ホーム > 事業者の方へ > 各種届出・規制等 > 健康局 > 給食施設・栄養表示 > 神戸市優良特定給食施設推進事業表彰

神戸市優良特定給食施設推進事業表彰

最終更新日:2023年11月10日

ここから本文です。

 

目的

神戸市内の特定給食施設では、利用者の健康維持・増進につながるよう栄養管理された食事を提供するために、さまざまな取り組みが行われています。本事業は、なかでも特に優良な施設を「神戸市優良特定給食施設」として表彰し、その取り組みを紹介することで、他の施設においてもさらに取り組みを広げていただくことを目的として実施しています。

表彰対象施設

神戸市内の特定給食施設のうち、原則として事業所(病院の職員食堂を含む)、寄宿舎・寮、一般給食センター、大学

表彰基準

  • 食事を健康増進の手段と位置づけている
  • メニューの栄養量や栄養バランスが利用者にわかりやすいものとなっている
  • 利用者の1食もしくは1日あたりの必要栄養量がわかりやすく表示されている
  • カフェテリアや小鉢が選択できる場合は、健康に良いモデル的組み合わせ例が示されている
  • 給食施設栄養報告書の提出がある
  • 食事提供部門と健康管理部門の連携がなされている
  • 健康情報の提供や健康教育を実施している
  • 管理栄養士・栄養士が配置されている
  • 衛生管理が行き届いている

2023年度(令和5年度)神戸市優良特定給食施設のご紹介

森永乳業株式会社 神戸工場様
対象者:約500人
食 数:昼食 約200食
提供形態:定食方式

給食管理部門の取組、委託会社との連携

①給食管理部門による利用者の状況把握
期健康診断や個人ヒアリング、食に関するアンケート等から、利用者の健康課題や食習慣の傾向について、積極的な把握に努めておられます。
②課題の分析
①を分析し「事務仕事の従事者はBMI値が高く、工場内の仕事の従事者はエネルギー不足の人が多い傾向」「若い社員で一人暮らしが多い」などの課題を把握されています。
③給食管理部門と委託会社の連携
課題に対し改善を図るための取り組みとして、委託給食会社に依頼し、若い職員向けに食育セミナーを実施したり、毎日の定食を「食べたら野菜をしっかりとることができるメニュー」とし、定食の喫食率を上げることを施設の目標に設定されています。

バランスのとれたメニュー

定食にはメインの添えにしっかりと野菜が使用されており、さらに追加で小鉢を付けることができます。小鉢はサラダ、和え物、煮物等、料理やその日の気分に合わせて選ぶことができますが、そのうち1つは、最も野菜量の多いおすすめ小鉢ということで献立表と一緒に掲示されています。定食とおすすめ小鉢を選ぶと栄養をバランスよく取る事ができるように考えられています。

麺や丼などの単品メニューを選んでも小鉢を追加で購入できるようになっており、おすすめ小鉢でさらにバランスをとることができるようになっています。小鉢を取りやすいよう麺・丼売り場の間に設置しているため、一緒に購入される方も多いそうです。

定食写真
野菜小鉢

適量を選びやすい工夫・情報提供

こちらは定食の実物が展示されている場所で掲示されています。男女別に昼食で食べるのに適しためやす量を主食・主菜・副菜別に黄・赤・緑の三色の○印で示されています。
適量表示
定食表示各定食にはその食事を食べることによりどの色をどれだけ取ることができるかが表示されています。計算をしなくてもよく、見た目でぱっとわかりやすい掲示となっています。

カルシウムの摂取

給食メニューの中ではなかなか摂取しづらいカルシウムの摂取を促すため、牛乳冷蔵庫が設置されています。食事メニューを選ぶ途中の位置に設置されており、手に取りやすいよう工夫されています。また、常時購入できるため、昼食時のみでなく、間食や夜勤時に利用される方もいます。
牛乳冷蔵庫

減塩の取り組み

調味料、ドレッシング置き場に減塩を促す情報提供がされています。
食塩表示食塩表示拡大

お問い合わせ先

健康局保健所医務薬務課