ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチンの予防接種について

ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチンの予防接種について

最終更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

乳幼児に死亡又は重篤な後遺症を残すことのある小児細菌性髄膜炎の原因は、インフルエンザ菌b型(Hib・ヒブ)の感染が約60%、肺炎球菌の感染が約30%を占めているといわれています。これらの細菌は、髄膜炎以外にも肺炎や敗血症といった重症感染症を起こす事があります。
Hibと肺炎球菌には、それぞれ発病および重症化を予防するワクチンがあり、細菌性髄膜炎等の予防にはワクチン接種が最良の手段です。

定期接種の対象者

以下の要件を全て満たしている方

  • 接種日現在で生後2か月から59か月までの方(5歳の誕生日の前日まで)
  • 接種日現在で神戸市に住民登録がある方

接種回数と標準的な接種間隔

接種回数は、お子さんの1回目の接種を行う月齢によって異なります。

接種回数と標準的な接種間隔一覧表
お子さんの1回目の接種を開始する月齢 Hibワクチン
(インフルエンザ菌b型)
小児肺炎球菌ワクチン
生後2か月~7か月未満
  • 初回接種として、生後12月に至るまでに27~56日の間隔で3回接種
  • 追加接種として、初回接種から7~13月の間隔をおいて1回接種
  • 接種回数は計4回
  • 初回接種として、生後12月までに27日以上の間隔で3回接種
  • 追加接種として、初回接種から60日以上の間隔をおいて、生後12月から15月の間に1回接種
  • 接種回数は計4回
生後7か月~1歳未満
  • 初回接種として、生後12月に至るまでに27~56日の間隔で2回接種
  • 追加接種として、初回接種から7~13月の間隔をおいて1回接種
  • 接種回数は計3回
  • 初回接種として、生後12月までに27日以上の間隔で2回接種
  • 追加接種として、初回接種から60日以上の間隔をおいて生後12月以降に1回接種
  • 接種回数は計3回
1歳~2歳未満 1回のみの接種 60日以上の間隔をおいて2回接種
2歳~5歳未満 1回のみの接種 1回のみの接種

詳細な接種間隔については、下記の接種スケジュール表を参考として、医療機関にご相談ください。

★予防接種の間隔やスケジュールの管理は、スマホアプリ「KOBE予防接種ナビ」をご活用ください。

接種を受ける方法

予防接種契約医療機関にて個別接種

  1. あらかじめ電話等で、かかりつけの医療機関と接種日時等をご相談ください。
  2. 検温は予防接種当日に必ず行い、お子さんの健康状態を確認してください。そして医療機関に母子健康手帳と予防接種券綴りを持参して接種を受けてください。
    ※予診票は医療機関に準備しています。
  3. 接種を受けるお子さんの健康状態を十分に把握している保護者が必ず付き添ってください。

予防接種を受けることができる医療機関の確認は、[子どもの予防接種契約医療機関一覧]または、神戸市総合コールセンター(TEL:078-333-3330、FAX:078-333-3314)で確認いただけます。

接種前には、予防接種の注意をご確認ください。

持参するもの

  • 母子健康手帳(接種歴の確認や接種したことを記録しますので、必ずご持参ください)
  • 予防接種券(事前に必要事項を記入して受診ください)

予防接種券綴りの紛失、または転入等でお手元にない方は、母子健康手帳(予防接種歴のわかるもの)を持参のうえ、各区役所・支所の保健福祉課窓口で交付を受けることが可能です。

接種料金

公費負担につき無料
(注1)定期接種の対象者以外は任意接種となり、有料です。
(注2)小児の定期接種の対象となる肺炎球菌ワクチンは、プレべナー13(13価)ワクチンです。ニューモバックスNP(23価)ワクチンは任意の予防接種となり、有料です。

小児肺炎球菌ワクチンの7価から13価への切替について

平成25年11月1日より、小児肺炎球菌ワクチンが7価(7種類の肺炎球菌に対応する成分が含まれるワクチン)から13価(13種類の肺炎球菌に対応する成分が含まれるワクチン)に変更となりました。

予防接種トップページへ戻る

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア