隔をおいて2回注射した後、1回目の注射から6か月の間隔をおいて3回目を注射する(標準的な接種間隔をとることができない場合は、下記の間隔をあけて接種すること)
  • 必ずあける必要がある間隔:1か月以上の間隔をおいて2回注射した後、2回目の注射から3か月以上の間隔をおいて3回目を注射する
≪注意≫1か月以上の間隔をおいた日とは、翌月の同日を指します。翌月に同日が存在しない場合はその翌日(1日)となります。3か月以上の間隔をおいた日も同様の考え方です。

gardasil

②サーバリックス(2価)

  • 効果:HPV16型、18型感染に起因する子宮頸癌及びその前駆病変の予防
  • 標準的な接種間隔:1か月の間隔をおいて2回注射した後、1回目の注射から6か月の間隔をおいて3回目を注射する(標準的な接種間隔をとることができない場合は、下記の間隔をあけて接種すること)
  • 必ずあける必要がある間隔:1か月以上の間隔をおいて、2回注射した後、1回目の注射から5か月以上、かつ2回目の注射から2か月半以上の間隔をおいて3回目を注射する
≪注意≫1か月以上の間隔をおいた日とは、翌月の同日を指します。翌月に同日が存在しない場合はその翌日(1日)となります。5か月以上の間隔をおいた日も同様の考え方です。

cervarix

接種費用

無料
【注意】予防接種券は、接種日現在、神戸市に住民登録がなければ使用できません。また、定期接種として規定している接種間隔を満たさない場合や接種期間を過ぎた場合は使用できません。場合によっては、接種料金を返還していただくことがありますのでご注意ください。

接種場所

  • 神戸市内または明石市内(一部)の予防接種契約医療機関で接種できます。
  • 神戸市内の契約医療機関は、[予防接種契約医療機関一覧]や市総合コールセンター(TEL:0570-083330または078-333-3330、FAX:078-333-3314)にてご確認ください。なお、医療機関の希望により、ホームページへの掲載を見合わせている場合もあります。まずはかかりつけ医等にご確認ください。
  • 神戸市外で接種される場合は、接種前に別途手続きが必要です。手続き方法は、[市外の医療機関等での予防接種の受け方]をご確認ください。

接種方法

  1. あらかじめ電話等で、予防接種契約医療機関に、接種日時の予約をしてください。
  2. 予防接種当日は検温を必ず行い、健康状態が良好であることを確認してください。
  3. お手元に届いた予診票と予防接種券(太枠内)を記入しましょう。接種を受ける前に、接種される回数と使用する接種券が合っているかご確認ください。
  4. 医療機関に予診票、予防接種券、母子健康手帳、本人確認ができるもの(健康保険証等)を持参して接種を受けてください。(予防接種券、予診票はお手元に届いたものをご持参ください。)過去に接種歴がある人は、過去の接種記録が分かるものもご持参ください。

保護者が同伴しない場合の接種について

満16歳未満の方の接種には、原則は保護者が同伴してください。
ただし、接種を受ける者が13歳以上16歳未満の場合で、あらかじめ、接種することの保護者の同意を予診票上の保護者自署欄にて確認できた者については、保護者の同伴なしに接種を受けることができます。その場合、事前に、下記の予診票を印刷し、予診票質問項目の記入及び、保護者自署欄2か所に保護者が署名したものを医療機関にご持参ください。

なお、接種の実施に当たっては、接種を受ける者が予防接種不適当者または予防接種要注意者か否かを確認するために、必要に応じて医療機関から保護者に連絡し、予診項目や接種への不適当要件の事実関係等を確認する場合があります。

接種前に注意いただきたいこと

【過去の接種歴に関して】
  • 接種前に、母子健康手帳や接種済証等で接種歴をご確認ください。原則、過去に接種歴のあるワクチンと同一の種類のワクチンを接種してください。
  • すでに1回目、あるいは2回目を接種されている方は、残りの回数分を接種し、重複して接種しないよう充分にご注意ください。3回接種が完了している方は、接種は必要ありません。重複して接種された場合は、接種料金を返還していただく場合がありますので、ご注意ください。
  • 過去の接種記録が不明の場合は、市が管理する予防接種記録の照会ができます(平成27年4月以降の接種に限る)。申請方法はこちら
【新型コロナワクチンとの関係について】
  • 新型コロナワクチンとは同時に接種できません。新型コロナワクチンの接種前後に接種する場合は、互いに、一方のワクチンを受けてから13日以上の間隔をおく(2週間後の同じ曜日から接種可能)必要があります。
【その他】
  • 予防接種によって期待される効果や予想される副反応等について、気にかかることや分からないことがあれば、接種を受ける前にかかりつけ医(接種医療機関)にお尋ねください。
  • 予防接種を受ける前には[予防接種を受ける際の注意事項]をご確認ください。
  • 9価HPVワクチン(シルガード9)は、定期接種の対象ではありません。

HPVワクチンの効果とリスク(副反応)について

HPVワクチンの効果

HPVワクチンは、一部のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。HPVワクチンで、がんになる手前の状態(前がん病変)を予防する効果が示されています。また、がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。

~HPV(ヒトパピローマウイルス)感染と子宮頚がんについて~

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、ヒトにとって特殊なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、そしてその一部のウイルスが原因で子宮頸がん等を発症します。100種類以上の遺伝子型があるHPVの中で、子宮頸がんの約50~70%は、HPV16、18型感染が原因とされています。HPVに感染しても、多くの場合ウイルスは自然に検出されなくなりますが、一部が数年から十数年間にかけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。子宮頸がんは国内では年間約11,000人が発症し、年間約2,900人が死亡すると推定されています。

HPVワクチンのリスク

HPVワクチン接種後は、多くの方に、接種部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。まれですが、重い症状(重いアレルギー症状、神経系の症状)が起こることがあります。
接種後は、厚生労働省作成のリーフレット「HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ」をお読みください。

●HPVワクチン接種後に生じた症状(出典:厚生労働省作成リーフレット(詳細版))
発生頻度 サーバリックス(2価) ガーダシル(4価)
50%以上 疼痛・発赤・腫脹、疲労感 疼痛
10~50%未満 搔痒(かゆみ)、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛など 腫脹、紅斑
1~10%未満 じんましん、めまい、発熱など 搔痒(かゆみ)・出血・不快感、頭痛、発熱
1%未満 注射部位の知覚異常、感覚鈍麻、全身の脱力 硬結、四肢痛、筋骨格硬直、腹痛・下痢
頻度不明 四肢痛、失神、リンパ節症など 疲労、倦怠感、失神、筋痛・関節痛、嘔吐など

●まれに起こる重い副反応

  • アナフィラキシー:呼吸困難、じんましんなどを症状とする重いアレルギー
  • ギラン・バレー症候群:両手・足の力の入りにくさなどを症状とする末梢神経の病気
  • 急性散在性脳脊髄炎(ADEM):頭痛、嘔吐(おうと)、意識の低下などを症状とする脳などの神経の病気
定期接種による重い副反応の場合には、法に基づく予防接種健康被害救済制度の対象になることがあります。

HPVワクチン接種後の副反応に関する健康相談ダイヤル

接種後、気になる症状が出たときは、速やかに接種医の診察を受けましょう。
副反応に関する看護師等による健康相談は、下記までご連絡ください。

TEL:078-322-5506
月~日曜(土日祝含む)11時00分~19時00分

(参考)厚生労働省ホームページ

予防接種トップページへ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア