現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 健康局 > 給食施設・栄養表示 > 令和元年度 神戸市給食施設種別研修会(幼稚園・認定こども園・保育園)

更新日:2020年4月9日

令和元年度 神戸市給食施設種別研修会(幼稚園・認定こども園・保育園)

ここから本文です。

特定給食施設(幼稚園・認定こども園・保育園)の給食は、園児の健やかな発育・発達及び健康維持・増進の基盤であるとともに、望ましい食習慣を形成する大きな役割を担っています。
令和元年度は、「野菜」をテーマに他園と情報共有を図りながら、子どもたちにおいしく食べてもらうための献立作成や改善のポイントを検討していただくことを目的に開催しました。開会挨拶

対象施設と参加状況

  • (1)対象施設
    神戸市内の特定給食施設(私立の幼稚園・認定こども園・保育園)
    (対象施設には個別に案内をしています。)
  • (2)参加状況
    48施設、49名(給食管理者・管理栄養士・調理師など)

日時と場所

  • (1)日時:2020年1月28日(火曜日)14時15分から16時30分
  • (2)場所:神戸市勤労会館講習室405・406

内容

講義「栄養報告書を施設の給食管理に活用するには」

毎年、保健所が特定給食施設に提出をお願いしている「栄養報告書(例年5月の1か月分の栄養管理状況のまとめ)」を各園で活用するために、肥満・やせの把握の必要性や把握方法、現在の栄養量からの課題等をお話しました。
それぞれの園で目標量を設定し、栄養量の過不足を確認していただいているところですが、現在の園児さんに合っているか、他園の状況とも比較しながら振り返っていただく機会となりました。

講義

グループワーク「野菜もおいしいって言ってほしい」

1班が5~6名の9班に分かれ、各園の野菜を使った人気メニューやおすすめメニューについて、持ち寄った献立表や写真を用いて具体的な調理方法の情報交換を行いました。それらのメニューの特徴等から野菜を食べやすくする工夫について意見を出し合い、各班で例示献立の改善に取り組みました。最後は、班で話し合っていただいた内容を発表いただき、参加者全員で共有することができました。

グループワーク

1.野菜を使った人気メニューの紹介

子どもたちの好きな献立に野菜を入れたメニューや、子どもたちの好きな味付け(甘め、ケチャップ、マヨネーズ味など)にしたメニューが多く紹介されました。

メニューの一例

  • ベジバーグ
  • 鮭のレモン和え
  • ちゃんぽん
  • 肉じゃが
  • 味噌マヨ和え

など

2.野菜を食べやすくする工夫を考える

  • 好きな食材(ツナ、コーン等)と一緒に調理
  • 味付けで工夫(甘辛い、カレー味等)
  • 切り方、調理方法での工夫(小さく切る、旬のものは切らずにそのまま提供、軟らかくする等)
  • 盛り付け(色のきれいな野菜と組み合わせる等)
  • 食育(畑で育てる、収穫する、クッキング等)

などの意見が出ました。

3.子どもたちが野菜をおいしく食べてくれる献立に改善する

唐揚げや鮭の塩焼きなどの例示献立を、子どもたちが野菜をおいしく食べてくれる献立に改善しました。

(例示献立の一例)

グループワーク献立例

参加者アンケート集計結果

回答率:100%(アンケート回収49枚)

Q.今日の研修内容は満足でしたか?

満足73%、まあ満足27%

Q.今日の研修は今後の業務に活用できますか?

講義は、大いにできる23名、まあできる24名、あまりできない2名。グループワークは大いにできる42名、まあできる7名。

研修会の感想では、
「知らないことや調理に関する工夫などたくさん知ることができた」
「他園の献立も今後自園の献立に導入していきたいと思いました」
といったこれからの各園での給食業務の改善につなげていこうという感想が多くありました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館20階