現在位置

ホーム > ビジネス > 環境対策 > 工場・事業場の水質規制 > 汚濁負荷量の測定

更新日:2020年9月15日

汚濁負荷量の測定

ここから本文です。

総量規制制度は瀬戸内海等、汚濁の著しい広域的な閉鎖性水域の水質保全を目的として昭和53年に導入されました。
この制度では、国が目標を制定し、目標に基づき都府県が総量削減計画を策定し、総量規制基準の遵守を事業場に義務づけること等により汚濁負荷量の削減対策を図るものです。
日平均排水量が50立方メートル以上の神戸市内の特定事業場は全てが対象となり(指定地域内事業場)、COD(化学的酸素要求量)、窒素含有量、りん含有量について、事業場ごとに汚濁負荷量の上限値が定められています。
平成29年6月20日より第8次総量規制が施行されています。

1.総量規制値について

事業場から排出される汚濁負荷量の総量規制基準値(L)は、「特定排出水」の量と、業種毎に知事が定める値(C)から算出します。

L=C×Q×10-3

  • L:排出が許容される汚濁負荷量(単位:kg/日)
  • C:業種毎に知事が定めるCOD,窒素含有量,りん含有量の値
    (単位:mg/L)C値については窓口でお問合せください。
  • Q:「特定排出水」の量(単位:立方メートル/日)
  • ※排出水(特定事業場から公共用水域に排出される水)のうち、雨水及び間接冷却水等を除いた工程排水等

2.測定・報告義務

総量規制対象事業場は、特定排出水の水量、COD、窒素含有量及びりん含有量を下記の頻度で測定し、汚濁負荷量を算出し、その結果を記録しなければなりません(3年間保存)。
測定方法については、あらかじめ水質汚濁防止法第14条第3項に基づく「汚濁負荷量測定手法届」の提出が必要です。
また、四半期ごとに測定結果と汚濁負荷量を「汚濁負荷量測定報告書」に記載し、翌月末までに提出してください。

「汚濁負荷量測定手法届」・「汚濁負荷量測定」に関する様式はこちら

汚濁負荷量の測定等

日平均排水量等に応じて、排水口毎に測定の頻度が定められています。

測定頻度について
事業場の日平均排水量 測定頻度
400立方メートル以上 排水の期間中毎日
200以上400立方メートル未満 7日を超えない排水の期間ごとに1回以上
100以上200立方メートル未満 14日を超えない排水の期間ごとに1回以上
50以上100立方メートル未満 30日を超えない排水の期間ごとに1回以上

※排水口毎の頻度については、窓口でお問合せください。

3.お問い合わせ先

神戸市 環境局 環境保全部 環境保全指導課
〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST2F
電話:078-595-6226 Fax:078-595-6256

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境保全部環境保全指導課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階