ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 健康局 > 給食施設・栄養表示 > 神戸市給食施設種別研修会(事業所・寮)(令和3年度)

神戸市給食施設種別研修会(事業所・寮)(令和3年度)

最終更新日:2022年3月16日

ここから本文です。

特定給食施設では、利用者の身体状況等を定期的に把握し、それに基づいた食事提供を行うなど、食堂を活用した利用者の健康づくり支援に取り組まれています。
今回は、「食中毒とその予防対策」「食堂を通じたコロナ禍での利用者の健康づくり支援」をテーマに、各施設での取り組みをより一層推進いただくことを目的にオンラインにて開催しました。

内容

食中毒とその予防対策

西部衛生監視事務所食品衛生担当課長より衛生管理について詳細な事例を交えての話があり、
参加者からは「今一度食中毒について気を引き締めたい」などの感想がありました。
また、施設の方から質問いただくことも多い、令和3年6月より制度化されたHACCPへの対応についても説明がありました。

特定給食施設栄養報告書・取組状況報告書集計結果からみえる課題

パワーポイント画像2

栄養報告書や取り組み状況報告書の結果から、健康・栄養目標の設定状況、食塩相当量・野菜量の目標量と給与量の状況などを中心にお話しました。
「黙食の推進」「パーテーションの設置」「消毒」など感染防止対策や、「お弁当でのヘルシーメニュー」など、コロナ禍に対応して取り組まれている内容の紹介もおこないました。
給食施設(事業所・寮)取り組み状況報告書の集計結果(詳細)

グループワーク「食堂を通じたコロナ禍での利用者の健康づくり支援」

今回は、コロナ禍での施設での取り組みや課題について、グループワークにて紹介や検討を行いました。
参加者からは「他施設と意見交換が出来たのが良かった」「他施設の話を聞く機会が無いので、大変有意義だった」などの意見がありました。

主な取組内容

  • 低カロリーメニューの提供
  • 雑穀米を2週間に1回提供している
  • トマトケチャップ入り味噌汁、シールド乳酸菌が好評であった
  • テレワークで体重が増加した職員へ向け、高たんぱく・低脂質メニュー、野菜を多く取れるメニューの提供
  • 自宅での食事についての情報提供を実施
  • 食堂での感染リスク回避のため、啓発内容を放送している。毎日同じでは聞いてもらえないので、違う内容にすると反応が良かった
  • 感染リスクの高い行動がないか食堂を巡回している
など

参加者アンケート結果

・これまで以上に安全で安心な美味しい食事を提供したいと思いました
・コロナ禍の中ですが、WEB研修であったため参加出来ました。
・他の施設の方の話を聞く機会がほぼ無いので、様々な話を伺うことができて大変有意義な時間でした

などのご意見・感想をいただきました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階